日常生活 社会人生活

社会人1年目の平均貯金額と年に100万円貯金する方法8選を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ

皆さんこんにちは!ミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の疑問を解説していく記事です。

読者の悩み

  • 社会人1年目から貯金する必要ってありますか?
  • 人生におけるライフイベントでかかる費用ってどれくらいですか?
  • 社会人1年目の平均年収と平均貯金額はどれくらいなの?
  • 社会人1年目のひとり暮らしでも貯金する方法が知りたいです。

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • 社会人1年目は貯金をする必要があるのかを徹底解説!
  • 人生におけるライフイベントでかかる費用を紹介!
  • 社会人1年目の平均年収と平均貯金額を紹介!
  • 社会人1年目のひとり暮らしでも貯金するコツ7選を紹介!

今回は、以下記事でも紹介している通り、ひとり暮らしをしながら社会人3年間で300万円以上貯金した私が、社会人1年目にしていた貯金のコツを7つ紹介します。

また、本記事で、社会人1年目の平均年収や平均貯金額についても解説しています。

是非、他の社会人1年目の方がどれくらい貯金をしているか知りたい方も、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

社会人1年目は貯金する必要はあるのかについて解説!

ここでは、そもそも社会人1年目は、貯金をする必要があるのかを解説していきます。

結論、私の考え方としては、社会人1年目であっても、必要最低限の貯金は必要だと思っています。

しかし、一部では、若いうちは、自己投資に充てるべきだと言う方もいます。

確かに、若いうちは、自己投資も必要だと思いまが、しっかりとした自分自身の「ライフプラン」を考えたうえで、自己投資をするべきです。

なお、世間一般的に、「緊急資金」と言われるものがあります。

緊急資金とは、あなたや家族に何かあったときのために必要な資金で、生活費の3ヶ月〜1年分を確保する必要があると言われています。

であれば、最低でも緊急資金額(約60万円〜240万円)の貯金が必要になります。

なので、自分への自己投資と考え、全て使うのではなく、ライフプランを考えたうえで、貯金をしておくことが大切です。

 

人生における主なライフイベントにかかる費用を紹介!

ここでは、日本FP協会を参考に、主なライフイベントにかかる費用を紹介します。

項目 費用 備考
結婚費用 約467万円 結納・婚約~新婚/旅行までにかかった費用総額(全国推計値)
出産費用 約51万円 出産費用の総額(入院料・室料差額・分娩料・検査・薬剤料・処置・その他)
教育資金 約1,049万円 子ども1人あたりの総額(幼稚園から高校まで公立、大学のみ私立の場合)
老後の生活費 約26万円 高齢夫婦無職世帯の支出約26万円/月
介護費用 約17万円 介護保険受給者1人あたり使用額は約17万円/月
緊急資金 約60万円 生活費の3ヵ月分~1年分を確保。(1ヵ月の生活費が20万円なら60万円~240万円)

全ての人に、上図で紹介した費用が当てはまるわけではないですが、緊急資金は確保しておくことをオススメします。

是非、あなた自身のライフプランに沿った貯金を目指しましょう。

 

社会人1年目の平均年収と平均貯金額を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
まず始めに、社会人1年目の平均年収からお伝えします。

社会人1年目の平均給料額

続いて、社会人1年目の貯金事情について、「三井住友銀行」の情報をもとに、下表にまとめてみました。

新社会人1年目の貯金事情
ランキング 貯金額 全体の割合(100%)
第1位 10万円〜30万円未満 25.1%
第2位 〜10万円未満 16.7%
第3位 30万円〜50万円未満 15.9%
第4位 100万円以上 12.9%
第5位 70万円〜100万円未満 12.0%
第6位 50万円〜70万円未満 11.0%
第7位 0円 10.4%

上図の通り、社会人1年目にフォーカスをあてると、10万円〜30万円未満が、もっとも多くなりました。

なお、緊急資金として60万円の貯金が必要とお伝えしましたが、貯金できている方は、全体の約3割の結果となりました。

是非、上記結果を踏まえて、次に紹介する貯金方法7選を参考に、まずは、緊急資金の目安である、60万円の貯金を目指してみてはいかがでしょうか。

 

社会人1年目の1人暮らしでも年に100万円貯金する方法8選を紹介!

