広告 企業研究 就職活動

【パナソニックへの就職は勝ち組?】就職はやばいと言われている理由含め紹介!

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

パナソニックは、日本の電機メーカー最大手。

創業者は経営の神様と呼ばれた「松下幸之助」であり、創業から100年を超える老舗企業です。

しかし、Google検索すると、" パナソニック 就職 やばい "や" パナソニック 就職 やめとけ "と表示されます。

今回は、そんな「パナソニックに就職できると勝ち組なのか?」徹底解説していきます。

もちろん、「パナソニックの魅力は?」や「パナソニックへ就職する場合の対策」も紹介!

ぜひ、パナソニックへの就職を検討している方は、参考にしてみてください。

【結論】パナソニックに就職できると勝ち組かは人それぞれ

ミヤッチ
ではさっそく、パナソニックへの就職は勝ち組なのか紹介していきます。
ミヤッチ
ぜひ、パナソニックへの就職が勝ち組なのか考える参考にしてみてください。

勝ち組なのか?

 

①勝ち組の定義は入社後の幸福度で決まる

ミヤッチ
タイトルにもある通り、私は「就職の勝ち組=入社後の幸福度」と考えています。
悩める就活生
いやいや… そんな曖昧な回答を求めているわけじゃないよ…

と思われた方がいらっしゃるかもですが、パナソニックにかぎらず、どの企業でも当てはまる定義だったりします!

なお、誰もが知っているような総合商社でも毎年100人は去っています。

そのため、どれだけ勝ち組と言われる企業に就職できても、入社後の幸福度がなければ勝ち組とは言えないのが私の持論です!

 

②世間一般的にはパナソニックへの就職は勝ち組

ミヤッチ
ちなみに、世間一般的には「パナソニックへの就職=勝ち組」と言われることが多いです。

勝ち組と言われている理由

  1. 就職難易度が高いため
  2. 年収が比較的高いため
  3. 福利厚生が整っているため

上記の通り、「就職難易度」や「年収」・「福利厚生」が理由で勝ち組と言われることが多い印象を受けました。

なお、次の章の「パナソニックの就職はやばい?」で詳しく紹介しますが…

確かに就職難易度は難しく、平均年収も719万円と高いです。

そのため、世間一般的な口コミを軸にみると、確かにパナソニックは勝ち組なのかもしれません。

 

パナソニックへの就職がやばいと言われている理由【4選】

ミヤッチ
では続けて、パナソニックへの就職がやばいと言われている理由4つを紹介します。
ミヤッチ
ぜひ、パナソニックへの就職を検討している方は、参考にしてみてください。

やばいと言われている理由

 

①就職難易度が高い

ミヤッチ
就職がやばいと言われている理由1つ目は「就職難易度が高いと言われているから」です。
ミヤッチ
なお、パナソニックの就職難易度はかなり高いのが実情。

パナソニックの就職難易度

  1. 入社が難しい有名企業ランキング179位(出典元:東洋経済調べ
  2. 選考の通過を指標とした就職難易度4.7/5.0(出典元:就活会議
  3. パナソニックの採用倍率は約86.2倍(出典元:リクナビ

上記の通り、どのサイトでもパナソニックの就職難易度は高いと書かれています。

なお、採用倍率については、2022年11月1日付けのパナソニックのリクナビ経由のプレエントリー数60,358名をもとに算出。

2023年新卒採用計画の予定数700名とした場合、60,358名÷700名=約86.2倍と計算できました。

ミヤッチ
ちなみに、パナソニックの学歴フィルターや採用大学については以下記事にまとめています。
ミヤッチ
ぜひ、パナソニックの就職を考えられている方は参考にどうぞ。

 

②将来性がない会社と言われている

ミヤッチ
就職がやばいと言われている理由2つ目は「将来性がない会社と言われているから」です。

なお、パナソニックは、2012年まで2期連続で巨額の赤字を出した経験がある企業。

当時の赤字額は合計1兆5,000億円となり、当時のパナソニックの津賀一宏社長は「もはやうちは負け組」と明言しました。

ミヤッチ
ちなみに、現在のパナソニックの業績がそこまで悪いわけではありません。

※出典元:パナソニックグループ公式サイト

2024年現在、業績が赤字に転落しているわけではなく、当期純利益は年々増加しています。

ただし、日本経済新聞で2017年に大規模リストラしたことを公表。

現在も競合の日立やソニーに比べると売上高や平均年収は劣る結果になっています。

2023年3月期決算 パナソニック 日立製作所 ソニー
売上高 8兆3,789億円 10兆8,811億円 11兆5,398円
平均年収 908万円 1,101万円 915万円

