オススメ書籍 社会人生活

【書評】夢をかなえるゾウの課題を実践して行動が変わりました!

【書評】夢をかなえるゾウを読んで行動が変わりました!
ミヤッチ
ミヤッチ

皆さんこんにちは!ミヤッチです!

ゴマッチ
ゴマッチ
皆さんこんにちは!ゴマッチぷに!
ゴマッチ
ゴマッチ
今回はどんな記事になってるぷに!
ミヤッチ
ミヤッチ
今回は第1回書籍紹介コーナーです!

本日はタイトルにある通り、私が2019年1月から2020年1月までの1年間で読んだ60冊以上の自己啓発本の中から選んだ「夢をかなえるゾウ」の紹介です。

本書籍は、愛知県生まれ慶應義塾大学出身の水野敬也さんが著者のシリーズ累計400万部の大人気作品です。

なお、夢をかなえるゾウは、以下の通りシリーズ化されており、この後に「夢をかなえるゾウ2」「夢をかなえるゾウ3」「夢をかなえるゾウ4」も出版されています。

シリーズ2作目・3作目・4作目の「夢をかなえるゾウ」については、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は、合わせてチェックしてみてください。

今回は、そんなシリーズの中でも、著者が「夢があるのに叶えられていないサラリーマンに勇気を与えたい!」という想いで書き上げた第1シリーズを紹介します。

ストーリー仕立てで他の自己啓発本よりも読みやすい本となっているので、自己啓発本は苦手という方にも是非、読んでいただきたい1冊です。

なお、本記事を読めば以下の内容を知ることができるので、最後まで読んでみてください。

本記事の内容

  • 夢をかなえるゾウのあらすじが知れる!
  • 夢をかなえるゾウで書かれている課題を知れる!
  • 夢をかなえるゾウの課題を実践したリアルな感想が知れる!

夢をかなえるゾウのあらすじ

主人公はどこにでもいる普通のサラリーマンです。

主人公は、これまで自分を変えるために自己啓発本を何冊も読んだり、インドへ海外旅行にいったりしていました。

しかし、3日坊主の性格が災いし、いつまでも芽が出ない生活を送っていました。

そんなある日、会社の先輩に誘われ、実業家(先輩の友人)が開催した誕生日パーティーに参加することになりました。

しかし、参加したパーティーで主人公よりも遥かにレベルの高い活躍をしている人達を見て「自分の住んでいる世界との差」を痛感し、惨めな気持ちで泥酔しながら帰宅します。

帰宅後、インド旅行で買った置物(ガネーシャ象)に「人生を変えたい」と泣き叫びます。

次の日の朝に目を覚ますと、枕元に関西弁を喋るゾウのような姿をした神様が立っていました。

枕元の関西弁を喋るゾウは、自らをインドの神様である「ガネーシャ」と名乗り「成功したければ私の課題を1つずつこなすように」と主人公に指示を与えます。

主人公は、半信半疑ではあるが、わらにもすがる想いでガネーシャと課題をこなす契約を結びます。

本作品は、そんな契約を結んだガネーシャから与えられた課題を1つずつクリアしながら主人公が成長していくストーリーとなっています。

 

夢をかなえるゾウで与えられる課題一覧(一部抜粋)を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
ここでは、あらすじでお話をしたガネーシャが与える課題を一部抜粋して紹介します。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、以下で紹介する課題は、私が実際に半年間継続し続けた課題にもなります。

ミヤッチ
ミヤッチ
実践して感じた感想などは、次の見出しで紹介しますので是非読んでみてください。

課題一覧(一部抜粋)

  • 靴をみがく。
  • 人が欲しがっているものを先取りする。
  • 会った人を笑わせる。
  • その日頑張れた自分を褒める。
  • 決めたことを続けるための環境を整える。
  • 明日の準備をする。
  • 身近にいる一番大事な人を喜ばせる。
  • 人の長所を盗む。
  • 毎日感謝する。

 

夢をかなえるゾウの課題を実践して行動が変わりました!

