社会人2年目向け 社会人生活

社会人2年目に月の残業時間が80時間を超えて感じた経験3選を解説!

ミヤッチ
ミヤッチ

皆さんこんにちは!
新卒1年目から大手企業の人事業務を3年以上担当しているミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の悩みを解説していく記事です!

読者の悩み

  • 20代一般サラリーマンの平均残業時間はどれくらいなのでしょうか?
  • 社会人2年目で残業時間が月に80時間を超えるのはやばいですか?
  • 社会人2年目になって一気に残業時間が増えて転職するか悩んでいます、、

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • 20代一般サラリーマンの平均残業時間を徹底解説!
  • 社会人2年目に月の残業時間が80時間を超えて感じた経験3選を紹介!
  • 社会人2年目になって一気に残業時間が増えた場合の行動3選を紹介!

今回は、私が社会人2年目の頃に経験した、月の残業時間が80時間を超えたときに感じたことを紹介します。

なお、月の残業時間を0時間から80時間まで経験して感じた、各残業時間ごとの目安は以下の通りです。

月の残業時間 各残業時間ごとの感想
0時間〜10時間 ほとんどの日が定時退社。
10時間〜30時間 定時で帰られる日もあるが、週に何度か2時間以上の残業することがある。
30時間〜50時間 残業をしない日はほとんどない。毎日2時間〜3時間の残業が当たり前になる。
50時間〜80時間 会社で働いている時間が12時間を超えてくる日も出てくる。毎日4時間残業。
100時間〜 精神や身体へ確実に害を及ぼす領域に突入。確実に寿命を縮める。

一般的に、月の残業が60時間を超えてくると、身体や心に健康被害がでると言われています。

残業が全て悪とは言いませんが、行き過ぎた残業は、あなた自身の人生を壊しかねません。

そうならないためにも、これから会社員になる大学生、すでに入社した1年目や若手社員含めて、月の残業時間が多いと、どれだけ感じてみてください。

スポンサーリンク

20代一般サラリーマンの平均残業時間を徹底解説!

では、まず初めに、20代の一般サラリーマンの平均残業時間はどれくらいなのか、簡単に紹介しておきます。

労働関連の口コミやアンケートを集計している民間業者「openwork」の2018年の調査によると、20代の一般サラリーマンの平均残業時間は月28時間とされています。

月に28時間の残業だと、出勤日数が1ヶ月20日と仮定すると、1日あたり1時間30分の残業をしていることになります。

なお、この結果は、2012年からの調査と比較すると、月の残業時間が18時間減となっており、過去5年間減少傾向です。

業種によって違いはありますが、以下のような取り組みが、少なからず、日本の残業減少に繋がっている結果となりました。

政府の施策

  • 2014年「過労死等防止対策推進法」
  • 2017年「働き方改革実行計画」
  • 2018年「働き方改革関連法案」

とは言え、まだまだ無理な残業時間を押し付けてくる企業がたくさんあるのも事実としてあります。

 

社会人2年目に月の残業時間が80時間を超えて感じた経験3選を紹介!

では、ここからは、本記事の本題である、私が社会人2年目の頃に月の残業時間が80時間を超えて感じた経験3つを紹介します。

正直、80時間を超えてくると、息つく暇もなく仕事をして、帰ったら寝るだけの生活が続くので地獄です。

 

プライベートな時間が全くなくなる

月の残業時間が80時間を超えて感じた経験1つ目は「プライベートな時間が全くなくなる」です。

私の月の残業時間が80時間だったときの1日のスケジュールは以下の通りでした。

時間 項目
6時30分〜7時00分 起床・歯磨き・洗顔・身支度
7時00分〜8時00分 通勤(泥のように眠る)
8時00分〜13時00分 勤務時間
13時00分〜14時00分 昼休憩(30分は仕事をしていた)
14時00分〜22時00分 仕事(18時くらいから集中力ゼロ)
22時00分〜23時00分 帰宅(泥のように眠る)
23時00分〜24時00分 お風呂・晩ご飯・歯磨き
24時00分〜7時00分 睡眠

いかがでしょうか?

