Fラン就活論 質問対策

就活の面接で「5年、10年後の仕事の目標」を質問された時の答え方を解説!

悩める就活生
悩める就活生
面接で「5年、10年後の仕事の目標」を聞かれても、実際に働いたことないから答えられない、、

当記事をご覧いただいてる方は、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

確かに、働いたこともないのに「5年、10年後の仕事の目標」を答えることは、非常に難しいです。

ですが、会社のホームページの先輩紹介記事などからキャリアステップのモデルを探せば答えられないことはないはずです。

是非、面接で「5年、10年後の仕事の目標」を答えることができないという方は、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

面接で「5年、10年後の仕事の目標」を質問してくる面接官の意図を解説!

他の記事でも解説していますが、基本、面接官は面接で意図のある質問しかしてきません。

つまり、「5年、10年後の仕事の目標」を聞いてくる面接官の意図も必ず存在します。

なので、以下で記載する、「5年、10年後の仕事の目標」を聞いてくる面接官の意図を理解することが大切です。

面接官の意図

長期的な自己実現・成長目標といった「大きな志」を持ち、それを本気で目指す人を求めている!

なお、将来のビジョンについて質問がおこなわれるのは、「二次面接」や「最終面接」で多いです。

理由は、面接官が役職者の場合が多く、経営者のような長期的な視点を持っている学生を好む傾向にあるからです。

逆に言うと、「5年、10年後の仕事の目標」をを明確に答えれば、内定の確率を大幅に上げることもできます。

是非、ここで紹介した面接官の意図を頭の片隅において臨んでみてください。

なお、「二次面接」と「最終面接」の対策については、以下記事を参考にしてみてください。

 

面接で「5年、10年後の仕事の目標」を質問されたときの答え方を解説!

ここでは、タイトルにもある通り、面接で「5年、10年後の仕事の目標」を質問されたときの答え方を解説します。

ミヤッチ
ミヤッチ
まず、NGな回答を紹介すると分かりやすいので、記載します。

NGな回答

私は○○になりたいと思ってます。

なので色々な部署で仕事をさせていただいて、色々な仕事を覚えていきたいと思っています。

上記の例文で最もNGな部分は赤マーカ部分の「色々」というワードです。

「色々」と答えることで、面接官に受け身の印象を与え、明確なビジョンを持っていない印象も与えてしまいます。

なので、まずは「色々」というワードは使わないようにしましょう。

ミヤッチ
ミヤッチ
では、どのような回答が良いかを紹介します。

良い回答

私は、5年後にはスーパーバイザーとして、複数の視点を統括し、10年後には支店長代理になることをキャリアビジョンとして考えています。

そのために3年目に〇〇資格を取得し、5年目には後輩指導に必要な◯◯資格、10年目には◯◯を目指します。

お、この目標のために、すでに〇〇資格の取得をしており、3年目に取得予定の〇〇資格の勉強を始めています。

いかがでしょうか?

NGな回答よりも「大きな志」を持ち、それを本気で目指していることが伝わるのではないでしょうか?

とは言え、キャリアビジョンを描くことは、非常に難しいです。

なので、それを描くための最低限必要な対策(準備)を紹介していきます。

 

面接で「5年、10年後の仕事の目標」の質問に答えるための準備!

最後に、面接で「5年、10年後の仕事の目標」の質問に答えるための準備を紹介します。

ミヤッチ
ミヤッチ
私の場合は以下3点を必ず確認していました。

「5年、10年後の仕事の目標」の質問に答える準備3選

  • キャリアステップのモデルを探す!
  • 目標の人が持つ能力やスキルに関心を持つ!
  • 各会社の先輩社員を比較する!
ミヤッチ
ミヤッチ
一つずつ詳しく解説していきますね。

 

キャリアステップのモデルを探す!

まず、志望会社や同業他社のホームページから先輩紹介記事を探し「キャリアステップのモデルを探す」ことが重要です。

このような人になりたいと言う目標があれば、自分自身の長期ビジョンを考える上で非常に参考になります。

なお、ホームページや会社案内に載っていない場合は、会社説明会で質疑応答やOB訪問を活用しましょう。

会社説明会でどのような質問をすれば良いかわからない方やOB訪問のやり方がわからない方は、以下記事をどうぞ。

 

目標の人が持つ能力やスキルに関心を持つ!

2つ目は「目標の人が持つ能力やスキルに関心を持つ」ことが非常に重要です。

なぜならば、ここに関心を持つことで、自分に足りないものが把握でき、キャリアプランを明確に描くことができるからです。

どんな努力や自己研鑽をしてきたのかヒアリングができる環境の場合は、必ずおこないましょう。

 

各会社の先輩社員を比較する!

3つ目は「各会社の先輩社員を比較する」です。

恐らく、上記2つを意識するだけでは、キャリアビジョンを形成する上では、不十分です。

なので、私がキャリアビジョンを描く上で使用していた表を紹介します。

5年目社員が取り組んでいる仕事 10年目社員が取り組んでいる仕事
A社 既に2年目で3名の新人の指導係の役割を持つ人がいる。 スーパーバイザーとして、複数の店舗を統括している人がいる。
B社 既に2年目で営業目標2000万円受注を1人で達成した人がいる。 個人営業から法人営業のステップを経験し、現在は支店長として活躍している人がいる。

表でまとめることで、どちらの会社がより早く責任ある立場の仕事に就けるか見えてきたりします。

是非、参考にしてみてください。

 

面接で「5年、10年後の仕事の目標」を質問された時の答え方のまとめ

いかがでしたか?

今回は以下の疑問について解説しました。

悩める就活生
悩める就活生
面接で「5年、10年後の仕事の目標」を聞かれても、実際に働いたことないから答えられない、、

是非、今回紹介した内容を活かし、面接で「5年、10年後の仕事の目標」を質問されたときの対策をしてみてください。

本記事のまとめ

  • 面接官は「大きな志を持ち、それを本気で目指す人」を求めている!
  • 質問に答えるための準備は「キャリアステップのモデル」を探す!
  • 質問に答えるための準備は「目標の人が持つ能力やスキル」に関心を持つ!
  • 質問に答えるための準備は「各会社の先輩社員を比較する表」を作る!

なお、当ブログでは、面接官がよくおこなってくる質問対策をたくさん載せていますので、参考にしてみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】ブログ初心者に向けた「ブログ運営ノウハウ」の3つのテーマで運営!

-Fラン就活論, 質問対策

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.