20代のキャリア お金の疑問

【東証一部上場企業】社会人3年目の手取りや年収・夏と冬のボーナスを公開!

悩める社会人(男性)
社会人3年目サラリーマンの年収や手取り額が知りたいな…

今回は、上記悩みを抱える方に向けて、世間一般の社会人3年目の平均年収や給料を紹介します。

また、今回は、私の勤めている会社での社会人3年目の年収や夏と冬のボーナスも紹介していきます。

執筆者の勤務会社情報

  • 東証一部上場企業(売上高ランキング300位台
  • 業界:通信業界
  • 従業員数:6,000名超
  • 資本金:約3,500百万円
  • 残業時間は30時間/月程度
  • 完全週休2日制(土日・祝日)

是非、周囲の社会人3年目の年収や手取り額が気になる方は、最後まで読んでみてください。

補足情報

記事後半では、私が年収600万円達成するまでに、一番効果のあった年収アップ方法を紹介しています。
是非、社会人3年目の年収や手取り額に少しでも不満のある方は、確認してみてください。

世間一般の社会人3年目の手取り額と平均年収を紹介!

では、さっそく、社会人3年目の平均年収を国税庁のデータdodaの公開データを参考に紹介していきます。

社会人3年目の平均年収
年齢 25歳〜29歳(国税庁) 25歳(doda)
全体 351万円 344万円
男性 383万円 362万円
女性 309万円 324万円
ミヤッチ
上表の数字をまとめると…

社会人3年目の平均年収と手取り額

  • 社会人3年目の平均年収(全体):347万5,000万円(351万円+344万円÷2)
  • 社会人3年目の平均月収額(全体):28万9,600(347.5万円÷12ヶ月)

なお、上記の社会人3年目(全体)の平均手取り額「28万9,600」は、ボーナス含めた数字となっています。

そのため、ボーナスが夏冬合わせて60万円支給される会社の場合は、「23万9,600円」が平均月収額となります。

また、平均手取り額は、人によって違いますが、仮に税金の控除額を2割とした場合「19万1,680円」となりました。

ミヤッチ
以上、社会人3年目(全体)の平均年収・月収・手取り額をまとめると以下の通りです。

社会人3年目の平均収入

  1. 社会人3年目(全体)の平均年収:347万5,000
  2. 社会人3年目(全体)の平均月収:28万9,600
  3. 社会人3年目(全体)の平均月収:23万9,600(ボーナス夏冬60万円除く)
  4. 社会人3年目(全体)の平均手取り:19万1,680円(2割の税金を控除)
ミヤッチ
余談ですが、社会人3年目は、以下の通り、社会人2年目より住民税の計算期間が延びます。

注意事項

  • 社会人2年目の6月から支払い始める住民税(前年の4~12月の9ヶ月間の給与
  • 社会人3年目の6月から支払い始める住民税(前年の1~12月の12ヶ月間の給与
ミヤッチ
そのため、社会人3年目は、社会人2年目より手取り額が減ることもあるので注意が必要です。

 

20代の年収の中央値について厚生労働省の情報をもとに紹介!

ミヤッチ
ここまで、社会人3年目の平均年収(347.5万円)について紹介しました。
ミヤッチ
ここでは、より実態に近い、20代全体の年収の中央値についても紹介します。

20代の年収の中央値

  • 20代の年収(中央値:全体):248~280万円
  • 20代の年収(中央値:男性):250~290万円
  • 20代の年収(中央値:女性):246~271万円

上記の通り、令和元年賃金構造基本統計調査によると、20代全体の年収(中央値)は、248~280万円となりました。

なお、下図の通り、中央値は、全体に高所得者がいるいないに関係なく、全体の真ん中の数値の平均を表します。

そのため、平均値よりも、実態に即した数字と考えることができます。

とは言え、20代全体の年収(中央値)なので、20歳〜29歳までの年収が含まれている点については、注意が必要です。

是非、一つの参考情報としていただければと思います。

 

東証一部上場企業の社会人3年目の手取り額を赤裸々に公開!

