広告 ガクチカ 就職活動

ガクチカのアルバイト経験で長く続けたはダメな理由を人事担当者が解説!

悩める就活生
ガクチカでアルバイトを長く続けてきたことをアピールするのはダメですか?
悩める就活生
正直、アルバイトを長く続けてきた以外にアピールすることがなくて…

今回は、上記悩みを解決していきます。

  • アルバイトしかやってこなかったFラン大学生が就活奮闘
  • 2017年4月にFラン大(偏差値42.5)から東証プライム企業に総合職入社
  • 新卒一年目から約4年間 東証プライム企業の新卒採用担当を経験
  • 現在は年間30万人の読者が訪れる就活ブログ運営(AbemaTVの就活特番生出演

なお、本記事は、アルバイト経験をガクチカにすることがNGという内容ではありません。

私自身、アルバイト以外の実績がないFラン大学生でしたが…

アルバイト経験を上手にアピールすることで東証プライム企業へ内定獲得することができました。

アルバイトを長く続けたことだけをガクチカでアピールするのはNG。

しかし、アルバイト経験を上手にアピールできれば高学歴の学生と勝負可能。

今回は、その辺りのノウハウもすべて公開していきます。

ガクチカのアルバイト経験で長く続けたことだけではダメな理由【3選】

ミヤッチ
では、まず始めにアルバイト経験を長く続けたことだけではダメな理由3つを紹介していきます。

ダメな理由

  1. アルバイトを長く続けることは当たり前
  2. 長く続けたことに対する結果や理由を求められるため
  3. アルバイト以外に何もやってこなかった印象を与えるため

 

①アルバイトを長く続けることは当たり前

ミヤッチ
ダメな理由1つ目は「アルバイトを長く続けることは当たり前」だからです。

と言うのも、面接官はガクチカをもとに" あなたがどのような経験をしてきた人材なのか "見極めています。

もう少し踏み込むと" あなたがどのような人材か見極め、あなたの入社後の働き方をイメージ "するために質問。

そのため、アルバイトを長く続けたことだけを面接官に伝えても、入社後の働き方はイメージさせられないのでNGです…

 

②長く続けたことに対する結果や理由を求められる

ミヤッチ
ダメな理由2つ目は「アルバイトを長く続けたことに対する結果や理由を求められる」からです。

繰り返しになりますが、ガクチカでは、面接官にあなたの入社後の働き方をイメージさせることが大切。

そのため、面接官に入社後のイメージを掴んでもらいやすいように、ガクチカに対する結果や理由を伝える必要があります。

ミヤッチ
例えば、以下2つのガクチカの場合、入社後の働き方をイメージさせやすいのはどちらでしょうか?

例文

  1. 私は、〇〇のアルバイトを3年続けてきました。
  2. 私は、〇〇のアルバイトを3年続けたことで仕入れ責任者を任せていただけるまでになりました。

1の場合でも、面接官によっては、" アルバイトを3年続けたなら忍耐はありそう "と思ってくれるかもしれません。

しかし、2の方が、" 責任者を任せられるくらい信頼がある人材なんだ!うちでもまじめに働いてくれそう "といった具体的なイメージをしてもらいやすいです。

そのため、アルバイトを長く続けたことだけをガクチカで伝えるのはNGと言えます。

 

③アルバイト以外に何もやってこなかった印象を与える

ミヤッチ
ダメな理由3つ目は「アルバイト以外に何もやってこなかった印象を与える」からです。

もちろん、アルバイト経験を題材にしたガクチカがダメというわけではありません。

重要なのは、アルバイト経験をアピールする明確な結果や理由が大切です。

閃く就活生
なるほど!面接官はガクチカをもとに学生の入社後の働き方をイメージしているんですね!
ミヤッチ
そうなんです!だからこそアルバイトを長く続けたことを上手にアピールする方法も押さえておこう!

