Fラン就活論 質問対策

就活の面接で「入社後にしたい仕事」を質問されたときの答え方を解説!

悩める就活生
悩める就活生
面接で「入社後にしたい仕事」を聞かれてもなんて答えたら良いかわからない、、

今回は、上記悩みに対して、元人事の私が、「入社後にしたい仕事」を企業から聞かれたときの答え方を紹介します。

  • Fラン大(偏差値47)から東証一部上場企業に総合職入社!
  • 新卒一年目から約4年間 関西地区を中心に採用業務を経験!
  • 2021年4月にAbemaTVの就活特番生出演
  • Fラン大から東証一部上場企業へ内定できたノウハウを発信中!

なお、結論からお伝えすると、「面接で入社後にしたい仕事」を聞かれたときは、以下のポイントを押さえましょう。

ポイント

  • 抽象的な回答にならないように注意する。
  • 仕事に即した具体的な内容で入社後にしたい仕事を答える。

上記ポイントについては、具体例を交えながら、本記事で詳しく解説していきます。

また、「面接で入社後にしたい仕事」に答えるための事前確認すべき項目も2つ紹介します。

是非、「入社後にしたい仕事」を企業から聞かれたときの答え方が分からない就活生は、本記事で対策をしてみてください。

スポンサーリンク

面接で「入社後にしたい仕事」を質問されたときの答え方を解説!

結論、面接で「入社後にしたい仕事」を質問されたときは、基本的には以下を押さえておけば問題なしです!

ポイント

面接では「抽象的な回答」ではなく「仕事に即した具体的な内容」伝える!

上記内容については、以下で詳しく解説していきますね!

 

面接では「抽象的な回答」はNG!

まず、面接では「抽象的な回答」をしないようにしましょう。

ミヤッチ
ミヤッチ
例えば、以下のような回答はNGです!

NG回答

私が御社で取り組みたい仕事は営業です。
お客様のニーズに合った提案を重視しながら取り組みたいです。

一見問題ないように思えますが、現役人事の目線でお伝えすると不十分です。

なぜならば、この回答であれば「他社でも問題ないじゃないか!」と感じるからです。

なので、面接では「抽象的な回答」ではなく、できるだけ「具体的な内容」で答える必要があります。

 

面接では「仕事に即した具体的な内容」で答える!

では、面接で「仕事に即した具体的な内容」の答え方を紹介します。

なお、本記事を読んでいる方の中には、以下の疑問を感じる方もいると思います。

悩める就活生
悩める就活生
働いてないから「問題解決やお客様の信頼を得る」と言った営業姿勢を答えるしかできないだろう、、

しかし、「◯◯社に入社後、例えばどんな仕事をしたいですか?」と聞かれたらどうでしょうか?

この聞かれ方だと、以下のように答えることができるはずです。

回答

私は御社の◯◯製品の◯◯という特徴に魅かれ、現代社会におけるお客様が抱える◯◯という悩みを解説することができると思っています。
私は、御社の〇〇製品の魅力を伝える上で、さらにはお客様の立場に立った営業をしたいと考えています。

いかがでしょうか?

NG回答よりも「仕事に即した具体的な内容」になったのではないでしょうか?

このように、「例えば」というキーワードを意識することが、「入社後にしたい仕事」に答えるポイントとなります。

 

面接で「入社後にしたい仕事」を答えられるための最低限の確認事項を解説!

最後に、「仕事に即した具体的な内容」に答えるための、面接前夜に確認しておくべきことを解説します。

なお、結論からお伝えすると、面接で「入社後にしたい仕事」を答えるための確認事項は以下2つを押さえれば大丈夫です。

面接前夜に確認する項目

  • 配属希望部署を企業ホームページで確認。
  • 一番魅力的な仕事紹介記事を会社ホームページから見つける。

 

配属希望部署を企業ホームページで確認!

面接で「入社後にしたい仕事」を答えるための確認事項1つ目は「配属希望部署をホームページで確認する」です。

具体的に答えるためには、自分が目指す仕事がどの部署に当たるのかを確認することは必須です。

なぜならば、部署名を明確に答えられる学生は、しっかりと企業研究てきている印象を面接官に与えられるからです。

以上が、面接で「入社後にしたい仕事」を答えるための確認事項1つ目となります。

 

一番魅力的な仕事紹介記事を会社ホームページから見つける!

続いて、面接で「入社後にしたい仕事」を答えるための確認事項2つ目は「一番魅力的な仕事紹介記事を見つける」です。

例えば、一番魅力的な仕事紹介記事を探しておくと、以下のような答え方ができます。

回答

私は御社の◯◯製品売り上げNo1を獲得した御社の営業の◯◯様のような仕事をしたいと思っています。
〇〇様は1ヶ月の間、〇〇製品の開発元の工場で実際の現場の方とコミュニケーションを取り、製品への思いを共有した上で提案をおこなったと知りました。
私も〇〇様と同じように、製品への思いも大切にしたお客様の立場に立った営業でありたいと思っています。

いかがでしょうか?

一番魅力的な仕事紹介記事を見つけることで、働いたことがなくても、目指すべき人物像を自分に重ねながら伝えることで、具体的な内容で回答ができています。

是非、面接前夜には、会社ホームページを確認してみてください。

なお、会社ホームページに載っていない場合は、人事担当者に現場の方とお会いしたいことを伝えてみましょう。

人事担当者も、基本的には学生に紹介する社員は、仕事に情熱があり、最前線で活躍されている方を紹介してくるはずです。

 

面接で「入社後にしたい仕事」を質問された時の答え方のまとめ

いかがでしたか?

今回は以下の疑問について解説しました。

読者の悩み

  • 面接で「入社後にしたい仕事」を聞かれる時の答え方が知りたいです。
  • 面接前日に確認しておくべきことがあれば知りたいです。

是非、今回紹介した以下内容を押さえて、「入社後にしたい仕事」を聞かれたときの答えを作っておきましょう!

本記事のまとめ

  • 面接では「抽象的な回答」ではなく「仕事に即した具体的な内容」伝える!
  • 面接前夜には「配属希望部署をホームページで確認する
  • 面接前夜には「一番魅力的な仕事紹介記事を見つける

なお、当ブログでは、面接官がよくおこなってくる質問対策をたくさん載せていますので、参考にしてみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間3万人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-Fラン就活論, 質問対策

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.