Fラン就活論 就活の疑問

【体験談】東証一部上場企業ってすごい?就職して6年間で感じたメリット5選!

読者の悩み

  • 東証一部上場企業に就職することってすごいの?
  • そもそも、企業が上場することに意味ってあるの?
  • 東証一部上場企業に就職することで、どのようなメリットがあるの?

今回は、上記悩みに対して、元人事の私が、「東証一部上場企業は本当にすごいのか」を中心に紹介します。

  • Fラン大(偏差値47)から東証一部上場企業に総合職入社!
  • 新卒一年目から約4年間 関西地区を中心に採用業務を経験!
  • 2021年4月にAbemaTVの就活特番生出演
  • Fラン大から東証一部上場企業へ内定できたノウハウを発信中!

なお、結論からお伝えしておくと、東証一部上場企業への就職は「すごい」です。

と言うのも、総務省の調査で、東証一部上場企業の数は、日本企業全体の0.1%となっているからです。

とは言え、上記データは、2019年末時点のデータであり、数字面だけでは、見えない東証一部上場企業のメリット・デメリットがあります。

その辺りを、私が東証一部上場企業に6年勤めた経験を交えて、解説していきます。

ポイント

なお、最後には、Fラン大学生が東証一部上場企業へ内定獲得するために必要な行動7つを紹介しています。
是非、「東証一部上場企業への就職を検討している就活生」は、最後まで読んでみてください。

そもそも東証一部上場企業とは何かについて解説!

ミヤッチ
まずは、当記事の大前提となる「東証一部上場企業とは何か?」について紹介します!

東証一部上場企業とは、東京証券取引所に株式を公開している企業を指します。
なお、東京証券取引所は、下表の4区分の株式市場を運営しています。

区分 詳細
東証一部上場企業 知名度の高い会社が多く、社会からの信頼性も高い。
東証二部上場企業 中堅企業が多く、東証一部上場企業より知名度が劣る。
マザーズ上場企業 ベンチャー企業が多く、東証一部・二部への上場を目指している企業が多い。
JASDAQ上場企業 新興企業が多く、今後成長していくことが期待されている企業が多い。

そして、日本企業が、東証一部上場するためには、以下の基準をクリアする必要があります。

東証一部上場するための基準(一部抜粋)

  • 株主数2,200人以上
  • 時価総額250億円以上
  • 2年間の利益総額が5億円以上、もしくは、時価総額が500億円以上
  • 虚偽記載または不適正意見等がないこと

以上が、東証一部上場企業の説明と審査基準になります。

 

東証一部上場企業となる企業側のメリット3選を紹介!

ミヤッチ
続いて、東証一部上場企業となる企業側のメリット3つを紹介します。

ミヤッチ
面接で聞かれることもあるので、押さえておきましょう!

 

資金調達が容易になる

ミヤッチ
企業が東証一部上場するメリット1つ目は「資金調達が容易になる」です。

理由としては、東証一部上場企業になると、東京証券取引所を通じて、投資家が株を取引できる状態になるからです。

また、社会的信頼度も高いため、金融機関からの融資が受けやすいのも、東証一部上場企業のメリットとなっています。

 

社会的信頼度が上がる

ミヤッチ
企業側が東証一部上場するメリット2つ目は、「社会的信頼度が上がる」です。

冒頭でも触れましたが、東証一部上場企業の審査基準は、厳しいです。

そのため、東証一部上場企業=業績が良く健全な経営をおこなっている企業という認識が周囲に広がります。

結果、東証一部上場しているか否かで、社会的信頼度に大きな差が生まれます。

ポイント

なお、企業が東証一部上場すると、一気に株価が上昇するメリットもあります。
株価が上昇することも、企業の信頼を向上させる一つの要因となります!

 

優秀な人材を集めやすくなる

ミヤッチ
企業が東証一部上場するメリット3つ目は、「優秀な人材を集めやすくなる」です。

上記内容は、上場企業で新卒採用を4年間経験した私も、実感する機会が多くありました。

例えば、合同説明会では、東証一部上場企業という看板があれば、学生の注目が多く集まります。

結果、多くの学生が応募することになり、優秀な人材も集まりやすくなります。

以上が、企業が東証一部上場企業となるメリット3つです。

 

東証一部上場企業となる企業側のデメリット3選を紹介!

ミヤッチ
続いて、東証一部上場企業となる企業側のデメリット3つを紹介します。

ミヤッチ
こちらも面接で聞かれることがあるので、押さえておきましょう!