 

ガクチカでアルバイトを長く続けたことを上手にアピールする方法【3選】

ミヤッチ
では続けて、ガクチカでアルバイトを長く続けたことを上手にアピールする方法3つを紹介します。

アピール方法

  1. どのような過程を通じて成果をあげたのか伝える
  2. どのような学びがあったのか伝える
  3. 学びを志望企業でどう活かすか伝える

 

①どのような過程を通じて成果をあげたのか伝える

ミヤッチ
長く続けた実績をアピールする方法1つ目は「成果に対する過程を伝える」です。

と言うのも、私自身、新卒採用を約4年経験していましたが、多くの面接官は成果以上に過程を求めていました。

理由は、ガクチカ含め、成果に対する過程にこそ、学生の人柄が隠れているから。

そのため、ガクチカは、どのような過程を通じて成果をあげたのか伝えるのがポイントです。

 

②どのような学びがあったのか伝える

ミヤッチ
長く続けた実績をアピールする方法2つ目は「どのような学びがあったのか伝える」です。

ガクチカは、" 学生時代に頑張ったこと "の略ですが、学生時代の頑張りから学びまでを伝えて初めてガクチカが完成。

例えば、以下2つの例文だと、間違いなく2の方が面接官へのアピールができていると感じないでしょうか?

例文

  1. 私はアルバイトを3年以上続けてきました
  2. 私はアルバイトを3年続けることで継続力の大切さを学びました

学び(継続力)を明確に伝えることで、まじめに働いてくれるイメージを与えられます。

また、面接官に、" なぜその学び(継続力)が大切と感じたのか? "という話を広げさせる材料を与えられることも可能。

そのため、ガクチカの内容でどのような学びがあったのか伝えるのは必ず押さえておきましょう。

 

③学びを志望企業でどう活かすか伝える

ミヤッチ
長く続けた実績をアピールする方法3つ目は「学びを志望企業でどう活かすか伝える」です。

先ほど、ガクチカは、学生時代の頑張りから学びまでを伝えて初めてガクチカになると紹介しました。

ですが、学びを志望企業でどう活かすかまで伝えられるとガクチカの質が一気に上がります。

私自身、面接官としてガクチカを聞くことは多かったですが、学びをどう活かすかまで話せる学生は少なかったです…

そのため、ガクチカの質を上げるためにも、学びを志望企業でどう活かすかは盛り込んでみてください。

閃く就活生
確かに学びを志望企業でどう活かすか話せると好印象を与えられそうですね!
ミヤッチ
そうなんです!次の章で上記テクニックを使ったガクチカの例文も紹介していきますね。

 

ガクチカでアルバイトを長く続けたことを上手にアピールしている例文【2選】

ミヤッチ
ではさっそくアルバイトを長く続けたことを上手にアピールしている例文2つを紹介!
ミヤッチ
なお、今回紹介する例文は「結論」→「理由」→「具体例」→「結論」を意識して作成しています。

ガクチカの例文

  1. 具体的な数字を成果としたガクチカ
  2. 継続力をアピールしたガクチカ

 

例文①:具体的な数字を成果としたガクチカ

ミヤッチ
アルバイトを長く続けたガクチカ1つ目は「具体的な数字を成果としたガクチカ」の例文です。

例文①

私は、〇〇というコンビニアルバイトを3年続けたことで、仕入れ管理を任せられるまでになりました。
仕入れ担当では、" 棚卸し作業で商品在庫の回転率 "を意識した行動を実施。
例えば、土曜日はお弁当の減りが少なく、菓子類が多くでる傾向を踏まえ店長にフィードバック。
結果、アルバイトを長く続けたことによる信頼と商品在庫を意識した行動が評価につながりました。
なお、私が仕入れ担当になって以降、商品在庫の回転率が32回から16回へ減らすことに成功。
ぜひ、御社でも" 商品在庫率 "を意識した行動をおこない、フードロス問題解決を掲げる御社に貢献します。

上記例文のポイントは、どのような貢献ができるかまで明確にアピールしている点です。

なお、冒頭でアルバイトを長く続けたことをアピールしつつ、メインは仕入れ管理の内容を伝えています。

ポイント

上記ガクチカは、最後の結果で" 商品在庫の回転率が32回から16回に減らした "と記載。
難易度は高いですが、成果に対する付加価値を最後に加えると面接官の興味を一気に惹きつけられるのでおすすめです!

