Fラン就活論 お悩み相談

【Fラン就活論】Fラン大学生は就活に不利な理由4選と取るべき行動4選を紹介!

Fラン大学は就活で不利なのかを解説
ミヤッチ
ミヤッチ
皆さんこんにちは!
新卒1年目から大手企業の人事業務を3年以上担当しているミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の疑問について解説していきます!

はてな

  • Fラン大学生は就活で不利なのでしょうか?
  • Fラン大学生が就活で失敗する原因は何ですか?
  • Fラン大学生が就活で内定獲得するために取っておくべき行動はありますか?

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • Fラン大学生は就活で不利と言われている理由4選を紹介!
  • Fラン大学生が就活で失敗する原因5選を紹介!
  • Fラン大学出身の私が就活中に取っていた行動4選を紹介!

本記事を書いている私は、関西のFラン大学(偏差値48)から、東証一部上場企業の売上高ランキング400位以内の情報・通信業界の企業で総合職として働いています。

今回は、そんな私が、東証一部上場企業に総合職として入社できた方法を余すことなく紹介していきます。

「Fラン大学生は就職できないのかな?」と言った不安を抱いている就活生の方は、是非、最後まで読んでみてください!

スポンサーリンク

Fラン大学生は就活に不利と言われている理由4選を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
まず始めに、結論からお伝えすると、Fラン大学生は就活で不利なことが多いです。

ミヤッチ
ミヤッチ
ここでは、それらの理由を1つずつ詳しく解説していきます。

Fラン学生が就活に不利な理由

  • 企業によっては学歴フィルターがある!
  • 就活に積極的な学生が周囲にいない!
  • SPIなどの学力試験で落ちる!
  • 大学のキャリアセンターからの求人が少ない!

 

企業によって学歴フィルターがある

ミヤッチ
ミヤッチ
まず1つ目は「企業によっては学歴フィルターがある」です。

有名企業などは、毎年応募者が殺到するので、応募者のスキルや実績ではなく、学歴で判断をすることが多いです。

なので、有名企業では、学歴フィルターでみられることが多く、Fラン大学生は、就活で不利と言われています。

 

就活に積極的な学生が周囲にいない

ミヤッチ
ミヤッチ
2つ目は「就活に積極的な学生が周囲にいない」です。

就活で一番大切なのは「情報をキャッチする力」と言われています。

しかし、私の経験上、就活の意識が低い人に囲まれると、就活のモチベーションが上がらず、動き出しが遅くなる傾向にあります。

また、周囲が就活に関する有益な情報を持っていることが少ないので、情報を集めることを放棄してしまう学生も多いの特徴も、Fラン大学生が就活で不利な理由とされています。

 

SPIなどの学力試験で落ちる

ミヤッチ
ミヤッチ
3つ目は「SPIなどの学力試験で落ちる」です。

Fラン大学生は、高学歴の学生と違い、大学時代は勉強をしてこなかったと言う学生が多く、SPIなどの学力試験で落ちる学生が多いことも、就活で不利な理由に挙げられます。

なお、面接は得意というFラン学生を見かけることがありますが、以下の場合、就活の選考をする学生は後者です。

補足

  • 面接◎ / 筆記試験✖️
  • 面接△ / 筆記試験◎

応募が多い企業側は、筆記試験である程度の学生を絞り込む為に、筆記試験において、ボーダーラインを決めていることが多いです。

なので、面接がどれだけ評価が高くても、筆記試験のボーダーラインを割っていれば不合格になります。

 

大学のキャリアセンターからの大手求人が少ない

ミヤッチ
ミヤッチ
4つ目は「大学のキャリアセンターからの大手求人が少ない」です。

就活を始めるにあたり、大学のキャリアセンターを利用する方は多いと思いますが、Fラン大学では大手企業からの求人が少ない傾向にあります。

なぜならば、大学側で大手企業に就職した実績のある学生が少なく、パイプ作りの出来ていない傾向にあるからです。

逆に、偏差値の高い有名大学では、企業側から大学へ求人を出させて欲しいと言った依頼もあるので、有利と言われています。

 

Fラン大学生が就職で失敗する原因5選!

