Fラン就活論 面接対策

【メーカー編】志望動機を的確にアピールする3つの方法を現役人事が解説!

ミヤッチ
ミヤッチ

皆さんこんにちは!
新卒1年目から大手企業の人事業務を3年以上担当しているミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の悩みを解説していく記事です!

読者の悩み

  • メーカーを志望する際に押さえておくべきポイントは?
  • メーカーを志望する理由を的確にアピールする方法は?
  • メーカーの志望動機の例文を参考にしてみたい!

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • メーカーを志望する際に押さえておくべきポイントを解説!
  • メーカーを志望する理由を的確にアピールする3つの方法を紹介!
  • メーカーの志望動機を聞かれた時の答え方を現役人事が紹介!

メーカーは、隠れ優良企業の割合が多い業界と言われています。

例えば、電気・事務機器メーカーの「IDEC」という企業は、工場用操作スイッチや表示ランプの国内シェアトップ企業です。

そして、隠れ優良企業の多いメーカーは、業界研究を入念におこなった志望学生からの人気が高い業界となっています。

今回は、そんな隠れ優良企業の多い、メーカーの志望動機を面接で的確に答える方法を紹介します。

なお、志望動機の書き方は、以下記事で紹介しているので、参考にどうぞ。

スポンサーリンク

メーカーを志望する際に押さえておくべきポイントを紹介!

ここでは、メーカーを志望する際に押さえておくべきポイントを紹介します。

結論、メーカーを志望する際は、「先入観に捉われない業界研究が必須」ということです。

冒頭でもお伝えした通り、メーカーは、隠れ優良企業の割合が非常に高いことで有名です。

また、業界の垣根を越えた相互参入が激しい業界でもあります。

例えば、食品メーカーが薬品を製造をするようなパターンです。

なので、「食品メーカーだから食品関係の仕事なんだ!」といった先入観に捉われた業界研究をすることは危険です。

 

メーカーの志望動機を的確にアピールする3つの方法を紹介!

NGな志望動機

私の志望動機は、御社の〇〇という商品の〇〇に感銘を受け志望しました。
自分の好きな商品だからこそ、熱意をもって仕事に取り組めると思っています。

いきなり、メーカーの志望理由を書きましたが、上記内容には大きく3つのNGポイントがあります。

NGポイント

  • メーカーでは〇〇商品が好きという学生が非常に多いこと!
  • 好きな商品以外を販売する場合はどうするのかといった不信感を与える!
  • 具体的にどのような仕事をしたいのか語られていない!

他にもNGポイントはありますが、大きく分けると3つです。

そして、これらのNGポイントを理解した上で、メーカーの志望動機を的確にアピールする3つの方法を紹介します。

 

やりたい仕事を時系列でアピールする方法!

やりたい仕事を時系列でアピールする方法

私は、御社の〇〇製品の生産工程管理と品質管理の仕事を20代で経験。
30代は、〇〇商品の生産工程などを理解したうえで、業務用営業に取り組みたいです。
そして40代では、「製品の生産工程や品質管理方法を理解した営業マン」として、
サプライ・マネジメントの仕事に取り組みたいと思っています。

理由としては、御社の〇〇様のお話の中で、「総合的な視野でマネジメントをし、売上を伸ばす仕組み」
に感銘を受けたためです。

上記内容はあくまで一例ですが、やりたい仕事を時系列で話すと、目的意識の高さをアピールできます。

また、御社の〇〇様のお話しといった内容を盛り込むことで、話に具体性をもたせることもできます。

ただし、このような場合、「なぜ、サプライ・マネジメントの仕事をしたいのか?」を答えられるようにしておきましょう。

 

自己PRと紐づけてアピールする方法!

自己PRと紐づけてアピールする方法

私は、御社の〇〇部門の〇〇の仕事に携わりたいと思っています。
私は、大学時代に1ヶ月間のホテルのインターンシップを経験し、「周りを見る視野の広さ」を身につけました。
〇〇の仕事は、チームで連携しながらお客様が求めていることを察知する視野の広さが必要だと伺いました。
非常に視野の広さとチーム連携が大切な仕事と伺っていますが、自分の中で挑戦したい意欲が強く、
ホテルのインターンシップで培った「周りを見る視野の広さ」を御社でに入社して発揮したい所存です。

上記内容は、自己PRで伝えた「周りを見る視野の広さ」を絡めてアピールした文章です。

自己PRと結びつけたアピールは、目的意識の明確さを伝える上でも、非常に重要なアピール方法の1つです。

 

具体的行動を用いてアピールする方法!

具体的行動を用いてアピールする方法

私が御社を志望した理由は、大学2年生の夏、
梅田にある御社のショールームで〇〇に触れたことがきっかけです。
大学2年生の秋には、工場見学プログラムに申し込み、〇〇の製造工程や
品質管理をおこなっている現場を見させていただきました。
そして、大学3年生の夏に御社の夏のインターンシップに応募し、
1ヶ月間の現場の仕事体験をさせていただきました。
これらの経験から、御社の〇〇が他社の〇〇に比べて〇〇や〇〇といった強みが多く、
私自身が、御社の〇〇部門の〇〇仕事に就きたいと思った次第です。

上記内容は、行動したことを具体的に次々と述べていくアピール方法です。

また、やりたい仕事を述べることで、目的意識の高さをアピールできます。

この後に、「なぜ、〇〇部門の仕事に就きたいのか」を、明確に話すと、更なるアピールに繋がります。

 

メーカーを志望する理由を聞かれた時の答え方を紹介!

あなたは、なぜメーカーを志望しているのですか?

上記質問は、メーカーに限らずですが、面接で必ず聞かれる質問です。

では、この質問に、私が、どう答えるのかを参考程度に紹介します。

(一例)志望動機の答え方

はい!私が御社を志望した理由は、「モノの背景にあるストーリーを大切にしたモノ作り」の理念に感銘を受けたためです。
なお、御社のインターンシップで、「モノの販売への付加価値が今後のメーカーの勝敗を決める」
という言葉に感銘を受けたのも志望理由の1つです。
現在のメーカ業界は、製品開発のスピードが加速し、新製品の話題性や新規性が失われる速さを感じています。
そうした中、「モノ」そのものによる高付加価値化だけでなく、「サービス」や「モノの背景にあるストーリー」などの
+αの価値を生み出そうという動きをしている御社の働き方に強く共感する部分があります。

以上、私の御社に対する志望動機となります。

いかがでしょうか?

あくまで、私がメーカーを受けた場合の一例なので、参考程度にしてもらえればと思います。

また、上記、志望動機を話した後「具体的にどのような仕事をしたいのか」と言った理由を答えられるようにしておきましょう。

なお、これらの志望動機は、全て以下記事を参考に考えています。

気になる方は、チェックしてみてください。

 

【メーカー】志望動機をアピールする3つの方法のまとめ!

いかがでしたか?

メーカーの志望動機を的確にアピールする方法は3つです。

志望動機を的確にアピールする3つの方法

  • 「やりたい仕事を時系列」でアピールする方法!
  • 「自己PRと紐づけて」アピールする方法!
  • 「具体的行動」を用いてアピール方法!

また、アピール方法を身につけた後は、他の方に模擬面接などをしてもらいましょう。

個人的なオススメは、以下記事で紹介している「就活エージェント」にしてもらうことです。

年間、何百人もの学生と面談を重ねている経験から的確なアドバイスがもらえます。

上記の記事を参考に、就活エージェントを上手く活用してみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】の2つのテーマで運営中!

-Fラン就活論, 面接対策

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.