広告 就活コラム 就職活動

【新卒向け】売り手市場なのに就職できない人は大手企業を狙いすぎ!

【新卒向け】売り手市場なのに就職できない人は大手企業を狙いすぎ!

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

ここ数年よく耳にする「売り手市場」という言葉!

ただ、「売り手市場だから大手企業含めて就職なんて余裕だ!」と考えている方は、かならずこの記事を読んでください!

本記事を読むことで、売り手市場なのに就職できないという状況にならずに済みます。

まずは、「売り手市場であっても大手企業への就職は難しい理由」について解説するので、ぜひチェックしてみてください。

【大前提】売り手市場であっても大手企業への就職は難しいです

ミヤッチ
タイトルのとおり、「売り手市場であっても大手企業への就職は難しい」です。

というのも、2023年のリクルートワークス研究所の調査にて、以下のデータが公表されています。

  1. 300人未満の企業の有効求人倍率は6.19倍
  2. 1000~4999人の企業は1.14倍
  3. 5000人以上の大手企業は0.41倍

上記データは24卒を対象としており、大手企業にかぎっては「買い手市場」という現状を表してます。

そのため、売り手市場=大手企業ばかり狙っていると痛い目をみるので注意が必要です。

ちなみに、東洋経済オンラインが「入社が難しい有名企業ランキング200社」を作っていたりします。

この辺りのデータを確認していると、有名企業は売り手市場でも簡単には入社できないことが見えてくると思います。

ミヤッチ
次の章では、上記内容を前提とした、「売り手市場でも就職できない人の特徴3つ」を紹介していきますね!

 

売り手市場でも就職できない人の特徴【3選】

ミヤッチ
ではさっそく、売り手市場でも就職できない人の特徴3つを紹介します。
ミヤッチ
あなた自身が内定なしにならないためにもかならず押さえておきましょう。

売り手市場でも就職できない人の特徴

 

①大手企業ばかりを志望している

ミヤッチ
売り手市場でも就職できない人の特徴1つ目は「大手企業ばかり志望している」です。

冒頭でもお伝えしたとおり、大手企業の有効求人倍率は0.41倍!

中小企業の有効求人倍率が6.19倍と高いため、全体では売り手市場と言われてますが…

人気の高い大手企業にかぎっては、買い手市場となっています。

そのため、大手企業ばかり志望していると「内定が1社も獲得できない…」という状況になるので注意です。

 

②就職活動を始める時期が遅い

ミヤッチ
売り手市場でも就職できない人の特徴2つ目は「就職活動を始める時期が遅い」です。

というのも、就職活動の早期化は年々加速しています。

実際に、過去3年間の就職内定率を表にまとめてみましたが、就職内定率は上昇傾向です。

年月日 23卒(就職内定率) 24卒(就職内定率) 25卒(就職内定率)
大学3年生2月 13.5% 19.9% 23.9%
大学3年生3月 29.0% 30.3% 40.3%
大学4年生5月 73.1% 79.6% 78.1%(15日時点)
大学4年生8月 87.8% 86.6% 随時更新予定
大学4年生10月 93.8% 92.0% 随時更新予定
大学4年生12月 94.0% 95.1% 随時更新予定
大学4年生3月(卒業前) ₋96.8% 随時更新予定 随時更新予定

※引用元:リクルート就職白書(就職プロセス調査2025年卒)

実際、25卒の大学3年生3月の就活解禁の時点の就職内定率は40.3%!

