Fラン就活論

【完全ロードマップ】Fラン就活生が上場企業へ内定獲得するための方法を紹介!

今回は、「Fラン就活生が上場企業に内定獲得する」ための完全ロードマップとなります。

私自身、以下プロフィールの通り、関西のFラン大学から東証一部上場企業へ就職を決めています。

  • Fラン大(偏差値47)から東証一部上場企業に総合職入社!
  • 新卒一年目から約4年間 関西地区を中心に採用業務を経験!
  • 2021年4月にAbemaTVの就活特番生出演
  • Fラン大から東証一部上場企業へ内定できたノウハウを発信中!

また、上場企業での新卒採用も経験しており、就活に対して、採用側の視点で話せることも多くあると思っています。

今回は、そんな私が、Fラン大学から上場企業へ内定獲得するまでの全体像とやるべき行動を徹底解説していきます。

是非、Fラン大でも上場企業の内定獲得を目指している方は、参考にしてみてください。

ポイント

当記事で紹介する就活サービスは、すべて無料となっています。
そのため、金銭面に余裕のない方でも参考になる構成としておりますので、ご安心ください。

そもそも上場企業とは何かについて紹介!

ミヤッチ
まず始めに、「上場企業とは何か?」について解説していきます。

ポイント

東証一部上場企業とは、東京証券取引所に株式を公開している企業を指します。
なお、東京証券取引所は、下表の4区分の株式市場を運営しています。

区分 詳細
東証一部上場企業 知名度の高い会社が多く、社会からの信頼性も高い。
東証二部上場企業 中堅企業が多く、東証一部上場企業より知名度が劣る。
マザーズ上場企業 ベンチャー企業が多く、東証一部・二部への上場を目指している企業が多い。
JASDAQ上場企業 新興企業が多く、今後成長していくことが期待されている企業が多い。
ミヤッチ
なお、企業が東証一部上場するための基準は高く、総務省調査日本企業全体の0.1%と言われています。

東証一部上場するための基準(一部抜粋)

  • 株主数2,200人以上
  • 時価総額250億円以上
  • 2年間の利益総額が5億円以上、もしくは、時価総額が500億円以上
  • 虚偽記載または不適正意見等がないこと

 

上場企業で働くことのメリット5選を実体験を踏まえ紹介!

ミヤッチ
続いて、上場企業で働くことのメリットを実体験を踏まえ5つ紹介します。

上場企業で働くメリット

  • 社会的信頼度が高い
  • 教育体制が整っている
  • 倒産リスクが低い
  • 有給休暇を取得しやすい
  • 福利厚生が充実している

上記の中でも「教育体制」と「福利厚生」部分については、上場企業で働く大きなメリットと言えます。

上場企業は、中小企業と比較すると、資金を潤沢に有しており、外部へ研修を委託する資金力があります。

また、社員数が多いことで、一人ひとりの業務分散が徹底されており、休暇の取得率が高い企業が多いです。

そのため、仕事とプライベートの両立を実現したい方は、上場企業で働くメリットが高いと言えます。

ミヤッチ
なお、残り3つのメリットについては、以下記事で詳しく解説しているので、参考にどうぞ!

 

就活を始める時期について企業側スケジュールに沿って紹介!

ミヤッチ
続いて、就活を始める時期について経団連企業のスケジュールに沿って紹介します。

経団連加盟企業

  • 大学3年生の6月上旬〜2月中旬:インターンシップ(夏・冬)
  • 大学3年生の3月上旬〜大学4年生の5月末:会社説明会・選考活動
  • 大学4年生の6月上旬〜8月中旬:選考活動・内々定

上記の通り、経団連企業を基準とした場合の就活開始時期は、大学3年生の6月となります。

その後、自己分析や選考対策などをおこない、大学3年生の3月に会社説明会、大学4年生の6月1日から選考開始です。

結果、経団連のルールに沿った上場企業の内定は、大学4年生の6月以降になります。

ミヤッチ
なお、経団連非加盟企業や外資系企業のスケジュールは、以下記事を参考にしてみてください。

注意事項

なお、経験上、Fラン大学生から上場企業の内定を目指す場合、上記スケジュールでは厳しいです。
そのため、後述で、Fラン大学生が上場企業へ内定獲得するための具体的な行動を7つのステップに沿って紹介します。

 

Fラン就活生が上場企業へ内定獲得するための方法を紹介!