ここでは、ひとり暮らしをしながら、社会人1年目に100万円の貯金をした方法7つを紹介します。

社会人1年目に100万円の貯金した方法7選

  • ステップ①:貯金するための目的を考える
  • ステップ②:月ごとの目標貯金額を明確にする
  • ステップ③:毎月家計簿をつける
  • ステップ④:毎月の固定費を見直す
  • ステップ⑤:クレジットカードは最低2枚にする
  • ステップ⑥:積立NISAをおこなう
  • ステップ⑦:ふるさと納税で食費を抑える
  • ステップ⑧:ボーナスは全て貯金に回す

 

貯金するための目的を考える!

貯金をするうえで、最初におこなうのが、「何のために貯金を頑張るのか決めておく」ことです。

全てに共通することですが、目的を決めないでものごとを進めても、方向性がブレて挫折しやすくなります。

なので、まずは、あなたが貯金をする目的をしっかりと考えることから始めてみてください。

 

月ごとの目標貯金額を明確にする!

続いて、目的が決まったら、その達成のために、「どれだけの貯金が毎月必要か明確にしましょう」。

例えば、1年で100万円貯めるには、毎月8万円〜9万円の貯金が必要です。

しかし、社会人1年目の給料が20万円の場合、半分を貯金に回すのは難しいです。

だからこそ、ボーナスは全て貯金に回すや、1年で緊急資金の60万円を貯めるなど、自分に合った毎月の貯金額を決めましょう。

 

毎日家計簿をつける!

月ごとの貯金額が決まれば、次に「毎日の支出に対して家計簿」をつけるクセを身につけましょう。

なお、株式会社クレディセゾンが、約1万人の男女に実施した調査によると、何らかの形で家計簿をつけている方は、全体の29.8%となりました。

とはいえ、家計簿をつけるだけで貯金が増えるわけではなく、意外と習慣化するのが大変といった声もあると思っています。

しかし、家計簿をつけることにより、何にお金を使っているかを見える化でき、無駄な支出が見えてきます。

最近は、無料の家計簿アプリもたくさんでているので、是非ダウンロードしてみてください。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、私のオススメ家計簿アプリは「リンククロス家計簿」です。

ミヤッチ
ミヤッチ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険のスマホ一つで家計管理できるアプリです!

リンククロス家計簿の特徴

  • レシートをカメラで撮るだけでグラフ化が可能
  • 複数の金融サービスに対応
  • 暗号化されていることや指紋認証などで安心のセキュリティー

是非、家計簿をつけることに何度も挫折してきた方は、ダウンロードしてみてください。

 

毎月の固定費を見直す

続いて、家計簿をつけた結果、無駄な固定費があれば、見直していきましょう。

私の場合は、携帯電話をSIMフリーにすることで、年間9万円の節約に成功しました。

また、水道光熱費や家賃など、収入に合った水準となっているか見直してみてください。

意外と、月に1,000円くらいは、削れる部分がでてくるはずです。

 

クレジットカードの所有は2枚までにする

続いて、貯金をするうえで重要なのが、クレジットカードは、多くても2枚までに絞るです。

理由としては、クレジットカードを持ちすぎると、毎月の請求が複雑になり、支出を把握しずらいためです。

また、ポイントも分散されるので、あまりオススメしません。

なお、私の場合は、自分の趣味に特化したクレジットカードと楽天カードの2枚にしています。

楽天カードは、楽天市場での買い物や積立NISAの口座が楽天銀行のためです。

そして、私自身が旅行好きのため、株式会社JCBの「JCBカード」を利用しています。

コロナ禍で旅行に行けてませんが、「JCBカード」には、以下のような特徴があるので、オススメです。

JCBカードの特徴5選

  • マイルの有効期限が無期限!
  • マイル還元率が高く、上限がない。
  • ユナイテッド航空の航空券購入でマイルが2倍に!
  • 継続ボーナスマイルプレゼント!
  • ゴールドカードならANAグループ空港内免税店で10%引き! 