ミヤッチ
続いて、私の社会人3年目の手取り額について紹介していきます。
ミヤッチ
是非、東証一部上場企業の一般社員(総合職)の手取り額の参考情報としてください。
執筆者の社会人3年目の給料情報
額面 手取り額
4月 239,877円 188,543円
5月 241,235円 190,502円
6月 243,540円 187,270円
7月 267,231円 210,240円
8月 249,238円 192,941円
9月 243,102円 187,043円
10月 240,463円 184,307円
11月 239,990円 180,201円
12月 235,459円 189,083円
1月 244,237円 184,285円
2月 237,913万円 178,210円
3月 233,600円 173,851円

上表をまとめると、私の社会人3年目の平均手取り額は「18万7,200円」もらっていました。

なお、私の場合、社会人3年目の頃は、一人暮らしをしており、貯金をする余裕もありませんでした…

社会人3年目の一人暮らしの支出
家賃 80,000円
食費 35,000円
光熱費・水道代 12,000円
通信費 10,000円
娯楽費 20,000円
仕送り 20,000円
合計 177,000円

 

東証一部上場企業の社会人3年目の夏と冬のボーナスを公開!

ミヤッチ
続いて、私の社会人3年目の夏と冬のボーナス額を紹介します。
ボーナス情報
額面 手取り額
6月 626,500円 515,652円
12月 745,500円 638,554円

上表の通り、ボーナスについては、一般企業よりももらっているのではないかと思います。

ただし、私の企業のボーナスが高い理由は、「前払い退職金」が含まれているからです。

そのため、前払い退職金を除くと、もう少し支給額は少なくなります!

 

東証一部上場企業の社会人3年目の年収を公開!

ミヤッチ
続いて、私の社会人3年目の年収について紹介します。

社会人3年目の年収

  • 私の社会人3年目の年収:428万7,885円
  • 私の社会人3年目の年収(税引後):340万682

上記の通り、私の社会人3年目の年収(428万7,885円)は、世間一般の社会人3年目の平均年収(347万5,000円)を超えることはできました。

とは言え、私の企業は、「退職金がない」ことに加え、ボーナスに支えられており、業績に左右される部分も大きいのですが…

以上が、私の社会人3年目の平均年収となります。

なお、今回の内容を見て、「うわぁ、、自分の年収低っ!!」と感じた方は、このまま読み進めてみてください!
私が社会人5年目で年収600万円達成するまでに、一番効果のあった年収アップ方法を紹介しています!

 

社会人3年目で年収に不満がある方が確認すべき項目3選を紹介!

ミヤッチ
まずは、社会人3年目で年収に不満がある方が確認すべき項目を紹介します。
ミヤッチ
是非、あなたの勤めている企業が、今後年収アップの期待ができるか把握しておきましょう。

 

年収が低いと感じたときに確認すべき項目3選!

ミヤッチ
では、さっそく、社会人3年目で年収に不満がある方が確認すべき3つの項目を紹介します。

年収が上がらない企業の特徴

  • 企業内である程度の給料テーブルが決まっている
  • 社内の優秀な先輩社員の年収が思っているほど高くない
  • 働いている業界の平均年収が高くない

厳しい現実をお伝えすると、上記3つのうち、いずれかに当てはまった場合は、大幅な年収アップは見込めないです…

とくに、ある程度の給料テーブルが決まっている企業は、年功序列の文化が強い特徴があります。

年功序列について

年功序列は、何もせずとも年収が少しづつ上がるメリットはあります。
しかし、平均勤続年数が高い企業は、若手が安月給で40代〜60代の給料を調整しているケースが多いです。

なお、上記現実を踏まえたうえで、私が年収アップにおすすめしたい行動は、「転職」ではなく「転職活動」です。

悩める社会人(男性)
ん…「転職」ではなく「転職活動」ってどういうこと?

と思われた方は、続けて、「転職」と「転職活動」の違いを解説してますので、このまま読み進めてみてください。

 

社会人3年目で年収が低いと感じた場合のたった一つの行動!

