Fラン就活論 面接対策

就活で必須の「志望動機」の書き方を現役人事が徹底解説!

就活で必ず聞かれる「志望動機」を人事担当者が新卒に徹底解説!
ミヤッチ
ミヤッチ
皆さんこんにちは!
新卒1年目から大手企業の人事業務を3年以上担当しているミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の悩みについて解説していく記事です!

読者の悩み

  • 面接で志望動機を聞かれても何を話していいか困ります。
  • 志望動機をエントーシートに書くときいつも空白です。
  • 志望動機がいつも薄っぺらい内容を書いてるように感じる。

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • 志望動機を聞いてくる企業側の目的を徹底解説!
  • 志望動機は自分の言葉で語ることが大切な理由を徹底解説!
  • 志望動機の書き方を3つのポイントと例文に沿って現役人事が徹底解説!

人事担当者として、就職活動をおこなう学生と面接で多く関わる中で、志望動機を苦手としている学生が多い印象を受けています。

なお、私が就活をしていた頃に最も苦手だったのは、会社ごとの志望動機を考えることでした。

そこで、この記事では「志望動機を聞いてくる企業の目的」や「志望動機の書き方」など、志望動機に関する内容を徹底解説していきます。

なお「面接で志望動機を聞かれても何を話していいか困ります」や「志望動機をエントーシートに書くときいつも空白です」と言った疑問には、以下2つの記事を参考にしてみてください。

さらに志望動機に対する対策が深まるはずです。

スポンサーリンク

就活で志望動機を必ず聞く企業の目的は?

ここでは、そもそも志望動機を聞く企業には、どのような目的があるのか解説していきます。

ミヤッチ
ミヤッチ
結論、志望動機を企業側が聞いてくる目的は以下の通りです。


  • 自社への入社意欲の高さ
  • 就活生の将来のビジョンを知るため
  • 就活生が企業分析をしっかりできているか

上記の中でも「自社への入社意欲の高さ」と「就活生の将来のビジョンを知るため」が、企業としては必ず知っておきたい項目と言われています。

それもそのはず、企業として最も損失が大きいのは、入社してすぐに退職されることです。

私の会社では、新卒の採用から育成までにかかる費用は1人あたり200万円はかかります。

そのため、早期退職されると会社として大きな損失につながります。

なので、企業側としては、志望動機を聞いて「なぜその会社でなければならないのか?」や「入社後にどのようなことがしたいか考えているのか?」と言った、志望度をしっかりと確認して、学生と企業側のミスマッチをできるだけ減らそうと考えているのです。

 

志望動機は自分の言葉で語ることが大切!

ここでは、志望動機を話すうえで私が最も大切だと思う言葉を紹介します。

ミヤッチ
ミヤッチ
それは「志望動機は自分の言葉で語ることが大切!」ということです。

よく書けている志望動機の特徴として、志望動機にしっかりとした”軸”がある共通点があります。

これの意味するところは、自分が行きたいと思っている会社に愛着があるということです。

逆に、志望動機で落とされる学生は「自分のモノサシでその会社を見れていない」可能性が高いです。

志望動機で大切なことは「志望動機は自分の言葉で語る」とお伝えしましたが、自分の言葉で志望動機を語れないのであれば、「先輩のモノサシ」や「世間のモノサシ」に大きな影響を受けてるかもしれません。

では、自分のモノサシでその会社を見て、自分の言葉で語るにはどうすれば良いかというと「自己分析を徹底すること」です。

自分のモノサシを固めるうえで志望動機は重要なバロメータになります。

なので、志望動機を書いたり話すときに立ち止まってしまったら、企業分析に立ち返るのではなく、自己分析のフェーズに立ち返りましょう

なお、自己分析のやり方が分からない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

自己分析のやり方を5ステップで現役人事が徹底解説しています。

また、私のオススメする、完全無料で利用できる自己分析ツールを提供している就活サービス「キミスカ」と「OfferBox」も参考にしてみてください。

 

志望動機の書き方を現役人事が徹底解説!

ここでは、エントリーシートなどで、必ず企業側から求められる「志望動機の書き方」を徹底解説していきます。

ミヤッチ
ミヤッチ
結論、志望動機を書くうえで必ず記載が必要なことは以下の通りです。

  • なぜその業界を志望したのか?
  • なぜその業界の中でもその会社でないといけないのか?
  • あなたの就活に対する軸と企業側の軸が一致していると思う理由とは?

では、これらの内容を細かく紹介していきます。

 

なぜその業界を志望したのか明確にする!

まず、多くの就活生が陥りがちなこととして「なぜその業界を志望したのか?」に対して「なんとなく」と言った考えを持って、就活を始めてしまい撃沈するということが挙げられます。

例えば以下の例だと、どちらの内容が面接官に響くでしょうか?

