広告 就活コラム 就職活動

【新卒向け】面接の自己紹介で必ず押さえるべきポイントと例文を元人事が紹介!

読者の悩み

  • 面接で自己紹介を聞いてくる面接官の目的って何ですか?
  • 面接の自己紹介で押さえておくべきポイントって何ですか?
  • 自己紹介をおこなう上でのテンプレートが知りたいです…

今回は、上記悩みを解決していきます。

  • アルバイトしかやってこなかったFラン大学生が就活奮闘
  • 2017年4月にFラン大(偏差値42.5)から東証プライム企業に総合職入社
  • 新卒一年目から約4年間 東証プライム企業の新卒採用担当を経験
  • 現在は年間30万人の読者が訪れる就活ブログ運営(AbemaTVの就活特番生出演

この記事を書いている私は、約4年間、東証一部上場企業の新卒採用として、年間50人以上の学生と面談してきました。

今回は、そこから得た経験をもとに、「面接で必ず聞かれる自己紹介」をさまざまな角度から解説していきます。

是非、「これから面接が控えている方」や「就活を始めようと思っている方」は、参考にしてみてください。

面接官が面接で自己紹介を聞いてくる目的とは?

ミヤッチ
まず始めに自己紹介の目的とは何なのか考えていきます。

ポイント

結論、自己紹介の目的は「企業側(面接官)への挨拶」です。

もう少し詳しくお伝えすると、「企業側(面接官)へ、あなたが何者かを伝えることが目的」です。

まず、ここを明確にしておかないと、自己紹介をお願いしますと言われた時に的外れな回答をしてしまいます。

ミヤッチ
また、企業側が面接で自己紹介を聞く目的は以下の通りです。

面接官が自己紹介を聞いてくる理由

  • コミュニケーションのきっかけ作り
  • 質問に対する意思疎通が図れているか

ミヤッチ
ぜひ、あなたと企業側の自己紹介の目的は押さえておいてください。

 

面接での自己紹介と自己PRの違いを元人事が解説

ここでは、自己紹介と自己PRの違いについて紹介します。

自己紹介をおこなう必要があるのに、自己PRをする学生も多く、明確な違いを理解している方は少ないです。

だからこそ、面接官の質問にしっかりと的を得た回答をするためにも、こちらの内容は押さえておくことをおすすめします。

 

①面接での自己紹介とは何か?

ミヤッチ
結論、自己紹介とは「企業側(面接官)への挨拶」です。

つまり、企業側(面接官)へあなたが何者かを伝えることが目的となります。

なので、あなた自身のプロフィールなどを簡潔(基本は、1分以内)に伝えることが重要です。

 

②面接での自己PRとは何か?

ミヤッチ
結論、自己PRとは「あなた自身を面接官にアピールすること」です。

冒頭で解説しましたが、自己PRとは、あなたの長所などを企業側へ説明し、「あなた自身を企業側に売り込むことが目的」です。

なので、あなた自身の強みに対して、経験を交えながら、企業にどのように貢献していけるか話すことが重要です。

例えば、学生時代は「部活動で100人以上の部員をまとめる主将をしていた」という経験があったとします。

自己PRでは、それを企業でどう活かせるかを話すとまとまりのある自己PRが完成します。

ミヤッチ
なお、自己PRについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

面接の自己紹介で面接官へ必ず伝えるべきポイントを解説

ミヤッチ
ここでは、面接の自己紹介で面接官に必ず伝えるべきポイントを4つ紹介します。

ポイント

  1. 基本情報(大学・学部・学科名)
  2. 氏名
  3. あなたがどのような人間かを伝える簡単なエピソード
  4. 抱負(志望理由など)

各項目ごとの詳しいポイントは、以下で詳しく解説していきます。

 

①基本情報(大学・学部・学科名)

まず始めに、基本情報については、学生であれば、あなたの大学名や学部・学科を話します。

なお、転職の場合は、前歴の会社名を話せば問題ありません。

 

②氏名

次に、氏名を話す場合は、必ずフルネームで話すようにしてください。

面接官をしていると5人に1人は、フルネームで話さない方がいます。

しかし、初めて会う方には、社会人の一般常識としてフルネームで話すことを意識してみてください。

 

③あなたがどのような人間かを伝える簡単なエピソード

次に、あなたが、どのような性格を持った人なのかを簡潔に伝えましょう。

例えば、性格を表すエピソードを盛り込むのがオススメです。

どのような経験をしてきて、どのような行動をしたのかなど、あなたの人となりをみてもらうことを意識しましょう。

例えば、言葉だけで「積極的です」「物静かです」というより、以下のように話したほうが、企業側にあなたがどのような人間かを具体的に伝えられます。

具体例

  • 学生時代はボランティア活動に勤しみました。(積極的の具体例)
  • 休みの日は読書をします。(物静かの具体例)

また、面接官としても、次の質問で「ボランティア活動は何をしたの?」と話を広げやすくなるので好印象につながります。

なお、あまりにも具体的に話し続けると自己PRになってしまう可能性があるため、注意が必要です。
自己紹介は、企業へあなたを売る込むのではなく、「あなたを知ってもらうことが大切」と意識してみてください。

 

④抱負(志望理由など)

抱負では、これからその企業で何を目指してどう取り組んでいこうと考えているのかを簡潔に伝えましょう。

先ほどは、あなたという人間を知ってもらうための大切な項目を説明しました。

この内容に補足して、簡単に抱負を伝えれば、企業側に対して「目標をしっかり持っている」という印象を与えられます。

是非、自己紹介の中で、一文程度で良いので取り入れてみてください。

 