 

例文②:継続力をアピールしたガクチカ

ミヤッチ
アルバイトを長く続けたガクチカ2つ目は「継続力をアピールしたガクチカ」の例文です。

例文②

私は、〇〇というコンビニアルバイトを3年続けたことで、物事に対する継続力が身につきました。
具体的には、アルバイトを長く続けた経験が" 毎日の走り込み5キロ "や" ブログ運営歴3年 "につながっています。
もちろん、これらの継続ができているのは、アルバイトを3年続けた自信が基盤になっているからです。
なお、現在は、御社に入社したときに即戦力となれるよう〇〇資格に挑戦中。
〇〇の資格取得も持ち前の継続力で合格を目指し、御社の事業発展に大きく貢献したいと考えています。

上記例文のポイントは、アルバイトを長く続けたことによる付加価値をメインにアピールしている点です。

冒頭は、アルバイトを長く続けたことによる学びを伝え、実際の学び(成果)に対する具体例を用いて紹介。

こうすることで、面接官へ" どんなことにも諦めずに継続して取り組める人なのかな "とイメージさせることができます。

閃く就活生
具体例を見ると自分のアルバイト経験も上手にアピールできる気がしてきました。
ミヤッチ
基本は、「結論」→「理由」→「具体例」→「結論」を意識しながら作成してみてね!

 

アルバイト経験がアピール可能なガクチカになっているか判断する方法【3ステップ】

悩める就活生
実際にアルバイト経験をもとにガクチカを作ってみたけどどうなんだろう?
悩める就活生
本当に自分の作ったガクチカがアピールできる内容になっているのかな…

と当ブログ経由で質問をいただくことも多いです。(私自身も似たような経験があります)

今回は、そんな悩みを解決できる裏技を紹介して終わりたいと思います。

 

ステップ①:ガクチカをプロに添削してもらう

ミヤッチ
アピール可能なガクチカか判断するためのステップ1つ目は「プロにガクチカを添削してもらう」です。

意外とガクチカ作成だけをおこない満足してしまう方が多いですが、プロ視点の添削を受けることはかなり大切!

プロ視点の添削で、誤字脱字や構成の変更はもちろん、志望業界に合ったガクチカを何パターンか作成してくれるケースも。

そのため、プロ視点のガクチカ添削は必ず受けておくことをおすすめします!

ミヤッチ
なお、ガクチカ添削を受ける場合は、大手を中心にいくつか登録しておけばOKです!!
ミヤッチ
やはり、マニュアルがしっかり整備されている大手運営のサービス品質が1番安定しています。

おすすめの大手就活エージェント

  1. ミーツカンパニー就活サポート」:利用者満足度91% / 株式会社DYMが提供!
  2. LHH就活エージェント」:23年度のオリコン顧客満足度第2位 / 人材業界大手のアデコグループが提供!
  3. キャリアチケット」:毎年1万人以上の就活生が利用 / CMが話題のレバレジーズ株式会社が提供!

上記3つの中でも、アドバイザーの質含めた総合力では「ミーツカンパニー就活サポート」がNo1!

利用者満足度が91%と高水準であり、質の高いアドバイス(ガクチカ添削)が受けられます。

また、ガクチカを一から作成してくれる伴走支援も提供しているので、ガクチカの作成に困っている方にもおすすめです。

ミーツカンパニー公式サイト「https:www.meetscompany.jp/

 

ステップ②:ガクチカを逆求人サイトに登録

ミヤッチ
アピール可能なガクチカか判断するためのステップ2つ目は「ガクチカを逆求人サイトに登録」です。

なお、逆求人サイトはプロフィール(ガクチカなど)を登録するだけでスカウト獲得が狙えるサービス。

プロ視点で添削したガクチカを逆求人サイトに登録してスカウト獲得を狙っていきます。

ミヤッチ
ちなみに、おすすめの逆求人サイト3つも紹介しておきますね。

おすすめ逆求人サービス

  1. OfferBox」:就活生の3人に1人が利用する逆求人サイト最大手のサービス!
  2. キミスカ」:ガクチカ作成に必須の適性検査ツールが高精度のサービス!
  3. ABABA」:最終面接で落ちた経験を登録するとスカウト獲得が狙える逆求人サイト!

上記3つの中でも、OfferBoxは就活生の3人に1人が利用する逆求人サイトの中でも王道のサービス。

スカウト受信率も93.6%となっており、ガクチカを登録する逆求人サイトとしてかなりおすすめです。

OfferBox公式サイト「https://offerbox.jp/

 

ステップ③:スカウトが多かったガクチカを採用

ミヤッチ
アピール可能なガクチカか判断するための最終ステップは「スカウトが多かったガクチカを採用」です。

ガクチカを逆求人サイトに登録するとスカウトが何社か獲得できます。

その中で、もっとも志望業界からスカウトの多かったガクチカを本選考で活用していきましょう。

なお、私の場合は、各ガクチカの直近2週間のスカウト獲得件数を計測期間としていました。

あまりに長い期間を設定するとスカウト件数のカウントが大変になるので2週間がおすすめです。

閃く就活生
なるほど!ガクチカは作成した後にもプロ視点の添削と検証が大切なんですね!
ミヤッチ
そうなんです!以下の方法を知らない方は多いと思うので、ライバルに差をつける意味でも試してみてね!

