広告 20代のキャリア お金の悩み

【東証一部上場企業】社会人6年目の手取りや年収・夏と冬のボーナスを公開!

悩める社会人
社会人6年目サラリーマンの年収ってどれくらいなんですか?
悩める社会人
手取り額や夏と冬のボーナス含めて教えてほしいです…

今回は、上記悩みを抱える方に向けて、世間一般の社会人6年目の平均年収や手取り額を紹介します。

また、今回は、私の勤めている東証プライム企業の社会人6年目の年収や手取り額・夏と冬のボーナスも紹介していきます。

執筆者の勤務会社情報

  1. 東証プライム企業(売上高ランキング300位台
  2. 業界:通信業界
  3. 従業員数:5,000名超
  4. 資本金:約3,500百万円
  5. 職群:総合職(全国転勤あり)
  6. 残業時間は10時間/月程度
  7. 完全週休2日制(土日・祝日)

業界は、今盛り上がりを見せている通信業界であり、従業員数は3,000名超えの企業。

そんな、東証プライム企業(総合職)のリアルな年収・手取り額・ボーナスとなります。

もちろん、今回紹介する情報は、他サイトには絶対に載っていない要注目情報!

ぜひ周囲の社会人6年目の年収・手取り額・ボーナスが気になっている方は、最後までチェックしてみてください。

世間一般の社会人6年目の平均年収・手取り額とは?

ミヤッチ
では、さっそく、社会人6年目の平均年収を国税庁のデータdodaの公開データを参考に紹介していきます。
社会人6年目の平均年収
年齢 25歳〜29歳(国税庁) 28歳(doda)
全体 351万円 383万円
男性 383万円 409万円
女性 309万円 353万円
ミヤッチ
上表の数字をまとめると…

社会人6年目の平均年収と手取り額

  • 社会人6年目の平均年収(全体):367万円
  • 社会人6年目の平均月収額(全体):30万5,833円

なお、上記の社会人6年目(全体)の平均月収額「30万5,833円」は、単純に平均年収÷12ヶ月した数字。

そのため、年収にボーナスが含まれている場合は、平均月収額はさらに少なくなります。

ミヤッチ
なお、平均月収額30万5,833円に税金2割が控除されると仮定した場合の手取り額は…

平均手取り額

社会人6年目の平均手取り額:24万4,666円

多くもらっているかの判断は人それぞれですが、子供がいる場合、決して豊かな生活ができる額ではないと言えます…

なお、今回は、世間一般の社会人5年目と社会人6年目の平均年収や月収・手取り額についても比較してみました。

社会人6年目 社会人5年目 増減額
平均年収 367万円 363万5,000円 +3万5,000円
平均手取り額 24万4,666円 24万2,333円 +2,333円

上表の通り、社会人6年目の平均年収は、社会人5年目の平均年収と比較して「+3万5,000円」のアップ。

ただし、平均手取り額で見ると毎月2,333円しか上がっていないという結果になりました…

悩める社会人
社会人6年目に年収が大きく上がったという方は少ないんですね…
ミヤッチ
そうなんです!なお、上記の平均年収は中央値のデータではないので注意が必要です!
ミヤッチ
次の章で詳しく紹介しますが、20代の平均年収(中央値)はかなり低い結果になってます…

 

20代の平均年収の中央値とは?

ミヤッチ
ここまで、社会人6年目の平均年収(367万円)について紹介しました。
ミヤッチ
ここでは、より実態に近い、20代全体の年収の中央値についても紹介していきます。

20代の年収の中央値

  • 20代の年収(中央値:全体):248~280万円
  • 20代の年収(中央値:男性):250~290万円
  • 20代の年収(中央値:女性):246~271万円

上記の通り、令和元年賃金構造基本統計調査によると、20代全体の年収(中央値)は、248~280万円となります。

なお、下図の通り、中央値は、全体に高所得者がいるいないに関係なく、全体の真ん中の数値の平均を表します。

そのため、平均値よりも、実態に即した数字と考えることができます。

とは言え、20代全体の年収(中央値)なので、20歳〜29歳までの年収が含まれている点については、注意が必要です。

悩める社会人
20代の平均年収の中央値って多くても280万円しかないのですね…
ミヤッチ
そうなんです… 貯金ができないと話す若者が多いのも納得できる結果となっています…
ミヤッチ
なお、次の章からは、私の社会人6年目の手取り額やボーナス・年収について紹介していきます!