ミヤッチ
では、本記事の本題である、Fラン就活生が上場企業へ内定獲得するための方法を紹介します。

Fラン就活生が上場企業へ内定獲得するための方法

  1. 【大学2年生4月〜】就活ブログを開設して情報発信
  2. 【大学3年生6月〜】長期インターンシップへの参加
  3. 【大学3年生10月〜】就活エージェント / 逆求人サービスへ登録
  4. 【大学3年生11月〜】自己分析と業界 / 企業分析開始
  5. 【大学3年生12月〜】筆記試験 / 面接対策の開始
  6. 【大学3年生3月〜】会社説明会 / 選考開始
  7. 【大学4年生6月〜】上場企業へ内定獲得

 

【大学2年生4月〜】就活ブログを開設して情報発信

ミヤッチ
上場企業への内定を目指す場合「就活ブログの開設」から始めましょう。

私自身、就活ブログを運営している経験を踏まえ、以下3つの理由から就活生に始めることをおすすめしています。

就活ブログのメリット

  • 就活情報のインプットとアウトプットができる
  • 面接でアピール可能な実績となる
  • 上手くいけばバイト以上の収益源となる

上記の中でも「面接でアピール可能な実績となる」は、周囲の就活生と差をつける大きな実績となります。

なお、私が就活ブログの実績を面接でアピールする場合は、以下のように伝えます。

ブログ実績のアピール

私は、大学2年生4月から現在に至るまで、月間1万人の集客がある就活ブログを運営しています。
始めた理由は、Web全般のスキル向上に加え、ビジネスで成果を出すためのプロセスを学ぶためです。
結果、ブログ運営を通して、文章力の向上やサイト設計・Webマーケティングスキルの向上につながりました。
また、企業からの掲載依頼を受けることも多く、リアルな商談を学生時代から経験することができました。

ブログ運営は、「個人で挑戦した」ことが一番の実績であり、成功がすべてではありません。

ブログ運営は、ハードルは高いと感じる方も多いですが、周囲と差をつける大きな武器を手に入れることができます。

ミヤッチ
なお、就活ブログは、月額800円〜始めることができ、開設まで30分と比較的簡単です。
ミヤッチ
是非、少しでも興味のある方は、以下記事を参考に開設してみてください。

 

【大学3年生6月〜】長期インターンシップへの参加

ミヤッチ
上場企業の内定を獲得するための方法2つ目は「長期インターンシップへの参加」です。

私自身、3ヶ月間のインターンシップ(ホテル関係)を経験しましたが、以下3つのメリットを得られました。

メリット

  1. 企業へアピールできる大きな実績となった
  2. 自分のやりたい仕事を考えるきっかけとなった
  3. 最前線で働く社員の働き方を間近で見られた

上記の中でも、最前線で働く社員の働き方を間近で見られるは、長期インターンシップの大きなメリットです。

また、長期インターンシップは、有給を条件とした企業も多く、アルバイト以上の収益を得られることも多々あります。

そのため、就活開始まで、まだ時間のある方は、有給の長期インターンを探してみるのをおすすめします。

ミヤッチ
なお、長期インターンシップ掲載サービスは「ユアターン」がNo1です。
ミヤッチ
アルバイト以上の経験と収益を得られる求人掲載が多い、おすすめサービスとなっています。

 

【大学3年生10月〜】就活エージェント・逆求人サービスへ登録

ミヤッチ
上場企業の内定を獲得するための方法3つ目は「就活エージェント・逆求人サービスの登録」です。
  • 就活エージェント:プロの就活エージェントが求人紹介から内定獲得まで一貫して支援
  • 逆求人サービス:自己PRやガクチカを登録することで企業からスカウトが届くサービス

