Fラン就活論 面接対策

面接で「他社の選考状況」を聞かれたときの答え方を人事担当者が解説!

読者の悩み

  • 「他社の選考状況」を聞かれてもバラバラな業界を受けていて答えづらいです!
  • 「他社の選考状況」を聞かれたときの答え方が分かりません!
  • 「他社の選考状況」を確認する面接官の意図は何ですか?

今回は、上記悩みに対して、元人事の私が、「他社の選考状況を聞かれたときの答え方」を中心に紹介していきます。

  • Fラン大(偏差値47)から東証一部上場企業に総合職入社!
  • 新卒一年目から約4年間 関西地区を中心に採用業務を経験!
  • 2021年4月にAbemaTVの就活特番生出演
  • Fラン大から東証一部上場企業へ内定できたノウハウを発信中!

なお、結論からお伝えすると、他社の選考状況への回答は「一貫性」と「嘘をつかない」ことが重要です。

これらの理由について、実際の回答例を用いながら、詳しく解説しているので、「他社の選考状況を聞かれたときに答えられる自信がない方」は、是非、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

「他社の選考状況」を確認してくる面接官の意図について解説!

では、さっそく、「他社の選考状況」を確認してくる面接官の意図について解説していきます。

面接官が「他社の選考状況」を就活生に確認する意図は、あなたの就活に対する志向性を確認するためです。

なお、志向性の意味するところは、「一人ひとり違う個性や価値観の中でどういう就活をしようとしているのか?」です。

つまり、面接官は、あなたの就活に対する企業選びの軸を確認しています。

なので、全く違う会社を受けていても、あなた自身がその企業を選んだ理由(就活の軸)がしっかりしていれば、この質問に対する答えは容易にできるはずです。

なお、ここからは、就活に対する志向性への「ベストアンサー」について、もう少し踏み込んで解説していきます。

 

面接で「他社の選考状況」を聞かれたときの答え方を紹介!

面接で「他社の選考状況」」を聞かれたときの答え方は、以下のポイントを押さえる事が重要です。

ポイント

  • 他社の選考状況への回答は一貫性が重要
  • 嘘はつかないことが重要
ミヤッチ
ミヤッチ
上記の中でも、他社の選考状況への回答には一貫性を持たせる事が非常に重要です。

例えば、他社の選考状況が、AOKIホールディングスと大和ハウス工業株式会社を志望していたとします。

その場合、「一生に一回のライフイベントに携わる仕事がしたいから」というあなたなりの軸がしっかりあれば、面接官としては「しっかりと自分なりの軸を持って就活できている」といった評価につながります。

また、二つ目の「嘘はつかない」については、面接官は、ある程度の企業の選考スケジュールや内定スケジュールを把握していることが多いです。

そのため、嘘がバレてしまったときのリスクを考え、正直に答えることをおすすめします。

なお、私が就活で使用していた「他社の選考状況は?」に対する回答例を載せておきますので、参考にどうぞ。

例文

私は、現在、●●会社と●●会社、●●会社の3社を受けています。
業界は幅広くみていますが、これらの業界を受けている理由は「●●●●●●●●●●」という理由があるからです。
なお、●●会社と●●会社は●次選考まで進んでおり、●●会社は●選考に進んでいる状況です。
御社含めて4社の中で、「●●●●●●●●●●」を実現できる御社の●●というサービスに最も魅力を感じています。
以上です。

上記の例文の中に「御社の●●というサービスに最も魅力を感じています。」という文章がありますが、こちらの内容を話すときは、しっかりと企業分析をしていることが前提なので注意してください。

 

面接で「他社の選考状況」を聞かれたときのNGな答え方を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
ここでは、他社の選考状況を聞かれたときのNGな答え方について以下で紹介します。

例文

私は、現在、●●会社と●●会社、●●会社の3社を受けています。
なお、●●会社と●●会社は●次選考まで進んでおり、●●会社は●次選考で落ちてしまいました。
御社含めて4社の中で、御社に最も魅力を感じていますのでよろしくお願い致します。
以上です。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、上記記載の例文がNGな理由は以下2つが理由です。

例文がNGな理由

  • 一貫した企業選びの軸が感じ取れない
  • 落ちている企業のことまで述べている

例えば、前述の例文だと、「とりあえず内定が欲しいのかな」といった印象を受けます。

また、落ちている企業まで述べており、「他社で何か悪い点があったのかな」といった印象を与えてしまいます。

なお、仮に全ての企業が落ちてしまっている場合は「御社以外の選考を受けておりません」と回答するのがベストです。

なぜならば、御社以外の選考を受けていない理由は、「就活を始める前から最初に受けるのは第一志望の御社と決めていたからです!」と話せるからです。

ここで、御社を就活を始める前から入社したいと思っていた理由などを尋ねられたときは大チャンスです。

 

【番外編】「オワハラ」をされたときの対処法を解説!

ここでは、本記事の番外編として「オワハラ」をされたときの対処法を紹介します。

なお、「オワハラ」とは、就活を終われハラスメントとも言われており、就活生の特権である「企業を選ぶ権利」を無視した企業側の行為のことです。

オワハラは、2015年が最も多いとされていましたが、2020年の現在でも、一定数の学生は、最終面接でオワハラに合いましたと話しをされる方が多いです。

では、面接でオワハラにあったときはどのように回答をしたら良いかというと以下の通りです。

オワハラへの回答

はい!御社以外の内定は辞退します!

悩める就活生
悩める就活生
え?そんなこと言ったら辞退できないのでは?

こう思われる方も多いと思いますが、、企業側が「ダメだ」と強要する権利を持ち合わせていないので問題なしです。

ただし、内定辞退をする場合は、しっかりと理由を話して辞退するようにしましょう。

それでも企業側が内定辞退を受け入れてくれない場合は、大学の就職支援センターに相談をしてください。

 

面接で「他社の選考状況」を聞かれた時の答え方のまとめ

いかがでしたか?

今回は、面接で「他社の選考状況」を聞かれたときの面接官への答え方や「オワハラ」の対処法について解説しました。

特に、今回紹介した「他社の選考状況」を聞かれたときの答え方で重要なポイントは以下の2点です。

ポイント

  • 他社の選考状況への回答は一貫性が重要
  • 嘘はつかないことが重要

「他社の選考状況」を聞かれた際は、あなたなりの就活の軸がしっかり定まっていれば、バラバラの業界を志望していても大丈夫です。

就活は内定がゴールではなく、あなたがこれから働いていく企業をしっかり理解して、そこで働けることがゴールです。

是非、今回の内容も踏まえて意識してみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間3万人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-Fラン就活論, 面接対策