 

東証プライム上場企業の社会人6年目の手取り額とは?

ミヤッチ
ではさっそく、私の社会人6年目の手取り額から紹介していきます。
ミヤッチ
ぜひ、東証プライム上場企業の一般社員の手取り額はどれくらいなのか参考にしてみてください。
執筆者の社会人6年目の給料情報
額面 手取り額
4月 335,395円 226,659円
5月 367,300円 256,889円
6月 366,646円 249,957円
7月 440,576円 318,015円
8月 408,731円 288,785円
9月 406,213円 286,485円
10月 407,248円 286,782円
11月 391,895円 272,626円
12月 405,175円 308,826円
1月 372,004円 254,444円
2月 414,727円 293,484円
3月 390,869円 271,785円

上表をまとめると、私の社会人6年目の平均手取り額は27万6,228円

世間一般の社会人6年目(全体)の平均手取り額24万4,666円より3万1,562円多い結果となりました。

なお、私の平均残業時間は10時間/月であり、残業代をのぞくと同水準くらいになっていたと思います。

そのため、私の勤め先企業含め、上場企業=手取り額多いというわけではないので注意してください。

悩める社会人
東証プライム上場企業の総合職で手取り額27万6,228円は夢ないですね…
ミヤッチ
そうですね… ただ、次の章で詳しく紹介しますが、ボーナスについてはかなり大きな額をもらえました!

 

東証一部上場企業の社会人6年目の夏と冬のボーナスとは?

ミヤッチ
では続いて、私の社会人6年目の夏と冬のボーナス額を紹介します。
ボーナス情報
額面 手取り額
6月 814,300円 641,642円
12月 824,300円 648,007円

上表の通り、社会人6年目の合計ボーナス額は額面で163万8,600円もらうことができました。

なお、税金なども差し引かれた最終的な手取り額は128万9,649円!

正直、ボーナスについては、一般企業よりもらっているのではないかと思います。

注意事項

ただし、私のボーナスには、「前払い退職金(5万5,000円/1回)」が含まれています。
そのため、前払い退職金を除くと、ボーナス額はもう少し低くくなります…

悩める社会人
大手企業はボーナスが多いって聞いてたけど本当だったんですね!
ミヤッチ
通信業界が盛り上がりを見せていたのが大きな要因ですが、100万円超えは嬉しいですね!
ミヤッチ
なお、次の章で、上記ボーナス額も含めた私の年収についても紹介していきますね!

 

東証一部上場企業の社会人6年目の年収とは?

ミヤッチ
では続けて、私の社会人6年目の年収について紹介します。

社会人6年目の年収

  • 私の社会人6年目の年収:634万5,379円
  • 私の社会人6年目の年収(税引後):460万4,386

上記の通り、ボーナスが多くもらえたこともあり、2年連続で年収600万円を達成することができました。

ですが、私の年収が600万円を超えることができたのは、ボーナス163万8,600円が大きな要因。

正直、ボーナス支給や残業がなければ、年収400万円前後になっていました。

そのため、東証プライム企業=高年収というわけではないので注意が必要です…

悩める社会人
ボーナス頼りの年収と考えた場合は、あまり多い年収とは言えないですね…
ミヤッチ
上場企業の社員であっても収入面に不満を持っている方は多い印象ですね…
ミヤッチ
ちなみに、あなたの社会人6年目の年収が平均(367万円)より低い場合は転職も検討すべきかと…
ミヤッチ
次の章で詳しく紹介しますが、搾取され続ける企業に勤めても未来はありません…

 

社会人6年目の年収に不満がある場合は転職すべき?

