Fラン就活論 質問対策

就活の面接で「これまでに訪問した会社」を質問された時の答え方を解説!

悩める就活生
悩める就活生
面接で「これまでに訪問した会社」を聞かれたとき、幅広く業界を受けているから答えにくい、、

当記事をご覧いただいてる方は、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

結論、「訪問会社は、全て回答するのではなく、同業他社名のみを挙げる」ことが望ましいです。

理由については、本記事で詳しく解説していきます。

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • 面接で「これまでに訪問した会社」を聞いてくる面接官の意図を現役人事が解説!
  • 面接で「これまでに訪問した会社」を聞かれた時の答え方を現役人事が解説!
  • 面接で「これまでに訪問した会社」を聞かれた時に意識すべきポイントを現役人事が解説!

「これまでに訪問した会社」への答え方は、面接官が、なぜそのような質問をしてきているのかを読み解くことが大切です。

是非、これから面接を控えてる方は、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

面接で「これまでに訪問した会社」を質問をしてくる面接官の意図を解説!

基本、面接官は面接で意図のある質問しかしてきません。

なので、面接官の意図を瞬時に判断し、答えていくことが、面接官の満足度を高めることに繋がります。

では、面接で「これまでに訪問した会社」を質問してくる面接官の意図は何かというと、以下の通りです。

面接官の意図

「やりたいことが明確な人=業種が絞り込めているか」を求めている!

悩める就活生
悩める就活生
いやいや、、業界を幅広く受けているから、答えられないんだって、、

こういった悩みを抱えている方もいると思うので、それを踏まえて回答します。

結論、全て正直に回答するのではなく、受けている企業の同業他社名を中心に挙げて、業種を絞り込んでいる印象を与えましょう。

なお、あまりにもバラバラの業種を受けている場合は、就活の軸が定まっていない可能性があります。

そんな方は、以下の記事を参考にしてみてください。

就活の軸の決め方や面接での答え方など、すぐに実践できる内容を紹介しています。

 

面接で「これまでに訪問した会社」を質問されたときの答え方を解説!

結論、「これまでに訪問した会社」を質問されたときは、面接企業の同業を中心に訪問していることを伝えましょう。

ミヤッチ
ミヤッチ
ここについては、例文を載せるとより分かりやすいので、以下記載します。

例文

私は、インターンシップや合同企業説明会も含めると40社ほどの会社を訪問しました。
最初は業種を問わず幅広く様々な会社を訪問していたのですが、先月から志望業種を◯◯に絞り
御社の他にA社・B社・C社など10社ほどを訪問しています。

上記文面のポイントは、赤マーカ部分です。

就活に対する意欲を社数と志望業種の絞り込みで簡潔にアピールできています。

とは言え、以下のような悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

悩める就活生
悩める就活生
業種を絞ったのが最近で、まだ面接を受けている会社しか訪問していない、、

上記のような悩みの方は、これから訪問予定と伝えることで誤解を回避しましょう。

ミヤッチ
ミヤッチ
例えば、以下のような例文を参考にしてみてください。

例文

現在の私の志望は、○○業界に絞っており、今後のスケジュールではA社・B社・C社など10社ほどを訪問予定です。

このように伝えれば、面接官へ就活に対する意欲を社数と志望業種の絞り込みで簡潔にアピールできます。

 

面接で「これまでに訪問した会社」を聞かれたときに意識すべきポイントを解説!

ここからは、面接で「これまでに訪問した会社」を聞かれた時に意識すべきポイントを解説します。

ミヤッチ
ミヤッチ
結論、以下を意識しながら答えれば問題なしです。

ポイント

  • 同業他社名で絞り込みをアピールする。
  • 業種に対する見解へと膨らませる回答を意識する。

1つ目の「同業他社名で絞り込みをアピールする」は「やりたいことが明確な人=業種が絞り込めているか」を求めている面接官の意図を満たすために必須です。

2つ目の「業種に対する見解へと膨らませる回答を意識する」は、少し難易度が高いですが、意識できれば非常に好印象を与えることができます。

基本的に、業種希望を意識して回答できれば、業界研究を通して知った魅力などを面接官へ質問させることができます。

ここの質問が飛んでくれば、面接官があなたに興味関心を持ってくれた証明です。

是非、今回紹介した例文を参考に、業種に対する見解へと膨らませる回答を意識してみましょう。

 

面接で「これまでに訪問した会社」を質問された時の答え方のまとめ!

いかがでしたか?

今回は以下の疑問について解説しました。

悩める就活生
悩める就活生
面接で「これまでに訪問した会社」を聞かれたとき、幅広く業界を受けているから答えにくい、、

結論、「訪問会社は、全て回答するのではなく、同業他社名のみを挙げる」ことが望ましいです。

是非、今回紹介した以下内容を参考に、「これまでに訪問した会社」へ的確に回答をおこなってみてください。

本記事のまとめ

  • 面接で「これまでに訪問した会社」を聞いてくる面接官の意図をしっかり理解する。
  • 就活に対する意欲を社数と志望業種の絞り込みで簡潔にアピールする。
  • 業種に対する見解へと膨らませる回答を意識する。

なお、当ブログでは、面接官がよくおこなってくる質問対策をたくさん載せていますので、参考にしてみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】ブログ初心者に向けた「ブログ運営ノウハウ」の3つのテーマで運営!

-Fラン就活論, 質問対策

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.