 

③年功序列の文化がある

ミヤッチ
就職がやばいと言われている理由3つ目は「年功序列の文化があると言われているから」です。

日系の大手企業に多い口コミですが、パナソニックも年功序列文化についてささやかれています。

ちなみに、社員口コミサイト「OpenWork」を確認すると、確かにいくつかの年功序列に関する口コミが見受けられました。

口コミ①

年功序列の給与はある意味安心ではあるが、トップの大学で業績ある人と同じ給与水準なのは申し訳なくなる…

口コミ②

基本的に年功序列で評価が決まる!
どんなに優秀でも年齢が各役職の基準に達していないと昇進はできない。

上記口コミのように、年功序列文化を嫌う方の口コミが広がった結果、就職するのはやばいと言われたりしています。

 

④年収が低い割に激務と言われている

ミヤッチ
就職がやばいと言われている理由4つ目は「年収が低い割に激務と言われているから」です。
ミヤッチ
なお、パナソニックの平均年収や残業は以下の通り。
OpenWork2437人の回答結果 平均年収 平均残業時間
パナソニック 719万円 25.8時間/月

パーソルキャリアによると、日本の正社員の平均年収(中央値)は350万円なので、パナソニックは比較的高水準です。

なお、タレントスクエアにて、パナソニックの役職別年収も公表されていたので紹介しますね!

役職イメージ 年次のイメージ 年収のイメージ
C1-C2 2-4年目 400-550万円
P10/P9(主務) 5-8年目 600-800万円
P8(主幹) 8-10年目 800-1,000万円
P7/P6(課長) 10年目以降(実力次第) 1,000-1,200万円
P5/P4(部長) 実力次第 1,200-1,500万円
P3(統括部長/BU長) 実力次第 1,500万円以上
P2(事業部長) 実力次第 2,000万円以上

上表の通り、実力関係なくても年収800万円から1,000万円は狙える企業。

平均残業時間も25.8時間であり、「年収」や「残業時間」という点では、パナソニックへの就職がやばいという実態とは異なる結果になっています。

閃く就活生
なるほど!パナソニックの就職がやばいという理由が明確になりました!
ミヤッチ
良かった!ちなみに、調査を進める中でパナソニックの魅力も大きく3つあったから紹介するね!

 

パナソニックへ就職する魅力3つについて口コミをもとに紹介

ミヤッチ
では続けて、パナソニックへ就職する魅力3つを紹介します。
ミヤッチ
日本を代表する企業なだけあり魅力も多い企業でした!

パナソニックの魅力

 

①研修が充実している

ミヤッチ
パナソニックの魅力1つ目は「研修が充実している」です。

冒頭でもお伝えした通り、パナソニックは日本の電機メーカー最大手。

大手企業なだけあり、社員口コミサイト「OpenWork」でも研修制度に関する良い口コミは多かったです。

口コミ①(出典元:OpenWork)

部署にもよりますが、研修をたくさん受けられるので、実務経験+研修受講という経験を積んで、5-10年程度で外の会社に行くことができる環境です。

口コミ②(出典元:OpenWork)

Udemy for bussinesを会社負担で利用でき、自己研修の環境は整っている。
また、研修専用の機関が存在するため、そこから自信が学びたい内容を選び上長承認の元で受講することも可能。

上記の中でも、研修専用の機関が存在するのは注目ポイント。

大手企業であるパナソニックの資金力があるからこそ実現できる魅力と言えます。

 

②高い技術力がある

ミヤッチ
パナソニックの魅力2つ目は「高い技術力がある」です。

冒頭でお伝えした通り、パナソニックは創業から100年を超える大手家電メーカー。

社員口コミサイト「OpenWork」にて技術力に関する良い口コミも多かったです。

口コミ①(出典元:OpenWork)