ミヤッチ
では、さっそく、年収アップにおすすめした「転職活動」と「転職」の違いを紹介します。

転職と転職活動の違い

  • 転職:今の会社を辞めることを前提として活動。
  • 転職活動:今の会社を辞めずに「市場価値や今後の方向性(キャリア)」を考える活動。

上記の通り、「転職活動」は、今の会社を辞めずに、自分の「市場価値」や「今後の方向性」を考える活動となります。

ミヤッチ
なお、参考までに、私が転職活動を通じて、方向性の決定までおこなった流れを載せておきますね。

転職活動(例)

  • 【転職エージェント】:自分に合った転職サービスを探す。
  • 【面談】:いくつかのキャリア面談を通じて「自分の市場価値や方向性」を可視化。
  • 【環境分析】:キャリア面談をもとに、勤め先企業が周囲より恵まれていることに気づく。
  • 【方向性決定】:転職をせずに、強み(文章作成能力)を活かした「ブログ運営」を開始。
  • 【結果】:ブログ経由でAbemaTV出演を果たすことに成功。(収入:5万円/月アップ

あくまで、上記内容は、私が転職活動をおこない得た、一つの結果(ブログ運営で月5万円アップ)でしかありません。

そのため、転職して年収アップする方や転職活動を通じて、自分の強みを分析し、副業に進む方など人それぞれです。

ですが、共通して言えるのは、20代のうちから、転職活動を通じて、キャリアの棚卸しをおこなうのは、かなりおすすめです。

余談

なお、PRTIMESの調査によると、仕事における20代後悔ランキング5位は「キャリアを考える」です。
毎年、ランキング上位は、「人生設計」と「キャリアを考える」であり、後悔している30代が多い結果となっています。

ミヤッチ
是非、30代で後悔しないためにも、20代のうちから今後のキャリアを考えてみてはいかがでしょうか。

"20代の転職活動おすすめランキング

  • 第1位:「マイナビジョブ20's」:累計登録者29万人/マイナビ唯一の20代に特化したキャリアアドバイスが好評。
  • 第2位:「リクルートエージェント」:業界最大手の転職エージェント!求人数は驚異の40万件越え。
  • 第3位:「doda」:転職者満足度No1!非公開求人数もトップクラス(10万件以上)の大手転職サイト。

ポイント

上記の通り、20代に特化したキャリア相談を受けたい方は、「マイナビジョブ20's」がおすすめです!
累計登録者数も29万人を突破しており、大手マイナビの20代に特化した手厚いキャリア相談を受けられます!

ミヤッチ
オンライン面談にも対応しているので、是非、年収に不満のある方は、相談してみてください。

>>マイナビジョブ20'sの面談申し込みはこちら

 

社会人3年目の手取りや年収・夏と冬のボーナスのまとめ!

今回は、世間一般の社会人3年目の年収や手取り額、私の社会人3年目の年収や給料・ボーナスを紹介しました。

社会人3年目の平均収入

  • 社会人3年目(全体)の平均年収:347万5,000万円
  • 社会人3年目(全体)の平均手取り:19万1,680円
  • 20代全体の年収(中央値):248~280万円
  • 私の社会人3年目の年収:428万7,885円
  • 私の社会人3年目の平均手取り:18万7,200円

私自身、社会人5年目(2021年4月)にして、ようやく年収600万円を超えることができました。

とは言え、最近は、転職活動を再開しており、自分の強みを活かした「Webマーケティング」への転職も視野に入れています。

是非、あなたも、「転職」ではなく「転職活動」を通じて、キャリアの棚卸しをおこなってみてはいかがでしょうか?

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

"20代の転職活動おすすめランキング

  • 第1位:「マイナビジョブ20's」:累計登録者29万人/マイナビ唯一の20代に特化したキャリアアドバイスが好評。
  • 第2位:「リクルートエージェント」:業界最大手の転職エージェント!求人数は驚異の40万件越え。
  • 第3位:「doda」:転職者満足度No1!非公開求人数もトップクラス(10万件以上)の大手転職サイト。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間3万人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-20代のキャリア, お金の疑問