正直、上記のスケジュールより帰宅が遅くなることもあり、ゲームや映画などのプライベートな時間は、全くありませんでした。

なお、この中でも23時00分〜24時00分の時間は、次の日の仕事へ行きたくないということだけ考えてしまい、あまり気が休まる時間ではなかったです。

また、休日も基本は、睡眠に充てるので、どこかに出かけたりする余裕はなかったです。

 

身体と心に異変が生じる

月の残業時間が80時間を超えて感じた経験2つ目は「身体と心に異常が生じる」です。

私の場合は、パソコンを長時間触るので、身体の部位としては「目」のかすみがひどくなったのを覚えています。

また、休日もだるさから何もできず、プライベートの時間が全くなく、1日の大半を過ごす職場では、目上の方への気遣いなどから、眠れない日が続きました。

なお、過労死ラインは、今回紹介している月の残業時間80時間が目安とされています。

過労死ライン

現在の労働行政では、過労死ラインは80時間(月に20日出勤とすると、1日4時間以上の残業・12時間労働)とされている。
これは、健康障害の発症2~6ヶ月間で平均80時間を超える時間外労働をしている場合、健康障害と長時間労働の因果関係を認めやすいという目安。

 

仕事の生産性が著しく下がる

月の残業時間が80時間を超えて感じた経験3つ目は「仕事の生産性が著しく下がる」です。

私自身、残業をしていた頃の、18時以降の仕事の集中力は全くなかったのを覚えています。

なお、人間は、夕方17時頃から夜にかけて、日中の緊張状態を支えてくれていた交感神経(活動時に働く自律神経)が、体をリラックスさせる副交感神経(休息時に働く自律神経)へと切り替わるため、仕事に対する集中力が一気にダウンする特性にあります。

また、残業を毎日4時間以上していると、疲労が蓄積してメンタルもやられているので、仕事の集中力は下がり続け、さらに残業するという悪循環に陥ります。

 

社会人2年目になって一気に残業が増えた場合の行動3選を紹介!

ここまで、私が社会人2年目に月の残業時間80時間を超えて感じた3つの経験をお伝えしました。

社会人2年目に月の残業時間80時間を超えて感じた3つの経験

  • プライベートな時間が全くなくなる
  • 身体と心に異常が生じる
  • 仕事の生産性が著しく下がる

ここからは、上記内容を踏まえた上で、私が、社会人2年目の残業が多い環境を脱却するために取った行動3つを紹介します。

 

上司へ抱えている仕事の状況を相談する

私が、社会人2年目の残業が多い環境を脱却するために取った行動1つ目は「上司へ抱えている仕事の状況を相談をする」です。

残業が多くなっている一番の理由は、仕事が多すぎることが原因として挙げられます。

なので、自分が抱えている仕事と一つの仕事に費やしている時間を紙に書き出して、上司へ相談してみてください。

特に、自分の所属する部署の中でも、あなた自身がもっとも残業をしている場合は、上司への相談が効果的です。

 

人事部へ部署異動の相談をする

私が、社会人2年目の残業が多い環境を脱却するために取った行動2つ目は「人事部へ部署異動の相談をする」です。

上司への相談をおこなっても「お前の仕事のスピードが遅い」などの理由から、取り合ってもらえなければ、次は人事部へ相談しましょう。

なお、伝える際は、少し大袈裟でも良いので、自分自身が限界であることをしっかり伝えましょう。

また、部署異動を申し出るときは、できるだけ、所属している部署と絡みがない部署への異動願いを出すようにしてください。

 

無理にでも休みをとって転職活動をする

私が、社会人2年目の残業が多い環境を脱却するために取った行動3つ目は「無理にでも休みをとって転職活動をする」です。

「上司への相談」と「人事部への相談」で解決しなかった場合は、転職活動をすることをオススメします。

正直、「上司への相談」と「人事部への相談」で解決できたとしても、出世ルートから外れたり、周囲の目が気になり、働きづらくなるリスクが高いです。

そういう意味では、転職活動をおこない、環境を一気に変えてしまうことが、最善策だったりします。

私自身も、転職活動をする時間すらなかったですが、1日だけ休みを無理やりとって、現状を転職エージェントの方に相談することがありました。

私の場合は、大手転職サイト「doda」「マイナビジョブ20's」を利用しましたが、誰かに悩みを真剣に聞いてもらうのは、どんな行動よりも効果が実感できました。

転職を絶対にするという心構えでなく、話を聞いてもらうだけのつもりで利用してみてはいかがでしょうか。

 

社会人2年目に月の残業時間が80時間を超えて感じた経験のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、以下の悩みについて解説してきました。

読者の悩み

  • 20代一般サラリーマンの平均残業時間はどれくらいなのでしょうか?
  • 社会人2年目で残業時間が月に80時間を超えるのはやばいですか?
  • 社会人2年目になって一気に残業時間が増えて転職するか悩んでいます、、

日本の残業時間は、年々減少傾向にあり、現在の20代の一般サラリーマンの平均残業時間は月28時間とされています。

とは言え、業種によって残業時間にも違いがあり、私のように、月に80時間以上の残業をしている方も多いと思います。

そんな方は、是非、転職エージェントに相談してみてください。

転職を絶対にするという心構えでなく、話を聞いてもらうだけのつもりで利用してみると、意外と気持ちが楽になったりします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】ブログ初心者に向けた「ブログ運営ノウハウ」の3つのテーマで運営!

-社会人2年目向け, 社会人生活

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.