真面目な社風で誠実にコツコツと仕事に取り組み、商品を作り上げていくところ。
黒物家電は厳しいが、白物家電・電材・デバイス系の商品・技術力は高い。

口コミ②(出典元:OpenWork)

なんといっても高い技術力。
幅広な商品開発によって蓄積されたアセットによってグローバルでも戦ってきた実績と今後も勝ちにいけるポテンシャルを持った企業だと思います。

上記の中でもグローバルでも戦ってきた実績は注目ポイント。

国内外で得た経験があるパナソニックだからこそ、技術力は折り紙付きと言えます。

 

③労働環境が良い

ミヤッチ
パナソニックの魅力3つ目は「労働環境が良い」です。

実際、「OpenWork」に寄せられるパナソニックの労働環境に関する良い口コミはかなり多い印象を受けました。

口コミ①(出典元:OpenWork)

有給休暇は取得しやすい。
一斉休暇が長く、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始は長期休暇となる。(部署によって差異あり)
1ヶ月に2日から3日は定時退社日で定時に帰ることが可能。
その他の日も残業が多くならないように、一定の時間を超えるとアラートが出るようになっている。

口コミ②(出典元:OpenWork)

部署にもよるが、私の部署では自由に当日リモートか出社か選択可能。
子供の体調やその日の状況次第で判断できるのはありがたい!

上記口コミ以外にも" 事務だと土日出勤は皆無 "や" 残業がほとんどない "という口コミが非常に多かったです。

この辺りは、大手企業として労働環境の改革をしっかりとおこなっている証拠。

部署によって差は予測されるものの、ワークライフバランスはかなり取りやすい企業であることが伺えます。

閃く就活生
なるほど!プライベートも充実させやすいのはかなり嬉しいかも!
ミヤッチ
プライベートが充実していると心の余裕にも繋がるから幸福度も感じやすいかもですね!

 

パナソニックへの就職が勝ち組だったと感じやすい方の特徴【3選】

ミヤッチ
では続けて、パナソニックへの就職が勝ち組だったと感じやすい方の特徴を紹介!
ミヤッチ
勝ち組=入社後の人生の幸福度であり、その辺りを考慮して紹介していきます!

勝ち組と感じやすい人の特徴

 

①プライベートも充実させたい方

ミヤッチ
パナソニックを勝ち組と感じやすい方の特徴1つ目は「プライベートを充実させたい方」です。

パナソニックの魅力でお伝えした通り、パナソニックの労働環境はかなり良いことが伺えます。

なお、リクナビ2024にて平均有給休暇取得日数は17.2日(2021年度実績)と公表中。

社員口コミや平均残業時間・休暇制度を見てもプライベートを充実させやすい環境が整っている企業と言えます。

以上のことから、「プライベートの充実=人生の幸福度が高い」という方におすすめの1社となっています。

 

②研修の充実した会社に就職したい方

ミヤッチ
パナソニックを勝ち組と感じやすい方の特徴2つ目は「研修の充実した会社に就職したい方」です。

パナソニックは、日本を代表する大手企業なだけあり研修専用の機関が存在する企業。

とくに、若手の方に向けた研修制度はかなり充実しています。

ミヤッチ
なお、私としては、研修制度の充実した企業への入社はかなりおすすめ!

おすすめ理由

  1. 研修制度の充実=従業員を大切にしている傾向にある
  2. 研修で学んだスキルを副業に活かせる
  3. 転職のときに研修で学んだスキルを活かしやすい

上記の通り、研修で学ぶ内容にもよりますが、パナソニックは社会人に必要な基本的な研修が多い傾向。

請求書作成や挨拶・メール文章など、大手企業の研修で学べると今後の仕事に役立ちます。

そのため、「研修制度が充実した環境でスキルアップする=人生の幸福度が高い」という方におすすめの1社となっています。

 

③ブランド力のある企業で働きたい方

ミヤッチ
パナソニックを勝ち組と感じやすい方の特徴3つ目は「ブランド力のある企業で働きたい方」です。

色々と、パナソニックはやばいと言われていますが、それでもブランド力は業界トップクラス。

本記事を読んでいるあなたもパナソニック製品を一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか?

