Fラン就活論 Web就活

Web面接前の模擬面接手順を6ステップに分けて現役人事が徹底解説!

ミヤッチ
ミヤッチ
皆さんこんにちは!
新卒1年目から大手企業の人事業務を3年以上担当しているミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の悩みについて解説していく記事です!

読者の悩み

  • 本番前におこなうべき模擬面接の練習方法が知りたいです。
  • 模擬面接は最低何回おこなう必要があるか知りたいです。
  • 模擬面接をする場合の相談先が知りたいです。

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • Web面接前の模擬面接手順を6ステップに分けて現役人事が徹底解説!
  • 模擬面接は最低3回はやっておくべき理由について解説!
  • 現役人事オススメの模擬面接を完全無料でお願いできる就活サービスを紹介!

Web面接では、対面の面接とは違い、通信環境のトラブルや画面の見え方など、従来とは違うことが多く、本番前には、模擬面接は必ずやっておくべきです。

ただし、ただ模擬面接をおこなうだけでは意味がありません。

しっかりと模擬面接の手順を理解して、模擬面接で必要なものは揃えておくことが大切です。

是非、今回紹介した内容を参考に、Web面接対策で必須の模擬面接をおこないましょう。

スポンサーリンク

Web面接前の模擬面接手順を6ステップに分けて現役人事が徹底解説!

では、早速「Web面接前」に必須の模擬面接手順を6つのステップに分けて解説していきます。

本記事で紹介する手順に沿って模擬面接をおこなうことで、模擬面接の効率が大きくアップするので、参考にしてみてください。

 

履歴書を必ず用意する

Web面接前の模擬面接手順1つ目は「履歴書を必ず用意する」です。

模擬面接をおこなうのであれば、大学が指定している履歴書や自己紹介書などを用意するようにしましょう。

もし、これらの書類が用意できない場合は、普段使用しているノートに、以下のような内容を書き出しておきましょう。

書き出す項目例

  • これまでの大学で学んできたこと
  • ゼミの内容
  • あなたの学部に関する科目で力を入れたこと
  • 学生時代に力を入れたこと
  • 趣味・特技・資格
  • 自己PR

なお、上記項目を考えてみたけど、書けなかったという項目があっても構わないです。

そのときは、模擬面接をしてくれる担当者に書けているところだけ伝え、面談してもらいましょう。

なお、「学生時代に力を入れたこと」と「自己PR」で書くことが浮かばないという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ミヤッチ
ミヤッチ
補足ですが、最初の段階でも、それぞれの項目を200文字以上は書くようにしましょう!

 

目的を持って模擬面接をする

Web面接前の模擬面接手順2つ目は「目的を持って模擬面接をする」です。

例えば「今日は大学で学んできたことを中心に質問をしてもらっても良いですか?」など、自分がどこを苦手としていて、どのような目的で模擬面接をするか明確にするか考えるだけで、模擬面接の効果は大きく上がります。

なお、初めて模擬面接をする方は「今日は模擬面接が初めてなので、作ってきたものを読み上げることがありますが、よろしいですか?」と伝えておきましょう。

模擬面接の担当者も、目的の沿った面接をしてくれるはずです。

 

書類のブラッシュアップをする

Web面接前の模擬面接手順3つ目は「書類のブラッシュアップをする」です。

先ほど、目的を持って模擬面接を受けることがポイントとお伝えしましたが、Web面接に慣れてきたタイミングで、作成した書類を提出できるレベルまで充実させ、少し本番の面接を意識した内容で模擬面接をおこなってみてください。

なお、提出できるレベルの作成書類の文字数としては、400文字以上で作成しておくことをオススメします。

もし、1人で書類を作ることが難しい場合は、後ほど紹介する、「就活エージェント」や「就職課」に相談してみてください。

 

様々な質問をしてもらう

Web面接前の模擬面接手順4つ目は「様々な質問をしてもらう」です。

書類のブラッシュアップがある程度でき、自分の書類の内容について、表情豊かに話すことができるようになってきた段階で、他の質問事項にも答えられるように回答の準備をしていきましょう。

