オススメ書籍 社会人生活

【書評】夢をかなえるゾウ2を読んだリアルな感想!お金を稼ぐ本質とは?

ミヤッチ
ミヤッチ
皆さんこんにちは!ミヤッチです

皆さんこんにちは!ゴマッチぷに!

今回はどんな記事になってるぷに!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は第6回書籍紹介コーナーです!

本日はタイトルにある通り「夢をかなえるゾウ」のシリーズ2作目「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」を紹介します。

本書籍は、愛知県生まれ慶應義塾大学出身の水野敬也さんが著者のシリーズ累計400万部の大人気作品の1つです。

なお、夢をかなえるゾウは、以下の通りシリーズ化されており「夢をかなえるゾウ」「夢をかなえるゾウ3」「夢をかなえるゾウ4」も出版されています。

シリーズ1作目・3作目・4作目の「夢をかなえるゾウ」については、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は、合わせてチェックしてみてください。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、本記事を読めば「夢をかなえるゾウ2」の以下内容を知ることができます。

本記事の内容

  • 夢をかなえるゾウ2のあらすじが知れる!
  • 夢をかなえるゾウ2を読んだ私のリアルな感想が知れる!
  • 夢をかなえるゾウ2から学んだ「お金を稼ぐ本質」について解説!

また、本書籍を読んでみた感想として、私は以下のような方にオススメしたい1冊です。

こんな方におすすめ

  • 自己啓発本に苦手意識のある人!
  • お金を稼ぐことが嫌な作業をする必要があると感じている人!
  • ストーリー仕立てで「お金を稼ぐ本質」について知りたい人!
  • この世はお金が全てと思っている人!

是非、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

【書評】夢をかなえるゾウ2を読んだリアルな感想を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
まずは「夢をかなえるゾウ2」の簡単なあらすじから解説します。

あらすじ

本作は、脱サラしてお笑い芸人を目指す、お笑い芸人歴8年目(34歳)の主人公が、多くの成功者を育てたと自称する「ガネーシャ(インドの神様)」や主人公の家に8年前から住み着いていた「貧乏神(金無幸子)」・「釈迦」と出会い、紆余曲折しながら成功を手に入れようとする物語です。
なお、主人公は「ガネーシャ」とコンビを組んで「ガネちゃん勤ちゃん」というコンビ名でやっていきます。
そして、主人公がお笑い芸人としての成功を手に入れるために「ガネーシャ」や「貧乏神」そして「釈迦」から13の教えをストーリーの中で受けながら、一歩ずつ進んでいきます。
最後には、主人公が「成功=たくさんの人を喜ばせることなのか?」や「お金の本質とは何か?」と言った究極の質問に対する答えを主人公が見つけられるのかにも注目です。

上記あらすじも踏まえた上で「夢をかなえるゾウ2」を読んだ私のリアルな感想は、以下2つを学ぶことができる最高の1冊でした。

本書籍から学んだこと

  • 「才能がないことすら強み」と言った考え方を学んだ!
  • 「人生で何を大事にするかを考えるきっかけ」を学んだ!
ミヤッチ
ミヤッチ
まずは「才能がないことすら強み」から話します。

本書籍では「最終的に成功する人間は『自分には才能がない』と言う『不安』を持ってる人間」と書かれています。

この言葉を聞いたときに、確かにその通りだと思いました。

よく、天才だともてはやされて、独りよがりのものを作るようになり、お客様から見放される人もいます。

しかし「自分には才能がない」と認め、他人の意見をしっかりと聞き、試行錯誤していくことで最初の頃には考えられない成長を遂げることができると気付けました。

ミヤッチ
ミヤッチ
次に「人生で何を大事にするかを考えるきっかけ」を話していきます。

本書籍では、以下のようなエピソードから「人生で何を大事にするかを考えるきっかけ(優先順位を決める)」の大切さが語られています。

エピソード

上杉謙信は、宿敵の武田信玄が死んだときに家臣から「いま、武田を攻めれば戦に勝つことができる」と言われます。
しかし、上杉謙信は「若い勝頼に代変わりしたところを狙うなど大人気ない」と言います。

上記エピソードは美談とされていますが、私個人的には、上杉謙信がここで「戦に勝つこと」を大事な考えとしていれば、天下統一もできたのではと考えました。

このように、自分の人生において、何を大事にするのかをしっかり考えることは大切だと気付かせてくれました。

夢をかなえるゾウ2から学ぶ「お金の本質について」解説!

先ほど、夢をかなえるゾウ2では、以下2つを学ぶことができる最高の1冊とお話ししました。

本書籍から学んだこと

  • 「才能がないことすら強み」と言った考え方を学んだ!
  • 「人生で何を大事にするかを考えるきっかけ」を学んだ!

この2つを学べるだけでも十分に本書籍をオススメする理由なのですが、もう一つこの書籍を強くオススメする理由があります。

それは「お金を稼ぐ本質」について学ぶことができるという点です。

あなたは「お金を稼ぐこと」についてどのようなイメージを持っていますか?

私は本書籍を読む前までは「お金を稼ぐ=嫌な作業をする必要がある」と思っていました。

しかし、この考え方では、お金を稼ぐ本質とは言えないと書かれています。

本書籍では「お金を稼ぐ=人を喜ばせる」ことと書かれています。

私個人的には、お金を稼ぐにあたり、嫌なことも避けては通れない道であることは十分理解しているつもりです。

しかし、本書籍を読み、それを踏まえた上でも「お金を稼ぐ=人を喜ばせる」と言う考えを追いかけてみたいと思えました。

事実、YouTuberのはじめ社長など、何かを成し遂げている人は「お金を稼ぐ=人を喜ばせる」ことに注力している人が多いです。

本書籍では、その他にも、お金を稼ぐことについてたくさんのアドバイスが書かれています。

是非、お金を稼ぐことについて見つめ直したい方は、読んでみることをオススメします。

【書評】夢をかなえるゾウ2を読んだリアルな感想のまとめ!

いかがでしたか?

今回は「夢をかなえるゾウ」のシリーズ2作目「夢をかなえるゾウ ガネーシャと貧乏神」を紹介しました。

本書籍は、私に「才能がないことすら強み」と「人生で何を大事にするかを考えるきっかけ」そして、「お金を稼ぐ本質」について学ばせてくれました。

なお、今回は紹介していませんが「ガネーシャの教え(課題)」もしっかり載っています。

私個人的には「ガネーシャの教え(課題)」で一番響いたのは以下の教えでした。

ガネーシャの教え

つらい状況を笑い話にして人に話す!

何かを成し遂げようとするときには、必ずつらい状況もやってくる。

しかし、それすらも笑い話にしていけるそんな気持ちを抱かせてくれる教えでした。

なお、他にも「ガネーシャ」「貧乏神」「釈迦」など、全て数えると13の教えが本書籍では書かれているので、気になる方は読んでみてください。

また、冒頭でもお伝えした通り、他のシリーズも気になる方は、以下記事で詳しく解説しているので、本記事と合わせて読んでみてください。

では、最後にゴマッチからの名言で締めたいと思います。

"辛いとき、自分と同じ境遇にいる人を想像する"ぷに!

最後まで読んでくれてありがとうぷに!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、【Fラン就活論】【社会人生活】【副業ブログ】の3つのテーマに絞り、Fラン大学から人生逆転するための取り組み内容を発信していきます!

-オススメ書籍, 社会人生活

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.