ミヤッチ
ミヤッチ
では、夢をかなえるゾウの課題を実践して感じた行動を1つずつ解説していきます。



夢をかなえるゾウの課題①:靴を磨く

ミヤッチ
ミヤッチ
夢をかなえるゾウの課題1つ目は「靴を磨く」です。

本書の中で、ガネーシャが主人公へ以下の言葉をいう場面があります。

メモ

ええか?自分が会社へいく時も、営業で外回りする時も、カラオケ行って馬鹿騒ぎしてる時も、靴はずっと気張って支えてくれているんや。そういう支えている物を大事にできんやつが成功するか、アホ!

私自身、この言葉を聞いてまさにその通りだなと感じました。

それまでの私は、靴磨きの道具すら持っていなかったのですが、直ぐに最寄りのイオンモールへ買いに行きました。

そして、今では、靴磨きを毎日実践しています。

なお、靴磨きをするようになってから以下のメリットがありました。

  • 靴に愛着が湧くようになった。
  • 磨く前より足取りが軽くなった。

また、社会人として靴が汚れているのは、相手に対してマイナスのイメージを与えてしまいます。

以上のことから、今後も、成功するしないは抜きにして、社会人としての最低限のエチケットとして継続していきたい項目です。

 

夢をかなえるゾウの課題②:人が欲しがっているものを先取りする

ミヤッチ
ミヤッチ
夢をかなえるゾウの課題2つ目は「靴人が欲しがっているものを先取りする」です。

この考え方は、ビジネスで成功している人は必ず当てはまると思います。

本書では、以下のようなことが書かれています。

メモ

ビジネスで成功をおさめている人は、人の欲望を満たすことが得意な人

この言葉を受けた私自身も、この半年間は、上司が求めているものは何だろうと常に意識して働くように努めました。

すると、上司からの賞与における評価を5段階評価中の4.5の評価を取得できました。

また、そのコメントの中で「与えた仕事以上の成果で返してくれた」と記載がありました。

この成功体験は、本書籍の「人が欲しがっているものを先取りする」を実践したおかげだと思っています。

 

夢をかなえるゾウの課題③:会った人を笑わせる

ミヤッチ
ミヤッチ
夢をかなえるゾウの課題3つ目は「会った人を笑わせる」です。

私の職場環境は、採用の仕事以外は、基本的に黙々とPCと向き合う仕事です。

そのため、仕事において人と話すことは限りなく少ないのですが、この課題を意識してからは、隣の人や他部署の方と積極的に話をするようになりました。

すると、今まで仕事を頼みにくかった他部署の方に仕事を頼みやすくなったりしました。

私自身、笑顔が嫌いな人は、きっといないと信じており、空気を和ませるのに有効的な手段だと実感できました。

 

夢をかなえるゾウの課題④:その日頑張れた自分を褒める

ミヤッチ
ミヤッチ
夢をかなえるゾウの課題4つ目は「その日頑張れた自分を褒める」です。

本書籍を読んでからは、毎日寝る前にどれだけ小さなことでも自分が頑張ったことを振り返り褒めるようにしました。

すると、以下のようなメリットがありました。

  • 自己肯定感がなくなる。
  • 失敗をくよくよ悩まなくなる。
  • 寝付きが良くなる。

なお、自分の頑張ったことを褒める作業は意外と楽しいと感じるようになるのもメリットです。

 

夢をかなえるゾウの課題⑤:決めたことを続けるための環境を整える

ミヤッチ
ミヤッチ
夢をかなえるゾウの課題5つ目は「そ決めたことを続けるための環境を整える」です。

私がこの課題を実践するために行動したのは、30万円を出してMacBookProを買ったことです。

今までブログを始めたいと何回も思っていたのですが、10年以上使っていたパソコンは、動作が遅くなかなか始める気が起きませんでした。

なので、デザインもカッコ良くて動作が早いMacBookProを購入したのです。

おかげで、ブログを1週間に2投稿することが今でも継続できており、課題の効果を実感しています。

 