ダメなガクチカか判断する方法

  1. 作成したガクチカを「ミーツカンパニー就活サポート」を活用してプロ視点の添削を受ける
  2. 完成したガクチカを逆求人サイト最大手の「OfferBox」に登録
  3. 直近2週間で志望業界からスカウトが合った企業数を確認

 

ガクチカでアルバイト経験を伝える場合の注意事項【3選】

ミヤッチ
では最後に、ガクチカでアルバイト経験を伝える場合の注意事項3つを紹介します。

注意事項

  1. アルバイト先の名前は出さない
  2. 虚偽の内容は伝えない
  3. 短期間のアルバイト経験は伝えない

 

①アルバイト先の名前は出さない

ミヤッチ
アルバイト経験を伝える場合の注意事項1つ目は「アルバイト先の名前を出さない」です。

上記の通りでして、アルバイト先の機密情報を守るためにも名前出しは控えましょう。

もちろん、面接官に聞かれた場合も答える必要はまったくないです。

もし伝える場合は、店舗名ではなく「地元のカフェ」や「大手コンビニ」くらいで留めておきましょう。

 

②虚偽の内容は伝えない

ミヤッチ
アルバイト経験を伝える場合の注意事項2つ目は「虚偽の内容は伝えない」です。

正直、就活ではガクチカ含め、経験を盛って話す学生はたくさんいます。

しかし、盛って話すのとウソをつくのでは大きな差があるので注意してください。

ミヤッチ
なお、ガクチカにかぎらず履歴書の詐称は一発アウトなので注意してください。
ミヤッチ
経歴はもちろん、保有資格なども書面に残るので入社後に詰められるケースもあります…

 

③短期間のアルバイト経験は伝えない

ミヤッチ
アルバイト経験を伝える場合の注意事項3つ目は「短期間のアルバイト経験は伝えない」です。

もちろん、短期間のガクチカが絶対にNGというわけではないのですが…

特別な経験がないかぎりは、長期間続けたアルバイト経験をアピールしましょう。

短期間の場合、面接官に深掘りされても答えられないケースは多々あるので注意です。

 

ガクチカのアルバイト経験で長く続けたはダメな理由のまとめ

ミヤッチ
今回は、ガクチカのアルバイト経験で長く続けたことだけではダメな理由を3つ紹介しました。

ダメな理由

  1. アルバイトを長く続けることは当たり前
  2. 長く続けたことに対する結果や理由を求められるため
  3. アルバイト以外に何もやってこなかった印象を与えるため

冒頭でもお伝えしましたが、面接官はガクチカをもとに" あなたがどのような経験をした人材なのか "見極めています。

もう少し踏み込むと" あなたがどのような人材か見極め、あなたの入社後の働き方をイメージ "しています。

アルバイトを長く続けたことだけを面接官に伝えても、入社後の働き方はイメージさせられないのでNG。

そのため、今回紹介した以下3つの内容を意識したガクチカ作成をしてみてください。

アピール方法

  1. どのような過程を通じて成果をあげたのか伝える
  2. どのような学びがあったのか伝える
  3. 学びを志望企業でどう活かすか伝える

正直、学業やサークル・ゼミと並行して一つのアルバイトを長く続けている人は少ないです。

だからこそ、ガクチカで得た成果(学び)や過程をしっかり伝えて、高学歴の学生と勝負しておきましょう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

年間30万人の「就活生」と「20代社会人」が訪問 ▶︎ アルバイト以外の実績がないFラン大学生が就活奮闘▶︎ 2017年に東証プライム企業に新卒入社▶︎ 人事部で新卒採用を4年経験▶︎ 2023年12月16日【ABEMA(アベマTV)】生出演!▶︎ 当ブログでは、学歴関係なく就活で成功するための【就活情報】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を発信しています!

-ガクチカ, 就職活動