就活開始と同時に10人に4人は内定獲得していることになります。

そのため、就職活動の開始時期が遅くなるほど、売り手市場でも内定獲得できない確率は高くなります…

ミヤッチ
ちなみに、就職活動をいつから始めるべきかは以下記事にまとめています!
ミヤッチ
ぜひ、就職活動の開始時期を知りたい方は参考にしてみてください。

 

③誰にも頼らずに就職活動をしている

ミヤッチ
売り手市場でも就職できない人の特徴3つ目は「誰にも頼らずに就職活動をしている」です。

実際、当ブログ経由でも「キャリアセンターに頼らず内定獲得したいです…」という質問は多くいただきます。

ただ、初めて経験する就活で誰にも頼らずに内定獲得を目指すのは難しいのが現実…

初めて経験する就職活動だからこそ、「キャリアセンター」や「就活エージェント」など、第三者に頼るのは必須です。

ミヤッチ
次の章では、「売り手市場にもかかわらず内定獲得できない人が取るべき行動」を紹介します。
ミヤッチ
就活に苦戦中の25卒の方はもちろん、今から就活を始めようとしている方も参考にしてみてください。

 

【25卒向け】売り手市場なのに内定獲得できない人が取るべき行動4ステップ

ミヤッチ
ではさっそく、25卒向けに「売り手市場なのに内定が獲得できないときに取るべき行動4つ」を紹介します!
ミヤッチ
ぜひ、内定獲得に苦戦している25卒の方は参考にしてみてください。

 

ステップ①:就活エージェントの導入

ミヤッチ
25卒の方で内定取れていない場合は「就活エージェントの導入」からおこなうのがおすすめ!
ミヤッチ
というのも、就活エージェントを利用すれば以下の就職支援が無料で受けられます!

支援内容

  1. キャリア相談(業界・企業研究含む)
  2. あなたに合った求人紹介
  3. エントリーシート・履歴書の添削
  4. 面接対策(模擬面接)
  5. 自己分析サポート・面接後のフィードバック

簡単にまとめると、あなた専任の「就活アドバイザー」が内定獲得まで付きっきりで就職支援してくれるサービスです!

もちろん、デメリットがまったくないわけではなく…

「アドバイザーの当たり外れが存在する」というデメリットがあります…

なので、初めのうちは、毎年利用者が多い、以下のような大手3社から利用するのがおすすめ!

おすすめの大手就活エージェント

  1. ミーツカンパニー就活サポート」:入社実績15,000名以上 / おすすめ就活エージェントNo1!
  2. キャリアチケット」:年間サポート支援1.4万人 / 紹介求人の質は業界トップクラス!
  3. JOBRASS新卒紹介」:面談満足度93% / 設立50年以上の老舗企業が運営

上記3サービスの詳しい詳細は、「おすすめ就活エージェントランキング」で紹介してますが…

あまり悩みたくない方は、とりあえず「ミーツカンパニー就活サポート」に相談しておけばOKです!

地方求人含めた、「全国エリアの穴場求人」を多く保有しており、「内定獲得は最短1週間」!

利用者満足度も91%と高く、他サービスに比べて「アドバイザーの品質」が安定しています。

ミヤッチ
公式サイトに「求人の紹介実績」や「内定者の声」も載ってるので、ぜひ参考にしてみてください。

ミーツカンパニー公式サイト「https:www.meetscompany.jp/

 

ステップ②:逆求人サイトの導入

ミヤッチ
売り手市場なのに内定が取れない場合の対策2つ目は「逆求人サイトの導入」です!
ミヤッチ
ちなみに、逆求人サイトは以下のような流れで企業からスカウト獲得が狙えるサービス!
  • step.1

    逆求人サイトに自己PRやガクチカを登録

  • step.2

    あなたのプロフィールを見た企業からスカウトが届く

  • step.3

    スカウトが届いた企業とやり取りをする

  • step.4

    スカウト企業の選考に参加する

25卒の6月からの就活は、逆求人サイト経由で学生を採用する企業が増える見込みです!

今後、エントリーできる企業が少なくなっていくからこそ…

マイナビやリクナビ以外の窓口を確保して、企業と接触できる機会を作っておくのは必須!

まずは、逆求人サイト最大手の「OfferBox」から導入しておきましょう。

OfferBoxの特徴

  1. 逆求人サイトの中でもっとも有名なサービス
  2. 25卒の利用者数は「193,000人」
  3. 1,000社以上の東証プライム企業が登録
ミヤッチ
公式サイトに「スカウト企業」や「サービス特徴」が詳しく載っているので、合わせて確認してみてください。

OfferBox公式サイト「https://offerbox.jp/

 

ステップ③:企業研究のやり方取得

ミヤッチ
25卒の就活対策3つ目は「企業研究のやり方を取得する」です!