ミヤッチ
ミヤッチ
例えば、以下のような質問をしてもらうようにしましょう。

(例)質問内容

  • 克服したい短所や弱点について
  • 一番の挫折経験について
  • 最近関心を持ったことについて
  • 今までにもっとも打ち込めたことについて

面接では、どのような質問がくるか予測することは難しいですが、答えられるバリエーションは、増やしておきましょう。

なお、多くの質問は、あなたの人間性や行動特性を測るものなので、良い回答などを探すのではなく、自分らしい回答をできるように考えておきましょう。

ミヤッチ
ミヤッチ
また、模擬面接では、逆質問も用意するようにしましょう。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、どのような質問をすべきか浮かばない方は、以下記事を参考にしてみてください。

 

フィードバックは必ずもらう

Web面接前の模擬面接手順5つ目は「フィードバックを必ずもらう」です。

模擬面接では、フィードバックをもらうことは必須です。

なぜならば、模擬面接をする目的は、本番で最高のパフォーマンスを発揮するためだからです。

なので、模擬面接が始まる前には「書類は作ってきたので色々な質問をしてください。また、もっとよくなるようにフィードバックもお願いしたいです。」と伝えましょう。

 

模擬面接は最低3回する

Web面接前の模擬面接手順6つ目は「模擬面接は最低3回する」です。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、摸擬面接は、最低3回する理由としては以下の通りです。

メモ

  • 模擬面接1回目は、Web面接の雰囲気になれる。
  • 模擬面接2回目は、目的を持ちながら書類を作って面接を受ける。
  • 模擬面接3回目でブラッシュアップした書類をもとに本番と同様の面接をする。

上記の通り、本番と同様の模擬面接をするにも、最低3回はおこなうことが必須だと思います。

なお、数多くの学生の模擬面接を会社のイベントでおこなっていますが、個人的には、5回は、本命の企業を受ける前に練習しておくことをオススメします。

 

模擬面接を完全無料でお願いできる就活サービスを紹介!

結論として、模擬面接は、プロの就活相談が無料でできる「就活エージェント」へのお願いをオススメします。

なお、学生の中には、大学の就職課だけを利用している方が多いですが、模擬面接や履歴書の添削などを大学の就職課だけに絞ると、キャリアセンターだけの意見に偏った対策となってしまうので、あまりオススメしません。

なので、完全無料でプロの就活エージェントに相談ができる「就活エージェント」をオススメしています。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、私がオススメする就活エージェントについては、以下3つです。

ミヤッチ
ミヤッチ
どのサービスも、登録から相談まで全てが完全無料なので、安心して利用できるサービスとなっています。

オススメの就活エージェント3選

  • キャリセン就活エージェント:累計登録者数6万人以上かつ利用から内定獲得までが最短2週間!
  • キャリアチケット新卒エージェントのオリコン顧客満足度 マイナビとリクナビ押さえて堂々の1位!
  • JobSpring:AI分析も取り入れた企業紹介により、入社後3年以内の離職率0.1%の実績!
ミヤッチ
ミヤッチ
なお、利用開始前に詳しく知りたい方は、以下の関連記事を参考にどうぞ!

 

Web面接前の模擬面接手順のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、以下の疑問について解説してきました。

はてな

  • 本番前におこなうべき模擬面接の練習方法が知りたいです。
  • 模擬面接は最低何回おこなう必要があるか知りたいです。
  • 模擬面接をする場合の相談先が知りたいです。

是非、今回紹介した以下の内容を参考に、模擬面接に挑戦してみてください。

本記事のまとめ

  • 履歴書を必ず用意する
  • 目的を持って模擬面接をする
  • 書類のブラッシュアップをする
  • 様々な質問をしてもらう
  • フィードバックを必ずもらう
  • 模擬面接は最低3回する

また、本記事とは別にWeb就活対策の記事を上げてますので、Web面接や説明会が近い方は参考にしてみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】ブログ初心者に向けた「ブログ運営ノウハウ」の3つのテーマで運営!

-Fラン就活論, Web就活

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.