夢をかなえるゾウの課題⑥:明日の準備をする

ミヤッチ
ミヤッチ
夢をかなえるゾウの課題6つ目は「明日の準備をする」です。

この課題に取り組む前の私は、飲み会の後などで帰りが遅くなった日は、明日の会社の準備をしないまま寝てしまうことも多かったです。

しかし、どれだけ疲れている日でも、明日の準備を必ずやると決め、半年間継続すると、準備をすることがルーティーン化されました。

結果、忘れ物をすることは、半年間一度もありませんでした。

また、朝の準備時間をコーヒータイムにあてられたのも良い効果でした。

 

夢をかなえるゾウの課題⑦:身近にいる一番大事な人を喜ばせる

ミヤッチ
ミヤッチ
夢をかなえるゾウの課題7つ目は「身近にいる一番大事な人を喜ばせる」です。

この課題は、彼女の誕生日が近かったこともありサプライズを考えて実践しました。

サプライズでは、彼女が泣きながら喜んでくれ、その顔を見ると自分自身も幸せな気持ちになりました。

本書では以下のようなことが書かれています。

メモ

人間は、自分にとって一番大事な人を一番ぞんざいに扱う生き物

確かに、日頃の生活で、親や彼女、友人に感謝の気持ちを伝え切れているかと言われると「ハッキリ伝えられている」とは言えませんでした。

今後も課題を継続する中で、感謝の気持ちは常に持ち続ける必要があるなと気付かせてくれました。

 

夢をかなえるゾウの課題⑧:人の長所を盗む

ミヤッチ
ミヤッチ
夢をかなえるゾウの課題8つ目は「人の長所を盗む」です。

私は、本書籍を読むまでは、人の真似をすることは気が引けました。

なぜならば、昔から人の真似をするのは悪と教えられていたからです。

しかし、本書の「人を喜ばせることに標準が合えば恥ずかしさはなくなると言った言葉に後押しされて、仕事のできる上司の行動を1から真似てみました。

すると、上司の行動が自らの知識となり、そこから自分自身の考えも取り入れ仕事を進められるようになりました。

 

夢をかなえるゾウの課題⑨:毎日感謝する

ミヤッチ
ミヤッチ
夢をかなえるゾウの課題9つ目は「毎日感謝する」です。

本書では以下の言葉が書かれています。

メモ

己を満たし、他人の中に足りないものを見つけてこそ成功する


この言葉を見たときに、確かにその通りだなと感じたのを今でも覚えています。

お金や名声・名誉は自分で手に入れるものと思い込んでいる人も多いかと思います。

しかし、これらの全ては他人から与えられているものだと気付かせてくれました。

私は、この課題を継続することにより、自分は充分に満たされていると意識し行動する重要さを得られました。

 

【書評】夢をかなえるゾウを読んで行動が変わりましたのまとめ

いかがでしたか?

今回は、夢をかなえるゾウに書かれている課題9つを紹介しました。

私自信が夢をかなえるゾウを読んで課題を実践したことを踏まえて、本書籍をオススメしたい人は以下の通りです。

本書籍をオススメしたい人

  • 自己啓発本を最後まで読めた試しがない人!
  • 自己啓発本を読んだことがない人!
  • 明日からでも実践できる有益な情報が知りたい方!

是非、何の書籍を読むか悩んでいる方は、手にとってみてください!

なお、冒頭でもお伝えした通り、他のシリーズも気になる方は、以下記事で詳しく解説しているので、本記事と合わせて読んでみてください。

では、最後にゴマッチからの名言で締めたいと思います!

ゴマッチ
ゴマッチ
"大切なのは倒れないことではなくて起き上がることだ"ぷに!

ゴマッチ
ゴマッチ
最後まで読んでくれてありがとうぷに!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】ブログ初心者に向けた「ブログ運営ノウハウ」の3つのテーマで運営!

-オススメ書籍, 社会人生活

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.