例①

なんとなく通信業界は伸びてきていると感じた。

例②

5Gなどの通信技術の発展に伴い、国民全員のライフスタイルがより良いものに変化していくこの業界で自分もその技術の一端を担いたいと思っています。

恐らく、後者と答える方が大半かと思います。

人事担当者として少し厳しい意見をお伝えすると「なんとなく」で志望している企業があるのであれば、今すぐ選考を辞退することをオススメします。

もちろん、それはあなたのために伝えている言葉です。

ミヤッチ
ミヤッチ
あなたの将来の大切な時間を「何となく志望している業界」では決して使わないでください。

まずは、なぜその業界を志望したのか、もう一度考える時間を作ってみましょう。

 

なぜその会社でないといけないか明確にする!

なぜその会社でないといけないのかを明確にすることも、志望動機を書くうえで非常に大切です。

私が、志望動機を書くうえでよく使用していた手法は、その会社のホームページに載っている「商品」を徹底的に読み、自分のやりたい事とマッチしている商品か見極める手法です

なお、ホームページを読んでも内容がよくわからないときは、会社の商品ページが載っている問い合わせ先に質問をしていたこともありました。

そもそも企業が志望動機を質問する目的でもお伝えした「なぜその会社でないといけないのか?」は、企業側と学生側のミスマッチを防ぐためにも大切です。

是非、紹介した手法を使って「なぜその会社でなければなければならないのか?」を明確にしてみてください。

 

あなたの軸と企業側の軸が一致していることを明確にする!

最後に、志望動機を書くうえで必ず記載しなければならないことは「あなたの就活に対する軸と企業側の軸が一致していることを明確にする」です。

ここを明確にするには「あなたが企業を選ぶうえで最も重要視していること」を考えること必要があります。

私の場合は、働くうえで最も重要なことは「健康」だと思っていました。

なので、社員の健康を考えた福利厚生が充実しており、現代において最も進化している通信業界を軸に就活をしていました。

なお、「就活の軸の決め方が分からない」と言った悩みをお持ちの方は、以下の記事を参考にしてみてください。

「企業側が就活の軸を聞いてくる理由」や「就活の軸の決め方と面接で聞かれた時の例文」を紹介しています。

 

志望動機の書き方を例文に沿って紹介!

では、最後に上記で紹介した3つの内容をもとに、私が考えた志望動機の例文を紹介します。

なお、こちらは私が考えた志望動機の例文なので、構成は参考にしていただいて大丈夫ですが、内容まで同じものにするのはオススメしません。

なぜならば、「あなたらしさ」が志望動機から消えてしまうからです。

是非、そちらに注意しながら参考にしてみてください、

志望動機例文

私が貴社を志望した理由は、5Gなどの通信技術の発展に伴い、国民全員のライフスタイルがより良いものに変化していくこの業界で自分もその技術の一端を担いたいと思ったからです。

私は高校生の頃に始めてアルバイトでお金を貯めて、携帯電話を購入したのですが、携帯電話で配信される様々なアプリやサービスは私の人生に大きな刺激を与えてくれました。

私はそこで経験した刺激から、5Gなどの通信技術の発展に伴い、さらなる進化を遂げる通信業界に入社することを決めました。

また、通信業界の中でもNo1の地位を気づいている貴社の○○という商品の○○という特徴が私の○○(やりたいこと)と一致しており、貴社を志望しました。

そして、私が就活で軸においている「働く上で重要な健康」に対しての意識が高い貴社の福利厚生にも魅力を感じ、他社と比べて貴社への志望度がより高まりました。

以上、私の貴社に対する志望動機となります。

いかがですか?

今回は、通信業界に関する例文を紹介しましたが、構成はどの業界でも同じだと思うので参考にしてみてください。

 

就活で必ず聞かれる志望動機のまとめ

今回は以下の疑問について人事担当者の経験から徹底解説してきました。

はてな

  • 面接で志望動機を聞かれても何を話していいか困ります。
  • 志望動機をエントーシートに書くときいつも空白です。
  • 志望動機がいつも薄っぺらい内容を書いてるように感じる。

恐らく、本記事の内容を最後まで読んだあなたは、読む前よりも志望動機に対する苦手意識が和らいだのではないでしょうか?

是非、本記事の内容があなたの就活の一つの参考になれば嬉しいです。

では、最後に毎回恒例のゴマッチからの名言コーナーで締めたいと思います。

ゴマッチ
ゴマッチ

おれは落胆するよりも次の策を考えるほうの人間だ。"ぷに!

ゴマッチ
ゴマッチ
最後まで読んでくれてありがとうぷに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】の2つのテーマで運営中!

-Fラン就活論, 面接対策

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.