ミヤッチ
ミヤッチ
私が、実際に学生時代に感じた、Fラン学生が就活で失敗する以下5つの原因について紹介します。

Fラン学生が就活で失敗する理由5選

  • 周囲と足並みを揃えて就活をスタートさせる
  • 就活の情報に対して受身な姿勢
  • 就活のゴールを内定と考えている
  • 資格を一つも持っていない
  • 自己分析や企業研究・面接対策を全くしない

なお、Fラン大学生の傾向などについては完全な所感になります。

そちらだけは、ご理解いただいた上で、あなた自身が当てはまっていないか確認してみてください。

 

周囲と足並みを揃えて就活をスタートさせる!

ミヤッチ
ミヤッチ
1つ目の就活で失敗する原因としては「周囲と足並みを揃えて就活をスタートさせる」です。

Fラン大学では、就活に対して意識が低い学生が多く存在します。

とは言っても、Fラン大学に限った話ではないですが、意識が低い学生の比率は、やはりFラン大学の方が多い傾向にあります。

そして、そのような環境にいると「周囲もまだまだ動き出してないから大丈夫か」と考え、気づけば就活に出遅れるということが起きます。

なお、今読んでいて「就活の始める時期はいつから?」と言った疑問を抱いた方は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

就活の情報に対して受身な姿勢!

ミヤッチ
ミヤッチ
2つ目の就活で失敗する原因としては「就活の情報に対して受身な姿勢」です。

先ほどもお伝えしましたが、就活で一番大切なのは「情報をキャッチする力」です。

高学歴の大学では、昔からの習慣で他大学とのパイプが強い傾向にあります。

そして、そこから得た情報をもとに就活エージェントを活用したり、インターンシップに3年生の夏から参加するなど、自ら行動しています。

しかし、Fラン大学では、他大学とのパイプが弱い傾向にあり、就活に対する情報量が不足していくことで、だんだんと他大学との差が開いていく傾向にあります。

 

就活のゴールを内定と考えている!

ミヤッチ
ミヤッチ
3つ目の就活で失敗する原因としては「就活のゴールを内定と考えている」です。

よく、人事担当者として学生と話をしていると「内定がどうしても欲しいです!」と言われることがあります。

しかし、就活のゴールを内定と考えている就活生は、以下のような特徴があります。

内定がゴールの学生の特徴

  • 面接で「志望動機」や「将来のビジョン」などの回答内容が薄い。
  • 就職は出来たものの、すぐに辞めてしまい、次の就職先を探す学生が非常に多い。

なお、Fラン大学生ほど、「とにかく内定が欲しい」と思っている方が多く「就活のゴールを内定と考える」傾向にあります。

上記内容の中で、面接の質問対策をしないとダメだなと考えている方は、当記事の質問対策記事を読んでみてください。

 

資格を一つも持っていない!

ミヤッチ
ミヤッチ
4つ目の就活で失敗する原因としては「資格を一つも持っていない」です。

Fラン大学生ほど「資格など持っていても意味はない」と目を背ける傾向にあります。

しかし、人事担当者の目線で答えると、「資格のような目に見える実績」は、それだけ努力してきたのだなという評価ポイントになります。

なので、少しでも自分の興味が持てる資格取得がある場合は、挑戦してみてください。

なお、社会人になってからも役に立つ、「低難易度」で「実用性の高い」資格5選を以下記事で紹介しているので、何か資格取得を考えている方は、参考にしてみてください。

 

自己分析や企業研究・面接対策を全くしない!

ミヤッチ
ミヤッチ
5つ目の就活で失敗する原因としては「自己分析や企業研究・面接対策を全くしない」です。

自分が所属していた大学では、3年生の夏の時点でキャリアセンターを利用している学生は、全体の10%に満たないと、大学の掲示に大きく記載されていました。

基本的に、就活は大学3年生の夏には、企業の長期インターンシップに参加し、キャリアセンターなどを利用して自己分析や面接対策・企業研究をするのが理想です。

しかし、この初動がFラン大学では遅い傾向にあり、他大学と差が開いていきます。

なお、「長期インターンシップ」や「自己分析・面接対策」については、以下記事で対策してみてください。

 

Fラン大学出身の私が就活でおこなった行動4選!

