20代のキャリア 日常生活

【読書をする意味とは?】年間100冊読書した経験から得られたメリット5選!

悩める社会人
悩める社会人
読書から得られるメリットが具体的に知りたい、、

当記事をご覧いただいてる方は、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、読書から得られるメリットは大きく分けて5つあります。

読書から得られるメリット5選

  • 「教養が磨かれる」
  • 「思考力が向上する」
  • 「語彙力が向上する」
  • 「文章を書く力が向上する」
  • 「成功者のノウハウを効率的に学べる」

なお、マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツ氏は年間で50冊以上の本を読んでおり、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏は年に25冊以上読んでいると言われています。

これらの方は、どれだけ忙しくても、読書で得られるメリットを明確に知っているので、読書に費やす時間を設けています。

是非、あなたも、本記事を参考に、読書で得られるメリットを明確にしてみてください

 

スポンサーリンク

【読書をする意味とは?】年間100冊読書した経験から得られたメリット5選!

ミヤッチ
ミヤッチ
ここでは、本記事の本題である読書から得られるメリットを5個紹介します。

 

読書から得られるメリット①:教養が磨かれる

読書から得られるメリットの1つ目は「教養が磨かれる」です。

例えば、塾で友達と勉強しているときに「福沢諭吉さんの塾ってどんなんだったんだろう?この授業より面白かったんだろうな〜」という会話があったときに、「え?福沢諭吉は塾してたの?」と返されると、それ以上その内容について深く話すことはできないと思います。

逆に、どこかの本で福沢諭吉の知識を知っていれば、もっとこの話題について盛り上がりをみせていたかもしれません。

このように、読書をしていると今まで知らなかった学びを得ることができ、教養が磨かれます

なお、私の場合は、以下の書籍を読んで「漢字ってなんてすごいのだろう!」と感じたのを覚えています。
日ごろ書いている漢字に、どのような背景や生い立ちがあるのかを知るのは、意外と面白いのでおすすめです。



 

読書から得られるメリット②:思考力が向上する

読書から得られるメリットの2つ目は「思考力が向上する」です。

あなたは、本を読み始めるまでに時間がかかるが、読み始めたら止まらなくなる経験をしたことはないですか?

恐らく、止まらなくなる経験をしているときは「あなた自身がこんなときはどうするだろう?」と本の登場人物と自分自身を重ねて考えていることが多いはずです。

このように、自分に引きつけて読書をしている状態は、あなた自身の「思考力」が急激に磨かれているチャンスゾーンです。

是非、思考力が向上するメリットを大きく受けるためにも、自分に引きつけて読書をすることを意識してみてください!

 

読書から得られるメリット③:語彙力が向上する

読書から得られるメリットの3つ目は「語彙力が向上する」です。

世界には、様々な本がありますが、書き手によって、言葉の表現方法は様々です。

そして、様々な本を読むと、今まで知らなかった言い回しや知らなかった単語を知ることができます

語彙力は、相手への印象を大きく変える1つとされており、語彙力のある方は「この人は賢いのだろうな?」と思われ、モテることもあります。

是非、読書をして語彙力を向上させてみてください。

 

読書から得られるメリット④:文章を書く力が向上する

読書から得られるメリットの4つ目は「文章を書く力が向上する」です。

私は、当ブログで合計600,000文字ほど書いてますが、読書をしていなければ、ここまで書き続けることはできなかったです。

文書を書くには「文章の構成」や「どのように書き始めるか」「どのような言い回しを使うか」など、様々なことを考えながら、書く必要があります。

もちろん、自分自身に対しての日記であれば意識する必要はないですが、世の中の大半の方は、誰かしらに向けて文章を書く機会があると思います。
その中で、読書経験があると、あなた自身の引き出しが多くなることにより、文書をスムーズに書くことができます。

そして、読書の経験から文章を書いていると、あなたなりの書きかたが見つかり、文章力はさらに向上していきます。

このように、読書をすることは文章を書く力が身につくというメリットがあります。

 

読書から得られるメリット⑤:成功者のノウハウを効率的に学べる

読書から得られるメリットの5つ目は「成功者のノウハウを効率的に学べる」です。

ここまで、読書から得られるメリットを4つ紹介してきましたが、個人的には、ここが一番読書から得られるメリットだと思っています。

冒頭でもお伝えしましたが、有名な成功者の方は、たくさんのノウハウを本にまとめて発信しています。

読書では、これらの成功者のノウハウが大体1,500円で学ぶことができるのです

なお、1冊1,500円が高いという方は、電子書籍の活用をしてみてはいかがでしょうか?

私のおすすめの電子書籍は、総合電子書店の「いつでも書店」です。

「いつでも書店」は、マンガ・雑誌・小説を配信する総合電子書店となっており、1つのIDで、スマホ・タブレットなど3台同時に利用が可能です。

また、大手出版社の作品を多数取り扱っておりますので、人気作・話題作を含めた合計冊数が450,000冊以上となっています。

いつでも書店」では、現在、月額2,000円で3,000円分の書籍が読めるキャンペーン中です。
また、1ヶ月無料キャンペーンもやってますので、興味のある方は、覗いてみてください。

 

読書から得られるメリットを最大化する読み方5選を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
ここでは、読書から得られるメリットを最大化する読み方を解説します。

ミヤッチ
ミヤッチ
結論、読書から得られるメリットを最大化する読み方は、以下の通りです。

メリットを最大化する読み方5選

  • 分からない内容をすぐに調べる
  • タメになった情報に付箋を貼りスマホでメモ
  • 自分に引きつけて読む
  • 読んだことがない人に本の内容を伝える
  • 読んだ本のキャッチコピーを考える

とくに「自分に引きつけて読む」「読んだことがない人に本の内容を伝える」「読んだ本のキャッチコピーを考えるは、とても重要です。

「自分に引きつける」については、本記事の思考力が向上するで詳しくお伝えしたので、「読んだことがない人に本の内容を伝える」と「読んだ本のキャッチコピーを考える」を少し解説します。

まず、「読んだことがない人に本の内容を伝える」については、相手に内容を伝えることにより、相手から質問をされたり違った理解の仕方を掲示されれば、あなた自身の考えがより深まっていきます。

そして「読んだ本のキャッチコピーを考える」では、誰かに対して短い文章で「本を読んでみたいな」と思わせなければならないので本に対する思考が高まっていきます。

最近は、SNSなどで短いフレーズを作るのに慣れている方も多いと思うので、意外と楽しい作業になります。

なお、ゲーム感覚で読書から得られるメリットを最大化する「ビブリオバトル」というゲームもあります。
「ビブリオバトル」については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

読書から得られるメリット5選のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、年間100冊以上の本を読む私が、読書から得られるメリット5つを紹介しました。

読書から得られるメリット5選

  • 「教養が磨かれる」
  • 「思考力が向上する」
  • 「語彙力が向上する」
  • 「文章を書く力が向上する」
  • 「成功者のノウハウを効率的に学べる」

なお、何度も読書をすることに挑戦してみたけど続かないという方は、以下の記事を読んでみてください!

読書が続かない原因と対策を、私の経験談を交えながら4つ紹介しているので、参考になるかと思います。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間2万5000人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-20代のキャリア, 日常生活

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.