社会人1年目向け 社会人生活

新入社員が有給休暇を取得しても良いのか現役人事が徹底解説!

ミヤッチ
ミヤッチ
皆さんこんにちは!
大手通信業界で勤務中のミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の疑問について解説していきます!

はてな

  • 新入社員が有給休暇を取得することはダメですか?
  • 新入社員が有給休暇を取得するにはどうしたら良いでしょうか?
  • 有給休暇を取得して良かったと思うことはありますか?

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • 新入社員が有給休暇を取得しても良い理由を現役人事が解説!
  • 新入社員が有給休暇を取得するためにすべき行動3選を紹介!
  • 新入社員だった頃の私が有給休暇を取得して良かったと感じたこと2選を紹介!

今回は、タイトルにある通り「新入社員でも有給休暇は取得しても良いのか?」について解説します。

社会人になると、学生時代に比べて休みが少ないのは事実です、

しかし、有給休暇をうまく活用することで、10連休などの大型連休を取得することは可能です。

ミヤッチ
ミヤッチ
有給休暇は、基本的に以下の両方の条件を満たす者であれば10日間付与されます。

有給休暇の条件

  • 6か月以上継続勤務している者!
  • その期間において全労働日の8割以上出勤した者

しかし、新入社員の方は、上記の有給休暇を取得することに悩む方が多い印象です。

ですが、有給休暇は、あなたが持っている権利なので、取得しないと損です。

是非、本記事を読んで、有給休暇を取得しても良い理由や取得するための行動を参考に、有給休暇を取得してみてください。

スポンサーリンク

新入社員が有給休暇を取得しても良い理由を現役人事が解説!

ここでは、新入社員が有給休暇を取得しても良い理由について解説します。

では、結論からお伝えすると、有給休暇は、以下2つの特性があるので、取得して問題なしです。

有給休暇の2つの特性

とは言え、政府が有給休暇を5日以上義務つけても、守らない企業はあります。

また、新入社員にもかかわらず、「上司に有給休暇ください!」と伝えにくい方も多いと思います。

しかし、しっかりと有給休暇を取るための行動をおこなえば、有給休暇取得に文句を言ってくる上司もいないはずです。

 

新入社員が有給休暇を取得するために取るべき行動3選!

では、さっそく、私が新入社員の頃に、有給休暇を取得するために取っていた行動3つを紹介します。

なお、以下の行動を取ることで、反対する上司がいる企業は、「転職活動」か「部署異動」をしましょう。

正直、環境を変える以外に、有給休暇を取得することは困難です。

 

最初の6ヶ月は全力で仕事を学ぶ姿勢を見せる!

私が、有給休暇を取得するために取った行動1つ目は「最初の6ヶ月は全力で仕事を学ぶ姿勢を見せる」です。

冒頭でお伝えした通り、法律上は、有給休暇の付与条件は、6ヶ月以上継続勤務している者が対象です。

つまり、入社して、いきなり有給休暇を付与してくれる会社でない限り、有給休暇を取得することはできません!

なので、最初の6ヶ月間は、上司や周囲の先輩に対して「全力で仕事を学ぶ姿勢」を見せることをオススメします。

なお、「あなた自身の成長」と「関係構築」を意識しながら取り組むことがポイントです。

 

引継ぎを完璧にする!

私が、有給休暇を取得するために取った行動2つ目は「引継ぎを完璧にする」です。

社会人となれば、新入社員であったとしても、仕事に対する「責任」は、必ず生じます。

その中で、あなたが休む間の引き継ぎをおこなっていないにもかかわらず休暇を取るのはNGです。

以上のことから、有給休暇を上司に言う際は、以下を心掛けてみてください。

ポイント

有給休暇を取得したとしても
あなたが受け持っている業務の締め切りが間に合うという
スケジュールをEXCELなどで作成し上司に提出する!

逆に、ここまでの準備をして、反対する上司がいる企業は、「転職活動」か「部署異動」をオススメします。

正直、環境を変える以外に、有給休暇を取得することは困難です。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、新入社員向けの転職サービス載せておくので参考にどうぞ!