正直、上記サービスは、就活を効率的に進めるために必須のツールです。

とくに、学歴勝負できないFラン大学生は、プロのアドバイザーを早いうちに確保しておくことが大切になります。

ミヤッチ
なお、就活サービスは、とりあえず以下3つを利用しておけば間違いなしです。

おすすめサービス

  • キャリアチケット:就活生の4人に1人が利用!新卒エージェントのオリコン顧客満足度3位!
  • OfferBox:就活生の3人に1人が利用 / 1,000社以上の東証一部上場企業が登録
  • dodaキャンパス:2022年度の逆求人サイトでオリコン顧客満足度No1

 

【大学3年生11月〜】自己分析と業界・企業分析開始

ミヤッチ
上場企業の内定を獲得するための方法4つ目は「自己分析と業界・企業分析の開始」です。

とくに、「あなたという商品を理解する」ための自己分析は、必ずおこないましょう。

なお、自己分析の最初のステップは、「自分の客観的データの収集」となります。

そのため、無料で提供されている適性検査は、最低3つは受けるようにしましょう。

ミヤッチ
なお、私のおすすめする適性検査ツールは、以下3つとなります。

おすすめ適性検査ツール3選

  1. キャリアチケットスカウト(アプリ):自己PRやガクチカ作成に必要なテンプレート機能搭載!
  2. キミスカ:業界No1の精度を誇る適性検査サービス!
  3. OfferBox:就活生の3人に1人が利用!適性診断AnalyzeU+と適性診断360度!
ミヤッチ
とくに「キミスカ」は、私も実際に受けてみましたが、非常に精度の高い適性検査となっています。

 

【大学3年生12月〜】筆記試験・面接対策の開始

ミヤッチ
上場企業の内定を獲得するための方法5つ目は「筆記試験・面接対策の開始」です。

とくに、上場企業は、応募者数が多く、筆記試験を取り入れる企業が多く、対策必須となります。

そのため、上場企業を目指す場合は、大学3年生の12月には、筆記試験対策を始めましょう。

ミヤッチ
なお、筆記試験がどうしても自信ない方は「JOBTV」の活用がおすすめです。

ポイント

「JOBTV」は「自己紹介動画」や「自己PR動画」を登録することで、企業からスカウトがもらえるサービスです。
そして、「JOBTV」経由の企業エントリーは、書類選考や筆記試験がないのが特徴となっています。

ここ最近、「JOBTV」は、日経新聞にも取り上げられており、KDDIやAmazonなどの上場企業も掲載されています。

 

【大学3年生3月〜】会社説明会・選考開始

ミヤッチ
上場企業の内定を獲得するための方法6つ目は「会社説明会と選考への参加」です。

いよいよ、大学3年生の3月になると「合同企業説明会」や「会社説明会」が解禁となります。

また、企業によっては、書類選考や筆記試験・一次面接が始まります。

是非、これまでに積み上げた実績や面接対策を駆使して、選考に臨みましょう。

余談ですが、私の場合、大学3年生の3月は、さすがにアルバイトは入れていませんでした。
正直、毎日の会社説明会や就活エージェントとの面談など、やることが多いので、シフトは入れないのが無難です!

 

【大学4年生6月】上場企業へ内定獲得

ミヤッチ
最後に、自分の志望した上場企業へ内定獲得して終了となります。

志望企業によって違いはありますが、早い方だと大学4年生の6月に内定が出ます。

この辺りは、自分の志望企業が、例年、どのタイミングで内定を就活生に出しているか、調べておきましょう。

志望企業の内定タイミングを目標とすることで、スケジュールが立てやすくなります。

 

Fラン就活生から多く寄せられる質問5つを紹介!

ミヤッチ
では、最後に、当ブログに寄せられる質問を5つにまとめて紹介します。

Fラン就活生からの質問5選

  • 面接でアピールする実績がない場合はどうするべきか?
  • 有料の就活サービスは利用するべきか?
  • 書類選考が全く通らない場合はどうするべきか?
  • 学歴フィルターは存在するのか?
  • Fラン大学生は就活で不利なのか?

 

面接でアピールする実績がない場合はどうするべきか?