ここでは、私がFラン大学出身にも関わらず、就活で通信業界の東証一部上場企業に内定を貰えた経験をもとに、就活でおこなっていた行動を4つ紹介します。

Fラン学生の私がおこなった行動!

  • 周囲の目を気にしない!
  • SNSを活用して他大学の学生と情報共有をする
  • 様々な就活ツールを利用する
  • 社会人として役立つ資格を取得する

上記内容を全て実践することは難しいかもしれませんが、1つ実践するだけでも効果がありますので、出来るところから行動してみてください。

 

周囲の目を気にしない!

ミヤッチ
ミヤッチ
1つ目のFラン大学出身の私が就活でおこなった行動は「周囲の目を気にしない」です。

私は、Fラン大学に所属していることで「どうせ聞いたこともないブラック企業しか就職先がない」と思い込んでいました。

また、Fラン大学に所属していると、就活で他大学の学生と関わっても馬鹿にされるだけだという変なプライドも邪魔して、就活に積極的になれませんでした。

しかし、このような考え方は捨てて「周囲の目を気にしない」という意識改革を大学3年生の頃から始め、就活の動き出しを早めることが出来ました。

 

SNSを活用して他大学の学生と情報共有をする!

ミヤッチ
ミヤッチ
2つ目は「SNSを活用して他大学の学生と情報共有をする」です。

最近では、以下のように就活垢を作って活動している学生がたくさんいます。

まずは、あなた自身も就活垢を作ってたくさんの情報共有をしてみてください。

SNSの活用だけでも就活の情報量は格段に上がりますし、すぐに始められる行動なのでオススメです!

また、私のように、ブログで就活に関する情報を発信しているサイトも発見できるのでオススメです。

 

様々な就活ツールを利用する!

ミヤッチ
ミヤッチ
3つ目は「様々な就活ツールを利用する」です。

就活ツールは、マイナビやリクナビだけだと思われるかもしれませんが、それ以外にもたくさんのサービスがあります。

また、就活サービスは、基本的に完全無料のサービスなので、利用しない手はないです。

就活サービスは、数多くリリースがされているので、何から始めて良いかわからないという方も多いと思います。

そんな方は、人事オススメの就活サービスを10個にまとめた、以下記事を参考にしてみてください。

ミヤッチ
ミヤッチ
全てのサービスが完全無料なのでリスクなしです。

 

社会人として役立つ資格を取得する!

ミヤッチ
ミヤッチ
最後のFラン大学出身の私が就活でおこなった行動は「社会人として役立つ資格を取得する」です。

とは言っても、大学4年生の夏から就活を開始した方は、ここは無視していただいて問題ありません。

資格の勉強に集中しすぎて就活が疎かになれば本末転倒です。

ただし、大学3年生の夏や冬の時期に本記事を読んでいる方は、是非、社会人として役立つ資格を勉強してみてください!

なお、先ほどもお伝えした、社会人として役立つ資格については、以下の記事を参考にしてみてください!

 

Fラン大学生は就活に不利な理由4選と大企業へ就職する行動4選のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、かなり私のFラン大学に対する所感が多く入っていましたが、参考になったでしょうか?

結局のところ、Fラン大学である以上、就活で不利に働くことはあっても有利に働くことはありません!

ですが、「Fラン大学だから無理だ」と思うのではなく「Fラン大学でもいける」と気持ちを切り替えて周囲に流されず積極的な姿勢で就活に臨んでみてください!

なお、Fラン大学出身の私が、就活で有利と感じることも少なからずあり、Fラン大学だからこそ就活で有利に働いたこと3選を解説した記事もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

Fラン大学時代に借金200万円▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、主にFラン大学から東証一部上場企業入社までの経験と4年間の人事経験を掛け合わせた「就活ノウハウ」と20代の社会人生活で役立った「20代のキャリア」発信中!

-Fラン就活論, お悩み相談

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.