 

業績悪化による買収の可能性

ミヤッチ
企業が東証一部上場するデメリット1つ目は「業績悪化による買収の可能性」です。

先ほどお伝えした通り、企業が上場すると、東京証券取引所に株式を公開できます。

結果、資金調達が容易になるメリットがある反面、他企業へ買収されるリスクも高まります。

そのため、東証一部上場した企業は、常に買収リスクというデメリットを背負うことになります。

 

経営の自由度がなくなる

ミヤッチ
企業が東証一部上場するデメリット2つ目は「経営の自由度がなくなる」です。

理由としては、企業が上場すると、株主の意向に沿った経営方針を意識する必要があるからです。

基本、企業に出資する株主は、株を所有することで得られる利益が目的となっています。

そのため、株主は、利益重視の経営方針を好み、経営者側も、経営の自由が奪われるというデメリットがあります。

 

経理処理が複雑となる

ミヤッチ
企業が東証一部上場するデメリット3つ目は「経理処理が複雑となる」です。

企業は、上場すると「会社の透明性・公平性」を求められます。

そのため、3ヶ月に1回、決算短信を書かなければならず、非上場企業より、経理処理が複雑になります。

ポイント

なお、企業が上場すると、年に1度、有価証券報告書の提出も必要です。
しかし、非上場企業は、有価証券報告書や決算短信の作成義務がないのがポイントです。

以上、企業が東証一部上場企業となるデメリット3つとなります。

 

私が東証一部上場企業に就職して感じたメリット5選!

ミヤッチ
続いて、私が、東証一部上場企業に6年間勤めて感じたメリットを5つ紹介します。

ミヤッチ
数字だけでは表せない、東証一部上場企業に勤める魅力を伝えていきますね。

 

社会的信頼度が圧倒的に高い

ミヤッチ
私が、東証一部上場企業に勤めて感じたメリット1つ目は「社会的信頼度が高い」です。

上記内容は、企業側のメリットでも触れましたが、社員である私も、以下3つの場面で、社会的信頼が高いと感じました。

ポイント

  1. 24歳の同期が渋谷近くの分譲マンションを購入
  2. クレジットカードや車のローンで審査に落ちない
  3. 営業活動におけるアポイントが取りやすい

とくに、営業活動で、テレアポをしても、アポイントが取りやすいと感じる場面は、多くありました。

また、商談回数も多いため、若手のうちから、商談経験を多く積めたのも、大きなメリットと感じました。

 

教育体制が整っている

ミヤッチ
私が、東証一部上場企業に勤めて感じたメリット2つ目は「教育体制が整っている」です。

と言うのも、私自身、社会人6年目になっても、後輩指導やビジネスリーダー研修などがあります。

また、新入社員の頃は、「ビジネスマナー」や「決算書の読み方」まで、半年に渡って、多くの教育経験を受けました。

ミヤッチ
なお、これだけ多くの研修を受けられたのは、以下3つの理由が大きいと思っています。

ポイント

  • 外部へ研修を委託する資金力
  • 研修部門の社員数が多い
  • 過去の研修経験が豊富に揃っている

ミヤッチ
ただし、すべての上場企業が教育体制が整っていると判断するのは危険です。

ミヤッチ
そのため、まずは、会社説明会やOB訪問で情報収集することをおすすめします。

 

倒産リスクが低い

ミヤッチ
私が、東証一部上場企業に勤めて感じたメリット3つ目は「倒産リスクが少ない」です。

昨今、倒産リスクは、どのような企業も一緒という言葉が多く出回っています。

しかし、単純に、厳しい上場基準をクリアした企業のほうが、不祥事がない限り、倒産リスクは少ないです。

なお、理由は、主に3つあり、どれを取っても中小企業より倒産リスクは少なく、東証一部上場企業にメリットの1つと言えます。

ポイント

  1. 企業規模(資本金や売上高)
  2. 取引先の数
  3. 人材の集めやすさ

 

有給休暇を取得しやすい

ミヤッチ
私が、東証一部上場企業に勤めて感じたメリット4つ目は「有給休暇を取得しやすい」です。

理由としては、2019年4月に施行された「年次有給休暇の取得義務」にあります。

ポイント

「年次有給休暇の取得義務」は、有給休暇が10日以上の就労者に5日以上の取得義務とする法です。
詳しい詳細は、厚生労働省のページに載っているので、気になる方は読んでみてください。

なお、私の職場では、社員数が多いことにより、仕事が分散されており、有給休暇が取りやすい環境となっています。

この辺りは、企業によって違いはあるかもしれませんが、客観的視点で見ると、非上場企業より、取りやすい傾向にあると思っています。

ミヤッチ
なお、以下記事でも解説していますが、新入社員であっても有給休暇の取得は義務なので、ご安心を!

