Fラン就活論 質問対策

就活の面接で「当社は第一志望ですか?」と質問されたときの答え方を解説!

悩める就活生
悩める就活生
面接で「当社は第一志望ですか」と聞かれたらどうしたら良いでしょうか?

当記事をご覧いただいてる方は、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

結論、「当社は第一志望ですか?」と聞かれたときは、必ず第一志望と答えましょう!

第一志望と答えて、後で内定を辞退することができないと恐れる就活生も多いですが、問題なしです。

就職活動でのあなたが持っている一番の権限は「企業を選べること」です!

是非、本記事の以下内容を参考に、面接で「第一志望を聞かれたとき」の対策をしてみてください。

本記事の内容

  • 面接で「当社は第一志望ですか?」を質問してくる面接官の意図を現役人事が解説!
  • 面接で「当社は第一志望ですか?」を質問された時の答え方を現役人事が解説!
  • 面接で「当社は第一志望ですか?」を質問された時に意識すべきポイントを現役人事が解説!

スポンサーリンク

面接で「当社は第一志望ですか?」を質問をしてくる面接官の意図を解説!

他の記事でも解説していますが、基本、面接官は面接で意図のある質問しかしてきません。

なので、まずは面接官の意図をしっかりと理解することが大切です。

では「当社は第一志望ですか?」と聞いてくる面接官の意図は何かと言うと以下の通りです。

面接官の意図

回答を通して本当に入社してくれるか探るため!

まず、この質問をしてくる面接官は、あなたを「内定者候補」と考えている可能性が非常に高いです。

なので、面接で「当社は第一志望ですか?」と聞かれたときは、チャンスと捉えて問題なしです。

なお、企業としては、就活生の内定辞退を恐れているので、「第一志望」と答えないと通過は難しくなります。

 

面接で「当社は第一志望ですか?」を質問されたときの答え方を解説!

ここでは、タイトルにもある通り、面接で「当社は第一志望ですか?」を質問されたときの答え方を解説します。

ミヤッチ
ミヤッチ
まず、NGな回答を紹介すると分かりやすいので、以下に記載します。

NGな回答

はい!私は御社が第一志望です!、、、

上記のNGな理由は、言葉を加えて、なぜ第一志望なのか深掘りができていない点です。

冒頭、「当社は第一志望ですか?」と聞かれたときは、必ず第一志望と答えましょう!と解説しました。

こちらは正しいのですが、それを支える根拠を言わないと、第一志望という言葉に真実味がなくなります。

ミヤッチ
ミヤッチ
なので、以下例文のように「なぜ第一志望なのか?」をしっかり面接官へ伝えましょう。

良い回答

はい!私は御社が第一志望です!私は、自分の力で新たな取引先を開拓したいと考えています。
なので、規模ではなく、社員一人当たりの売上高が高い御社に入社し、先輩を見習いながら、自分自身も御社の下で学ばせていただきたいと思っています。

いかがでしょうか?

上記は、会社の特徴を把握した上で、その情報を根拠に入社意欲を伝えています。

なお「規模ではなく」と伝えていますが、こちらは面接官が「規模は小さいけどなぜ当社を?」と聞かれていることも想定しています。

なので、自分から「御社は規模が小さいですが」と言うのだけは避けてください。

あくまで、ここで伝えたいことは、第一志望の理由にしっかりと根拠を発言することです。

 

面接で「当社は第一志望ですか?」を質問された時に意識すべきポイントを解説!

ミヤッチ
ミヤッチ
面接で「当社は第一志望ですか?」と聞かれたときに意識すべきポイントは以下の通りです。

ポイント

選考中の会社との比較理由を準備する!

面接官にとってのライバルは、あなたが選考を受けている他社の採用担当者です。

なので、面接官を安心させるためにも、選考の進んでいる他社と比較した上で、その企業を選ぶ理由を明確に答えると内定がグッと近づきます。

例えば、あなたが面接官の場合、以下のような回答をしてくれる学生がいた場合は、本当に第一志望なんだと感じるはずです。

例文

はい!私は御社が第一志望です!私は、自分の力で新たな取引先を開拓したいと考えています。
なので、私が現在選考中のA社やB社より規模では劣るものの、社員一人当たりの売上高が高い御社に入社したいと考えています。

ぜひ、あなたも「当社は第一志望ですか?」と聞かれた時は、選考中の企業と比較して第一志望の理由を述べてみてください。

 

面接で「当社は第一志望ですか?」を質問された時の答え方のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、面接で「当社は第一志望ですか?」を質問された時の答え方を解説しました。

あなたも就活に苦労しているように、企業の採用担当者も内定者確保には苦労している企業が非常に多いです。

この企業側の心理を利用した上で、以下の内容をしっかり意識してみてください。

本記事のまとめ

  • 面接官の質問の意図は、回答を通して本当に入社してくれるか探るため!
  • 面接官へなぜ第一志望なのか根拠を伝える!
  • 「なぜ第一志望なのか?」の根拠は、選考中の企業と比較して伝える!

なお、当ブログでは、面接官がよくおこなってくる質問対策をたくさん載せていますので、参考にしてみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】ブログ初心者に向けた「ブログ運営ノウハウ」の3つのテーマで運営!

-Fラン就活論, 質問対策

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.