ミヤッチ
ミヤッチ
金額も一切発生しないサービスだけなので、リスクなしです。

 

有給休暇を取得した後は全力で仕事をする!

私が、有給休暇を取得するために取った行動3つ目は「有給休暇を取得した後は全力で仕事をする」です。

これは、当たり前のことかも知れませんが、長期休暇後は、ダラけてしまうことが多く注意です。

また、有給休暇を取得した後は、上司や周囲の方にお礼をしっかり言いましょう。

今後も気持ちよく有給休暇を取得する上で必須の行動なので、心がけておくことをオススメします。

 

【実体験】新入社員の頃に有給休暇を取得して良かったこと2選!

最後に、新入社員の頃の私が、有給休暇を取得して良かったこと2つを紹介します。

あなたが有給休暇を取得する後押しとなれば幸いです。

 

精神的ゆとりを持つことができた!

私が、有給休暇を取得して良かったこと1つ目は「精神的ゆとりを持つことができた」です。

新入社員の頃は、大きく分けて以下3つのストレスが多くかかります。

新入社員のストレス要因3つ

  • 周囲に合わせる「同調圧力」からのストレス!
  • 慣れない仕事などの「環境」からのストレス!
  • 様々な年代とかかわる「人間関係」からのストレス!

上記3つの中でも、日本企業に多い「同調圧力」は、非常にストレスを感じやすいです。

社会人1年目で、やる気を出して頑張ろうと思った矢先、個人の感情や意思を抑え、組織の「和」を守る。

この風習が、どれだけのやる気を失わせ、ストレスがかかるか、身をもって体験してきました。

そして、これらのストレスを解消するためには、「休む」ことが必須でした。

若いうちは体力があると言われていますが、心の健康にも注意しながら働くことをオススメします。

 

仕事の生産性が上がった!

私が、有給休暇を取得して良かったこと2つ目は「仕事の生産性が上がった」です。

人間の集中力は「肉体的な疲労」と「精神的な疲労」によって、大きな違いがあります。

私自身、新入社員の頃に、夜の22時まで働くこともありましたが、17時過ぎには、仕事の生産性は下がっていました。

逆に、今では、新入社員の頃の5倍以上の業務をしていますが、平均退社時間は、18時過ぎが多いです。

この差は、有給休暇を活用して、「肉体的な疲労」と「精神的な疲労」を回復させているのが、大きな要因と感じています。

なお、有給休暇の取得以前に、残業時間の多さに悩んでいる方は、以下記事を参考に読んでみてください。

残業の危険な理由や対処法を詳しく解説しています。

 

新入社員が有給休暇を取得しても良いのかについてのまとめ!

いかがでしたか?

今回は、以下の悩みについて解説しました。

はてな

  • 新入社員が有給休暇を取得することはダメですか?
  • 新入社員が有給休暇を取得するにはどうしたら良いでしょうか?
  • 有給休暇を取得して良かったと思うことはありますか?

結論、新入社員だからと言って、有給休暇を取得してはダメな理由はありません。

是非、今回紹介した以下の行動を心がけて、有給休暇を上司に申請しにいきましょう。

本記事の内容

  • 最初の6ヶ月は全力で仕事を学ぶ姿勢を見せる!
  • 有給休暇を取得するために引継ぎを完璧にする!
  • 有給休暇を取得した後は全力で仕事をする

なお、ここまでの準備をして、反対する上司がいる企業は、「転職活動」か「部署異動」をオススメします。

正直、環境を変える以外に、有給休暇を取得することは困難なので、すぐに行動して脱却しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマン「ミヤッチ」です。 学生時代に借金200万円→Fラン大→上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演! 当ブログでは、Fラン学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【Fラン就活論】と社会人生活の中で得た学びや経験を発信する【社会人生活】ブログ初心者に向けた「ブログ運営ノウハウ」の3つのテーマで運営!

-社会人1年目向け, 社会人生活

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.