 

福利厚生が充実している

ミヤッチ
私が、東証一部上場企業に勤めて感じたメリット5つ目は「福利厚生が充実している」です。

理由は、上場企業が、福利厚生に回せるだけの多大な資金力があるためです。

ミヤッチ
なお、私の勤める企業は、以下のような福利厚生があります。

  • 勤務時間中にマッサージ利用可能(500円/時間)
  • 家賃補助(家賃の8割負担)
  • 単身赴任社への帰任交通費支給(月1回)

とくに、家賃補助は、以下記事の通り、私が社会人3年間で貯金300万円を達成できた大きな要因となりました。

以上、私が、東証一部上場企業に6年間勤めて感じたメリット5つとなります。

ポイント

なお、上記内容を踏まえた上で、東証一部上場企業への就職を目指したい方は、このまま読み進めてみてください。
Fラン大学から東証一部上場企業へ内定獲得するために必要な行動を7つ紹介しています。

 

Fラン大学生が東証一部上場企業へ内定獲得するための行動7つを紹介!

ミヤッチ
では、さっそく、Fラン大学生が上場企業へ内定獲得するための行動7つを紹介します。

上場企業に内定獲得するために必要な行動7つ

  1. 【大学2年生4月〜】就活ブログを開設して情報発信
  2. 【大学3年生6月〜】長期インターンシップへの参加
  3. 【大学3年生10月〜】就活エージェント / 逆求人サービスへ登録
  4. 【大学3年生11月〜】自己分析と業界 / 企業分析開始
  5. 【大学3年生12月〜】筆記試験 / 面接対策の開始
  6. 【大学3年生3月〜】会社説明会 / 選考開始
  7. 【大学4年生6月〜】上場企業へ内定獲得

上記の通り、あなたが、上場企業へ内定を獲得したいのであれば、上記7つの行動をおすすめします。

悩める就活生
いやいや、就活ブログや長期インターンはハードル高いよ…

と思われた方も多いと思いますが、現実問題、学歴が高い就活生と競争するためには、「インパクトのある実績」が必須です。

※とは言え、過去の私もそうでしたが、ブログ開設や長期インターンのハードルは高いですよね…

なので、ブログ開設や長期インターンのハードルが高いと言う方は、就活サービスを上手に活用しましょう。

ポイント

理由は、高学歴の学生に対抗するための、「質の高い情報の入手」や「上場企業と出会える場を増やす」ためです。
そのため、Fラン大学生の方で、上場企業の内定を目指す場合は、就活サービスを積極的に活用していきましょう。

ミヤッチ
なお、就活サービスは、以下3つを利用しておけば問題なしです。

【無料】おすすめ就活サービス

  1. キャリセン」:年間取引企業数1,000社以上 / 内定獲得まで最短2週間の実績あり
  2. MeetsCompany」:座談形式の就活イベント提供サービス
  3. OfferBox」:1,000社以上の東証一部上場企業が登録している逆求人サイト最大手

基本的に、上記3つがおすすめとなってまして、他の就活サービスは、必要となったタイミングで登録すればOKです。

※もちろん、上記以外の優秀なサービスは存在しますが、その中でもトップクラスの3つとなっています。

 

東証一部上場企業ってすごい?就職して6年間で感じたメリット5選のまとめ!

ミヤッチ
今回は、東証一部上場企業はすごいのか?について解説しました。

結論、東証一部上場企業は、日本企業全体の0.1%となっており、「すごい」と言えます。

なお、すごい=就活生の間で人気がある企業です。

是非、今回の内容を踏まえた上で、東証一部上場企業の内定獲得を目指したい方は、以下7つの行動を実践してみてください。

上場企業に内定獲得するために必要な行動7つ

  1. 【大学2年生4月〜】就活ブログを開設して情報発信
  2. 【大学3年生6月〜】長期インターンシップへの参加
  3. 【大学3年生10月〜】就活エージェント / 逆求人サービスへ登録
  4. 【大学3年生11月〜】自己分析と業界 / 企業分析開始
  5. 【大学3年生12月〜】筆記試験 / 面接対策の開始
  6. 【大学3年生3月〜】会社説明会 / 選考開始
  7. 【大学4年生6月〜】上場企業へ内定獲得

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間3万人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-Fラン就活論, 就活の疑問