Fラン就活論 就活準備

就活で筆記試験対策はすべき?筆記試験に落ちないための開始時期も紹介!

悩める就活生
悩める就活生
筆記試験対策ってすべきなのでしょうか?対策の開始時期も知りたいです、、

当記事をご覧いただいてる方は、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

結論、筆記試験は非常に重要であり、落ちないための開始時期は、大学3年生の12月には始めておくことをオススメします。

根拠については、本記事で詳しく解説していきますね。

なお、筆記試験対策をするうえでのオススメ本も紹介しているので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

就活における筆記試験の重要性について人事担当者が解説!

筆記試験対策は、「応募者人数を調整するため」におこなわれることが大半です。

なので、有名な大手企業などでは、一定のボーダーライン以下は一気に落とす傾向にあります。

なお、学歴フィルターについては、筆記試験対策では、ほとんどの場合ないです。

筆記試験で高得点を取れば、通過できますし、東大生でも筆記試験が悪ければ落ちます。

つまり、筆記試験を対策しているかで、次の面接に進めるかどうかが決まるので、対策は必須と言えます。

豆知識

筆記試験対策を取り入れていない企業もありますが、そのような企業は、深刻な人手不足を抱えている可能性が高く、あまりオススメしません。

社員の雰囲気や会社情報などは、できるだけ調べておくようにしましょう

 

筆記試験対策を始める時期について人事担当者が解説!

冒頭でもお伝えした通り、筆記試験を始めるべき時期は、以下の通りです。

筆記試験対策を始める時期

大学3年生の12月には始めておく!

なお、理由としては、経団連が以下の就活ルールを定めていたからです。

就活ルール

  • 大学3年生の3月に会社説明会解禁!
  • 大学4年生の6月に選考解禁!

なお、2021年卒業の学生からは、上記のルールが撤廃されましたが、経団連に代わり政府が新たなルールづくりを主導し、学業への影響や混乱を防ぐという観点から当面は上記のルールで維持となる方針です。

なので、大学3年生の3月に面接などに集中するために、会社説明会解禁の3ヶ月前から筆記試験対策を進めておくことがオススメです。

なお、大学3年生の8月から始める方もいますが、あまりにも早く始めると、だれてしまう可能性があるのでオススメしません。

是非、開始時期について、参考にしてみてください。

 

就活における筆記試験の種類について人事担当者が解説!

ミヤッチ
ミヤッチ
筆記試験の種類は、大きく3つに分けると以下の通りです。

筆記試験の種類3つ

  • SPI
  • 玉手箱
  • TG−WEB

なお、上記以外にも金融やコンサル系企業で採用されることが多い「GAB」やプログラマーと言ったコンピュータ職向けの「CAB」などがあります。

ただし、志望業界や企業を決め切れていない方は、SPIの勉強を始めることがオススメです。

なぜならば、SPI とは、リクルートキャリア社が作成している筆記試験で、筆記試験の中で最もメジャーなものだからです。

なお、私も就活をおこなっていたときは、10社中9社の筆記試験がSPIでした。

また、ほとんどの筆記試験は「非言語問題」「言語問題」「性格適性検査」が入ってくるので、他の適性検査の対策にもなります。

豆知識

  • 基礎能力検査(言語・非言語)
  • 性格検査(200問「はいorいいえ」)

 

筆記試験の有効的な対策は慣れである理由を紹介!

私が、就活をしていた頃に筆記試験に感じていた感情は、以下の通りでした。

悩める就活生
悩める就活生
筆記試験の問題が多すぎる(汗)時間内に解けるわけない、、

先ほども記載した通り、問題自体は、中学・高校で習う知識で十分対応できるので、本を1冊勉強すれば問題ないです。

言語

例)カメラ:撮影

線路:○○ 例に示した2語と同じ関係になる語を4つの選択肢から選びなさい!

(1)交通  (2)電車 (3)レール  (4)幹線

非言語

20%の食塩水300gに他の食塩水100gを加えて、16%の食塩水を作るには何%の食塩水を加えれば良いでしょうか?

しかし、問題数が多すぎて、全てを解くのは不可能だと思います。

問題数としては、上記のような問題を1問1分以内に解けば完投できると考えていただければと思います。

なお、筆記試験では、問題の正答率も見られているので勘で解くのだけはやめましょう!

ポイント

上記内容をまとめると、筆記試験では、とにかく空いた時間に1問でも問題を解いて慣れることが重要です。

私の場合は、1日15分を週に5日という条件で3ヶ月間取り組んでいました。

人にもよりますが、1日15分を週に5日という条件で3ヶ月間取り組めば、この問題見たことあると感じる場面が多くなり、得点も上がっていきます。

なお、後で受けた筆記試験の方が得点がよくなるというのは、毎年の就活受験者の傾向です。

 

私が筆記試験対策に使用していたオススメ本を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
私が筆記試験対策として使用していた本は、以下の通りです。


恐らく、就活のSPI関連の書籍が売っているコーナーにいったことがある方は、一度は見たことがある書籍のはずです。

SPIノートの会編集の「これが本当のSPI3だ!2023年度版」は、以下のSPIに関する情報を完全に網羅されています。

これが本当のSPI3だ!2023年度版の内容

  • 言語
  • 非言語
  • 性格検査
  • 英語検査
  • 構造的把握力検査

なお、英語検査や構造的把握検査の対策もできるのが、本書籍の優れている特徴です、

最近では、英語の問題も出題する企業が増えているので、本書籍で慣れておきましょう!

ミヤッチ
ミヤッチ
その他、人事担当者が必須と感じた就活本を紹介している記事を以下に載せておきます。
ミヤッチ
ミヤッチ
筆記試験対策以外にもオススメの就活本を知りたい方は、参考にしてみてください。

 

就活の筆記試験対策や落ちないための開始時期のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、就活における筆記試験の重要性や落ちないための筆記試験対策の開始時期を紹介しました。

論、筆記試験は非常に重要であり、開始時期は、大学3年生の12月には始めておくことをオススメします。

また、筆記試験対策は、1日15分を週に5日という条件で、3ヶ月間勉強してみてください。

最初のうちは、得点を取れなくて苦戦することもありますが、問題の傾向が似ているので、得点は上がっていくはずです。

是非、本記事を参考に、筆記試験対策をおこなってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】ブログ初心者に向けた「ブログ運営ノウハウ」の3つのテーマで運営!

-Fラン就活論, 就活準備

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.