T氏(21歳)

今まで、留学や資格取得などおこなわず、アルバイトばかりやっていました。
そのため、面接でアピールする実績がないのですが、どうするべきでしょうか?

ミヤッチ
結論、今すぐ就活ブログを始めて実績としましょう。

正直、Fラン大学生が上場企業へ内定するには、周囲の就活生と同じような実績では、厳しいです。

そのため、始める期間関係なく、「個人で挑戦した実績(経験)」として、就活ブログでインパクトを残しましょう。

ポイント

なお、就活ブログは、月額800円の年間9,600円から始めることができます。
低予算ながら、形のある実績を残せるのは、就活ブログの大きなメリットと言えます。

 

有料の就活サービスは利用するべきか?

M氏(21歳)

最近、友人に就活塾という有料の就活サービスを勧めまれました。
無料の就活サービスが多くある中で、有料の就活サービスは利用するべきでしょうか?

ミヤッチ
結論、有料の就活サービスは利用をおすすめしません。

理由は、無料の就活サービスの質が、有料の就活サービスと遜色ないためです。

ミヤッチ
なお、就活サービスは、とりあえず以下3つを利用しておけば間違いなしです。

おすすめサービス

  • キャリアチケット:就活生の4人に1人が利用!新卒エージェントのオリコン顧客満足度3位!
  • OfferBox:就活生の3人に1人が利用 / 1,000社以上の東証一部上場企業が登録
  • dodaキャンパス:2022年度の逆求人サイトでオリコン顧客満足度No1

 

書類選考が全く通らない場合はどうするべき?

S氏(22歳)

上場企業を中心に選考を受けていますが、書類選考が全く通りません。
とくに、筆記試験の通過率が低く、どうするべきか悩んでいます、、

ミヤッチ
結論、1ヶ月かけて、筆記試験の参考書を3周して問題に慣れましょう。
ミヤッチ
ただし、筆記試験がどうしても自信ない方は「JOBTV」を活用しましょう

ポイント

「JOBTV」は「自己紹介動画」や「自己PR動画」を登録することで、企業からスカウトがもらえるサービスです。
そして、「JOBTV」経由の企業エントリーは、書類選考や筆記試験がないのが特徴となっています。

ここ最近、「JOBTV」は、日経新聞にも取り上げられており、KDDIやAmazonなどの上場企業も掲載されています。

 

学歴フィルターは実在するのか?

M氏(20歳)

最近、上場企業の選考は、学歴フィルターがあるというウワサを聞きました。
実際、上場企業を中心とした選考では、学歴フィルターはあるのでしょうか?

ミヤッチ
結論、学歴フィルターは存在します。

とくに、上場企業は、応募者数が多いため、応募者のスキルや実績ではなく、学歴で判断をすることが多いです。

そのため、就活において、学歴フィルターは避けては通れない道となっています。

 

Fラン大学生は就活で不利なのか?

T氏(21歳)

Fラン大学生は就活で不利という記事を多く見かけます。
実際、Fラン大学生は、なぜ就活で不利なのか、詳しく聞きたいです。

ミヤッチ
結論、Fラン大学生は就活で不利です。

不利な理由

  • 就活に積極的な学生が周囲にいない
  • SPIなどの学力試験で落ちる
  • 大学のキャリアセンターからの求人が少ない

上記理由は、以下記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

 

Fラン就活生が上場企業へ内定獲得するための方法のまとめ!

今回は、上場企業の内定を目指すFラン就活生へ、以下内容を解説しました。

本記事の内容

  • そもそも上場企業とは何かについて
  • 上場企業で働くメリット5つと就活を始める時期について
  • Fラン大学生が上場企業へ内定獲得するための方法について
  • 当ブログに寄せられるFラン大学生からの5つの質問について

上場企業の中でも、東証一部上場企業は、日本企業全体の0.1%と言われています。

そのため、学歴で差が出ているFラン就活生が、内定を獲得するには、「正しいやり方」と「努力」が必要です。

是非、今回紹介した、以下7つのステップを実践し、上場企業への内定を掴み取ってください。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間3万人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-Fラン就活論