というのも、「就活エージェント」や「逆求人サイト」は確かにおすすすめのサービスです!

ただ、アドバイザーが紹介してくれた企業や逆求人サイト経由のスカウト企業があなたに100%マッチしているとはかぎりません!

なので、「就活エージェント」や「逆求人サイト」経由の企業であっても企業研究は必須です!

ミヤッチ
ちなみに、企業研究のやり方は、以下記事にまとめておきました。
ミヤッチ
ぜひ、企業研究のやり方がわからない方は、合わせて確認してみてください。

 

ステップ④:面接対策の実施

ミヤッチ
25卒の就活対策4つ目は「面接対策の実施」です!

ちなみに、面接対策はステップ①で紹介した「就活エージェント」を利用すれば、アドバイザーが対策してくれます。

ただ、同じ相手と面接練習をしすぎると、どうしても緊張感がなくなってきてしまいます。

なので、以下いずれかのパターンで、相手を変えながら「模擬面接を最低5回」はおこなっておきましょう!

パターン メリット デメリット
キャリアセンター 手軽 / リクルート出身のOBがいれば最強 民間企業の就職経験がない方も多い
友人同士 手軽 / 和気あいあいと気兼ねなくできる プロ視点のアドバイスがない
就活エージェント 就活のプロから模擬面接を受けられる アドバイザーの質に左右される

模擬面接の依頼先

  1. キャリアセンターが一番おすすめ!
  2. 友人同士の模擬面接はアドバイスが甘くなりがちなので注意…
  3. 就活エージェントもプロ視点のアドバイスがもらえるのでおすすめ!

上記のとおり、一番確実かつ手間が少ないのは大学のキャリアセンターを利用した模擬面接!

志望企業のOB・OGがいれば紹介してもらうのもおすすめです。

 

【まとめ】売り手市場なのに就職できない場合は「就活エージェント」一択

ミヤッチ
今回は、売り手市場なのに就職できない理由を中心に紹介しました!
ミヤッチ
繰り返しになりますが、売り手市場でも就職できない人は以下3つの特徴があります。

売り手市場でも就職できない人の特徴

  1. 大手企業ばかり志望している
  2. 就職活動を始める時期が遅い
  3. 誰にも頼らずに就職活動をしている

とくに、大手企業ばかり志望していると売り手市場でも内定獲得は難しいです。

というのも、大手企業は「買い手市場」なので、内定獲得の難易度はかなり高かったりします。

だからこそ、売り手市場にもかかわらず内定獲得できていない方は、大手以外も視野に入れましょう。

そして、今回紹介したような、大手就活エージェントを活用しつつ、まずは内定1社目指すのがおすすめです!

おすすめの大手就活エージェント

  1. ミーツカンパニー就活サポート」:内定獲得が最短1週間 / おすすめ就活エージェントNo1!
  2. キャリアチケット」:年間サポート支援1.4万人 / 紹介求人の質は業界トップクラス!
  3. JOBRASS新卒紹介」:面談満足度93% / 設立50年以上の老舗企業が運営

売り手市場であっても、内定1社も獲得できない可能性は誰にでもあります。

だからこそ、無料で使えるサービスはどんどん利用して、就活をうまく乗り越えていきましょう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

年間30万人の「就活生」と「20代社会人」が訪問 ▶︎ アルバイト以外の実績がないFラン大学生が就活奮闘▶︎ 2017年に東証プライム企業に新卒入社▶︎ 人事部で新卒採用を4年経験▶︎ 2023年12月16日【ABEMA(アベマTV)】生出演!▶︎ 当ブログでは、学歴関係なく就活で成功するための【就活情報】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を発信しています!

-就活コラム, 就職活動