ミヤッチ
ではさっそく、社会人6年目で年収に不満がある場合は転職すべきか紹介します。

結論

あなたの年収が社会人6年目の平均年収(367万円)より低い場合は、転職を検討して問題なし
ただし、今の職場環境に不満がない場合は、いきなり転職するのは危険です。

上記の通り、年収はもちろん、職場環境にも不満がある場合は転職を検討して問題なし。

20代の貴重な時間を搾取され続けるだけの企業に費やすのはもったいないです…

ミヤッチ
ただし、残業も少なく周囲との関係も良好な場合は、いきなり転職するのは危険です!

注意事項

厚生労働省の令和3年雇用動向調査では、転職により賃金が減少した方は35.2%(100人中35人)
転職しても賃金が上がらないケースは少なからずあり、職場環境まで悪化した人も多く存在します。

一番最悪なのは、目先の年収に捉われて冷静な判断ができないまま、ブラック企業に転職をしてしまうこと…

そのため、まずは今の職場で働きながら、今より条件の良い企業が存在するのか「転職エージェント経由」で確認するところから始めましょう。

ミヤッチ
なお、転職エージェントは大手を中心にいくつか登録しておけばOKです!
ミヤッチ
やはり、マニュアルがしっかり整備されている大手運営のサービス品質が1番安定しています。

おすすめ大手転職エージェント

  1. リクルートエージェント」:転職成功実績No1 / 日本最大級の転職サイトであり一番おすすめ
  2. アサイン」:長期的なキャリア支援が特徴 / ハイクラス転職向けなのでスキルや実績は必要
  3. マイナビジョブ20's」:累計登録者37万人突破 / 20代に特化した転職支援が強み(求人は少なめ)

とくに、非公開求人数(20万件以上)やサービス品質など、総合力ではリクルートエージェントがNo1!

転職サイトの中でも知名度が圧倒的に高く、転職支援実績は業界No1となっています。

もちろん、大手運営のサービスとは言え、アドバイザーとの相性や各社の保有求人に違いはあるので…

上記3サービスの初回面談を受けて「自分に合っているな」と感じるアドバイザーに協力してもらうようにしましょう!

手間はかかりますが、質の高い転職支援を受けるうえで他社比較は必須の作業です。

 

社会人6年目の手取りや年収・夏と冬のボーナスのまとめ

ミヤッチ
今回は、社会人6年目の年収や平均手取り額を中心に紹介しました。

社会人6年目の平均収入

  1. 社会人6年目の平均年収(全体):367万
  2. 社会人6年目の平均手取り額(全体):24万4,666円

上表の通り、社会人6年目の平均年収は367万円・手取り額は24万4,666円!

正直、子供のいる方であれば、余裕のある暮らしは難しいと言えます。

ミヤッチ
なお、東証プライム企業に勤める私の社会人6年目の年収・手取り額・ボーナスは以下の通り!

まとめ

  1. 私の社会人6年目の年収:634万5,379円
  2. 私の社会人6年目の手取り額:27万6,228円
  3. 私の社会人6年目の夏冬ボーナス:163万8,600円

上記の通り、ボーナスのおかげて年収600万円超えを達成することができましたが…

ボーナスがなければ年収600万円どころか年収400万円前後まで下がっていたと思います。

そのため、東証プライム企業=高年収というわけではないので注意してください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

年間30万人の「就活生」と「20代社会人」が訪問 ▶︎ アルバイト以外の実績がないFラン大学生が就活奮闘▶︎ 2017年に東証プライム企業に新卒入社▶︎ 人事部で新卒採用を4年経験▶︎ 2023年12月16日【ABEMA(アベマTV)】生出演!▶︎ 当ブログでは、学歴関係なく就活で成功するための【就活情報】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を発信しています!

-20代のキャリア, お金の悩み