このように、パナソニックのブランド力に関してはほかの企業にはない大きな魅力。

「ブランド力のある企業で働く=人生の幸福度高い」という方におすすめの1社となっています。

閃く就活生
パナソニックの魅力が自分の幸福度につながりそうな項目がいくつかありました。
ミヤッチ
勝ち組=入社後の人生の幸福度という部分を意識して企業分析するのが大切だよ!

 

パナソニックへ内定獲得するために取るべき行動【5選】

ミヤッチ
では最後に、パナソニックへ内定獲得するためにかならず取るべき行動5つを紹介します!
ミヤッチ
ぜひ、パナソニックへの就職を目指したい方は参考にしてみてください。

内定獲得するための行動

 

対策①:就活エージェントを導入する

ミヤッチ
パナソニックへ内定獲得するための行動1つ目は「就活エージェントを導入する」です。
ミヤッチ
ちなみに、就活エージェントは、アドバイザーが以下の就職支援を無料でおこなってくれるサービス!

支援内容

  1. キャリア相談(業界・企業研究含む)
  2. あなたに合った求人紹介
  3. エントリーシート・履歴書の添削
  4. 面接対策(模擬面接)
  5. 自己分析サポート・面接後のフィードバック

就活エージェントのデメリット」の記事で詳しく紹介していますが…

正直、パナソニックのような大手企業を紹介してくれる就活エージェントはほとんど存在しません。

しかし、以下のような使い方をすることでパナソニックの攻略確率を上げることができます。

  • step.1

    就活エージェント経由で選考対策(例:ES添削・面接対策など)

  • step.2

    就活エージェント経由の紹介求人をいくつか受けて実戦経験を蓄積

  • step.4

    就活エージェントで学んだノウハウ・経験をパナソニックの選考で活かす

上記は、あくまで就活エージェントをパナソニックを目指すための補助ツールとして使う方法です。

パナソニックを志望する学生の多くは、何かしらの大きな武器をすでに装着ています。

そのため、パナソニックを目指す場合は、「強力な助っ人」という武器を装着して臨むのがベストです!

なお、" 就活エージェントは何がおすすめですか? "と質問をいただくこともありますが…

初めての導入であれば、以下3つの初回面談を受けて一番良かったアドバイザーに相談すればOKです!

おすすめの大手就活エージェント

  1. ミーツカンパニー就活サポート」:内定獲得が最短1週間 / おすすめ就活エージェントNo1!
  2. キャリアチケット」:年間サポート支援1.4万人 / 紹介求人の質は業界トップクラス!
  3. JOBRASS新卒紹介」:面談満足度93% / 設立50年以上の老舗企業が運営

上記3つは、毎年多くの就活生が利用しており、利用者満足度もかなり高いサービス!

各サービスの詳細は、「おすすめ就活エージェント」という記事にまとめてるので導入前の参考にどうぞ。

 

対策②:インターンシップに参加する

ミヤッチ
パナソニックへ内定獲得するための行動2つ目は「インターンシップに参加する」です。
ミヤッチ
と言うのも、パナソニックには以下のインターンシップ優遇があると言われています。

インターンシップ優遇

  1. インターン後のリクルーターとの面談
  2. 本選考前のリクルーターによるES添削・面接練習

パナソニック側からのインターンシップ優遇に関する正式発表はされていませんが…

就活会議のYoutubeにてリクルーターが付いてくれたという情報が公開されていました。

ミヤッチ
なお、パナソニックのインターンシップは以下の3種類があります。

※出典元:パナソニックのインターンシップ公式サイト

インターンシップの実施時期は、公式サイトにてマイページ登録後に通知が届きます。

そのため、パナソニックの内定を目指している方は、かならず登録しておきましょう。

パナソニック公式サイト「https://panasonic.com/

ミヤッチ
なお、パナソニックのインターンシップについては、以下記事で詳しく解説しています。
ミヤッチ
優遇内容やインターンシップ合格に必要な対策も紹介しているので要チェックです!