面接での自己紹介を話す上で意識しておくべきポイントを解説

ミヤッチ
私が思う、面接での自己紹介を話す上で意識しておくべきポイントは、以下の通りです。

ポイント

  1. 明るく元気な声で自己紹介する。
  2. 時間指定がない場合は、1分前後を目安に自己紹介をする。
  3. 履歴書で書いた内容と話す内容を一致させる。
  4. 面接官に会話のきっかけを与える話し方をする。
  5. 自己紹介ではジェスチャーを意識する。

上記5つの中でも明るく元気な声で自己紹介をする」と「自己紹介は1分前後を目安に話すは、非常に重要です。

長くなりすぎる自己紹介は、以下のようなケースがほとんどです。

長すぎる自己紹介「ケース」

  • 「面接官に対して何を伝えたらいいのか分からなくなっているケース」
  • 「自己紹介のはずが、自己PRとなってしまうケース」

このようなことにならぬよう、しっかりと内容をまとめて面接に臨みましょう。

 

面接で伝える自己紹介の例文を元人事担当者が紹介

ここでは、私が就職活動中に使用していた自己紹介の例文を紹介します。

先ほど紹介したポイントを盛り込んだ例文になりますので、本記事の内容を復習するつもりで確認してみてください。

自己紹介の例文

ビジネスアドベンチャー大学 ビジネス学部 ビジネス学科から参りました田中太郎と申します。
私は、ゼミで観光経済の分野を専攻しており、2020年東京オリンピックがもたらす、経済の発展とその後の課題について、他ゼミの学生と積極的に意見交換しながら研究に取り組んでいます。
また、学業以外では、飲食店のアルバイトをしており、アルバイトリーダーとして仕事に責任感を持ち取り組んでいます。
私は、御社の観光事業拡大に向けた○○の開発など、観光事業の発展に関する取り組みに惹かれ志望しました。
本日は何卒よろしくお願いいたします。

内容は、私の経験などを踏まえた文になっていますが、文章の構成はどこでも通用するので、是非参考にしてみてください。

 

おすすめ就職エージェントを活用して面接練習をおこなう

ぜひ、ここまでの内容を踏まえ、自己紹介の例文を作った際は、面接の練習をおこないましょう。

結局、「インプットだけでは、本番で緊張から話せなくなるので、アウトプットを積極的」におこなうことが大切です。

なお、面接練習をするのであれば、プロの就活エージェントを活用するのがおすすめです!

なぜならば、以下の通り、就活エージェントの活用有無で、内定確率が大きく変わるからです。

就活エージェントの活用有無

  • 【活用なし】就活を何も知らない状態で自ら調べて就活対策実施
  • 【活用あり】就活の専門家からのアドバイスを参考に就活対策実施

とは言え、「大学のキャリアセンターを利用すれば問題ないのでは?」という意見もあると思います。

ここについては、「キャリアセンターを活用しながら就活アドバイザーも活用する」が正解だと思っています。

理由は、面接対策を大学のキャリアセンターだけに絞ると、キャリアセンターの意見に偏った対策となってしまうからです。

ミヤッチ
なお、就活エージェントは大手を中心にいくつか登録しておけばOKです!
ミヤッチ
やはり、マニュアルがしっかり整備されている大手運営のサービス品質が1番安定しています。

おすすめの大手就活エージェント

  1. ミーツカンパニー就活サポート」:内定獲得が最短1週間 / 株式会社DYMが提供!
  2. LHH就活エージェント」:23年度のオリコン顧客満足度第2位 / 人材業界大手のアデコグループが提供!
  3. キャリアチケット」:毎年1万人以上の就活生が利用 / CMが話題のレバレジーズ株式会社が提供!

とくに、内定スピードや求人数・サポート品質など、総合力では「ミーツカンパニー就活サポート」がNo1!

模擬面接の評判も良く、利用者満足度は91%と高い実績を誇ります。

もちろん、大手運営のサービスとは言え、アドバイザーとの相性や各社の保有求人に違いはあるので…

上記3サービスの初回面談を受けて「自分に合っているな」と感じるアドバイザーに協力してもらうようにしましょう!

手間はかかりますが、質の高い就職支援を受けるうえで他社比較は必須の作業です。

ミヤッチ
なお、大手就活エージェント以外も詳しく知りたい方は、以下記事を参考にしてみてください。

 

【新卒向け】面接の自己紹介で必ず押さえるべきポイントと例文のまとめ

今回は、面接で必ず聞かれる自己紹介で必ず伝えるべきポイントを紹介しました。

ポイント

  1. 基本情報(大学・学部・学科名)
  2. 氏名
  3. あなたがどのような人間かを伝える簡単なエピソード
  4. 抱負(志望理由など)

是非、今回紹介したポイントを押さえて、他の就活生と差をつけられる自己紹介をしてみてください!

なお、自己紹介と同じくらいの頻度で聞かれる「自己PR」で押さえておくべきポイントについても、詳しく解説しています。

ぜひ、自己PRに不安のある方は、本記事と合わせて読んでみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

年間30万人の「就活生」と「20代社会人」が訪問 ▶︎ アルバイト以外の実績がないFラン大学生が就活奮闘▶︎ 2017年に東証プライム企業に新卒入社▶︎ 人事部で新卒採用を4年経験▶︎ 2023年12月16日【ABEMA(アベマTV)】生出演!▶︎ 当ブログでは、学歴関係なく就活で成功するための【就活情報】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を発信しています!

-就活コラム, 就職活動