是非、旅行好きの方がいましたら、活用してみてください。

 

積立NISAをおこなう

昨今、「積立NISA」という言葉が多くありますが、簡単に説明すると、投資で得た利益に税金がかからない制度を言います。

通常、投資で得た利益には、20%の税金がかかるのですが、NISA口座でおこなえば、税金がかかりません。

なお、「積立NISA」日本の20歳位以上の人口1億495万人(2021年1月1日)に対して、NISAの口座開設数は、1523万(2020年12月末)と、上位14%しかおこなっていません。

理由は、投資=ギャンブルという意識が日本人に植え付けられていることが要因と言えます。

しかし、「積立NISA満額の月33,333円を20年間積み立て・年利5%で運用した場合は、以下の利益になります。

楽天NISAシミュレーション

  • 積み立て総額:約800万円
  • 運用総額:約1,370万円
  • 利益:約570万円→570万円の利益がそのままもらえる

なお、上記は、あくまでシミュレーションなので、必ずしも儲かるわけではないですが、銀行預けていても、インフレでお金の価値が少しずつ下がるので、オススメしません。

是非、以下のような書籍を参考に、積立NISAをやってみてください。

 

ふるさと納税で食費を抑える

昨今、CMでもよく聞く「ふるさと納税」がありますが、こちらは絶対やった方が良い制度です。

「ふるさと納税」を簡単に解説すると、住民税の納付先を変えることで、2,000円で地方の特産品がもらえる制度です。

例えば、好きな自治体に30,000円のふるさと納税をすれば、28,000円の住民税を前払いしたことにより、翌年の住民税が28,000円安くなります。

また、返礼品として、お肉や魚2キロなどの特産品がもらえます。

個人住民税の納付者5,100万人に対して、ふるさと納税利用者は552万人と全体の10.8%ですが、やって損のない制度となっています。

 

ボーナスは全て貯金する

最後に、社会人1年目のボーナスについては、臨時収入と思い、可能であれば全額貯金してみてください。

先ほど、1年で100万円貯めるには、毎月8万円〜9万円の貯金が必要とお伝えしました。

しかし、社会人1年目の給料が20万円の場合、半分を貯金に回すのは難しいです。

だからこそ、ボーナスは全て貯金に回すことも視野に入れてみましょう。

ここを押さえるだけで、年間100万円の貯金をする、目標達成の確率が大きく上がります。

 

社会人1年目の平均貯金額と年に100万円貯金する方法8選のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、以下の悩みについて解説してきました。

読者の悩み

  • 社会人1年目から貯金する必要ってありますか?
  • 人生におけるライフイベントでかかる費用ってどれくらいですか?
  • 社会人1年目の平均年収と平均貯金額はどれくらいなの?
  • 社会人1年目のひとり暮らしでも貯金する方法が知りたいです。

社会人1年目の平均貯金額は、10万円〜30万円未満がもっとも多い統計データがあります。

しかし、本記事で紹介した「緊急資金」など、最低60万円は貯金をするようにしましょう。

是非、本記事で紹介した、社会人1人暮らしでも年に100万円貯金する方法8選を参考にしてみてください。

社会人1人暮らしでも毎月貯金する方法8選

  • ステップ①:貯金するための目的を考える
  • ステップ②:月ごとの目標貯金額を明確にする
  • ステップ③:毎月家計簿をつける
  • ステップ④:毎月の固定費を見直す
  • ステップ⑤:クレジットカードは最低2枚にする
  • ステップ⑥:積立NISAをおこなう
  • ステップ⑦:ふるさと納税で食費を抑える
  • ステップ⑧:ボーナスは全て貯金に回す

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】ブログ初心者に向けた「ブログ運営ノウハウ」の3つのテーマで運営!

-日常生活, 社会人生活

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.