 

対策③:過去の選考情報をチェックする

ミヤッチ
パナソニックへ内定獲得するための行動3つ目は「過去の選考情報をチェックする」です。

どの企業も一緒ですが、過去の選考情報を確認して対策を練ることは必須。

その中で、パナソニックへ内定獲得できた先輩の選考対策も参考にできれば鬼に金棒です。

そのため、過去の選考情報をしっかりチェックして対策を練るのは、パナソニックの内定獲得に必須と言えます。

ミヤッチ
なお、パナソニックの選考情報や先輩の選考対策は、「Unistyle(ユニスタイル)」に載っています。
ミヤッチ
説明会の後に筆記試験があったなどの細かい情報も載っているので選考前にチェックしておきましょう。

ユニスタイル公式サイト「https://unistyleinc.com/

 

対策④:筆記試験対策をおこなう

ミヤッチ
パナソニックへ内定獲得するための行動4つ目は「筆記試験対策をおこなう」です。

と言うのも、パナソニックは、どのコースの選考に参加しても筆記試験(SPI)があります。

そのため、筆記試験対策は必須です。

なお、筆記試験対策は、SPI3の問題集をひたすら解く以外の対策はありません…

と言うのも、筆記試験は、問題の難易度よりも時間が足りなくて苦戦する学生が多い選考だからです!

そのため、大学3年生12月には「SPI3の問題集」を購入して対策していきましょう。

 

対策⑤:面接練習をおこなう

ミヤッチ
パナソニックへ内定獲得するための行動3つ目は「面接練習をおこなう」です。
ミヤッチ
と言うのも、パナソニックは最終面接に進むまでにも多くの社員と座談会があります。

座談会=面接というわけではないですが、基本的な受け答えや姿勢は見られていると思って間違いなし。

そのため、パナソニックの内定を獲得するためにも面接対策は必須です。

ミヤッチ
なお、面接対策には何パターンかやり方が存在するので紹介しておきますね。
パターン メリット デメリット
キャリアセンター 手軽 / リクルート出身のOBがいれば最強 民間企業の就職経験がない方も多い
友人同士 手軽 / 和気あいあいと気兼ねなくできる プロ視点のアドバイスがない
就活エージェント プロの就職支援を受けられる 担当者の質に大きく左右される

模擬面接の依頼先

  1. キャリアセンターが一番おすすめ!
  2. 友人同士の模擬面接はアドバイスが甘くなりがちなので注意…
  3. 就活エージェントもプロ視点のアドバイスがもらえるのでおすすめ!

上記の通り、一番確実かつ手間が少ないのは大学のキャリアセンターを利用した模擬面接!

最後の就活エージェントについても、初回面談の申し込みという手間はあるものの…

対策①で紹介した「ミーツカンパニー就活サポート」の模擬面接は評判も良いので受けてみる価値ありです!

ミーツカンパニー公式サイト「https:www.meetscompany.jp/

 

【パナソニックへの就職は勝ち組?】就職はやばいと言われている理由のまとめ

ミヤッチ
今回は、パナソニックへの就職は勝ち組なのかを中心に紹介しました。
ミヤッチ
結論は、パナソニックへの就職が勝ち組と感じるかは人それぞれです。

曖昧な回答に感じるかもしれないですが、就職の勝ち組=入社後における人生の幸福度

パナソニックへ就職できたから勝ち組というわけではありません。

なお、パナソニックを色々と調査する中で、以下のような方はパナソニック入社後に勝ち組だと感じやすい可能性が高いです。

勝ち組と感じやすい人の特徴

  1. プライベートも充実させたい方
  2. 研修の充実した会社に就職したい方
  3. ブランド力のある企業で働きたい方

とくに、社員口コミサイト「OpenWork」を見るかぎり、パナソニックの労働環境はかなり良いことが伺えます。

そのため、プライベートを充実させたい方は、パナソニックの就職はおすすめ!

パナソニックは、日本の電機メーカー最大手であり就職難易度も高い企業。

とはいえ、それに見合うだけの魅力があり、ぜひパナソニックへ就職を考えている方は目指してみてはいかがでしょうか?

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

年間30万人の「就活生」と「20代社会人」が訪問 ▶︎ アルバイト以外の実績がないFラン大学生が就活奮闘▶︎ 2017年に東証プライム企業に新卒入社▶︎ 人事部で新卒採用を4年経験▶︎ 2023年12月16日【ABEMA(アベマTV)】生出演!▶︎ 当ブログでは、学歴関係なく就活で成功するための【就活情報】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を発信しています!

-企業研究, 就職活動