広告 Fラン向け 就職活動

【大暴露】学歴フィルターは当たり前なのか元採用担当者が赤裸々に紹介!

悩める就活生
就活において学歴フィルターは当たり前に存在するのでしょうか?
悩める就活生
今後、就活が本格化する中で学歴フィルターの存在が気になっています…

今回は、上記悩みを解決していきます。

  • アルバイトしかやってこなかったFラン大学生が就活奮闘
  • 2017年4月にFラン大(偏差値42.5)から東証プライム企業に総合職入社
  • 新卒一年目から約4年間 東証プライム企業の新卒採用担当を経験
  • 現在は年間30万人の読者が訪れる就活ブログ運営(AbemaTVの就活特番生出演

なお、結論からお伝えすると、就活に学歴フィルターは当たり前に存在します

私自身、就活中に学歴フィルターに合ったこともありますし、採用担当者として学歴フィルターの存在する企業を見てきました。

今回は、この辺りの経験もふまえたうえで、企業が学歴フィルターを導入するのが当たり前の理由3つを紹介!

記事後半には、" 学歴フィルターを導入する企業の見極め方 "や" 学歴に自信のない就活生が取るべき行動3つ "も紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

当記事はこんな方におすすめ

  • 企業が学歴フィルターを使うのが当たり前の理由を知りたい方
  • 学歴フィルターのある企業を見極める方法を知りたい方
  • 学歴に自信がなくても就活で大手企業の内定獲得を目指したい方

【大前提】就活における学歴フィルターはどこから?

悩める就活生
そもそも学歴フィルターってどこからの大学を指すんだろう?
ミヤッチ
と思われた方も多いと思いますので、まずは学歴フィルターについて簡単に紹介します。

学歴フィルターとは、企業が就活の選考で「学歴」を基準に合否を決めることです。
基本的に、偏差値50未満の大学が学歴フィルターの対象と言われています。

なお、偏差値50未満の大学=Fラン大学と世間一般的に使われることも多いです。

この辺りは、サイトによって曖昧な部分も多いですが、当記事における学歴フィルターの基準とさせてください。

ミヤッチ
ちなみに、学歴フィルターにかからない42校という大学も存在します。

学歴フィルターにかからない42校

北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学、一橋大学・東京工業大学・お茶の水女子大学・筑波大学・東京外国語大学・東京医科歯科大学・東京農工大学・電気通信大学・首都大学東京・横浜国立大学・横浜市立大学・千葉大学・埼玉大学、早稲田大学・慶応義塾大学・ICU(国際基督教大学)・上智大学・東京理科大学・学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学・芝浦工業大学、神戸大学・大阪府立大学・大阪市立大学・大阪外国語大学(現在は大阪大学の一部)・奈良女子大学、関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学、名古屋市立大学

ミヤッチ
上記をまとめると、学歴フィルターのボーダーは、「国公立」「MARCH」「関関同立」以上と言えます。

 

企業が学歴フィルターを使うのは当たり前の理由【3選】

ミヤッチ
では続けて、企業が学歴フィルターを使うのが当たり前の理由を3つ紹介します。

学歴フィルターが当たり前の理由

  1. 採用にかけるコストを削減するため
  2. 努力できる人物と評価できるため
  3. 優秀な学生を探す手間が省けるため

 

①採用にかけるコストを削減するため

ミヤッチ
学歴フィルターが当たり前の理由1つ目は「採用コストを削減するため」です。

と言うのも、応募者の多い企業は、ES(履歴書含む)が1,000枚に及ぶことも少なくありません…

その中で、1,000枚のESをすべて確認すると膨大な採用コストが発生。

そう言った、選考にかかる採用コストを削減するために、企業は学歴フィルターを当たり前のように導入しています。

 

②努力できる人物と評価できるため

ミヤッチ
学歴フィルターが当たり前の理由2つ目は「努力できる人物と評価できるため」です。

上記の通り、" 学歴が高い=勉強を頑張ってきた努力できる人物 "として、企業側が評価するケースも多くあります。

もちろん、学歴が低くても大学4年間の中で頑張ってきたことが評価されるべきなのも事実!

しかし、先ほど紹介した通り、人気企業になるほどESすべてのガクチカを確認するケースは少ないです…

 

③優秀な学生を探す手間が省けるため

ミヤッチ
学歴フィルターが当たり前の理由3つ目は「優秀な学生を探す手間が省けるため」です。
悩める就活生
いやいや…学歴が低くても優秀な学生はたくさんいるでしょう!

というお声をいただくことも多いのですが…

Fラン学生の中から優秀な人を探すよりも上位校から無能を落とす方が楽なのが現実。

結果、学歴フィルターを用いて、優秀な学生を採用する手法を取ることが多いです。

閃く就活生
なんか、学歴フィルターがあるのを知って就活が無理ゲーだと感じてきました…
ミヤッチ
正直、学歴フィルターの存在する企業は諦めて、その他の優良企業を狙っていくのが正攻法だよ!
ミヤッチ
学歴フィルターを導入している企業を見極める方法は次の章で紹介するね!

 

学歴フィルターを導入している企業を見極める方法【3選】

ミヤッチ
ではさっそく学歴フィルターを導入している企業を見極める方法を3つ紹介します。

見極める方法

  1. 内定者に偏差値50未満の大学が存在するか確認
  2. リクルーターがついていないか確認
  3. 選考倍率の高い企業か確認

 

①内定者に偏差値50未満の大学が存在するか確認

ミヤッチ
学歴フィルター導入企業を見極める方法1つ目は「偏差値50未満の大学が存在するか確認」です。

と言うのも、企業の出身大学に偏差値50未満の採用実績があるか否かで、学歴フィルターを判断できるため。

なお、採用実績の調べ方は多種多様ですが、参考までに私が調べていた方法を紹介しますね。

採用実績の調べ方

  1. 大学のキャリアセンター経由で確認
  2. マイナビやリクナビなどの求人サイトで確認

上記の通り、基本は、マイナビやリクナビなどの求人サイトに採用大学は載っています。

例えば、マイナビ2024にてキーエンスの採用実績が載っているのでそちらを確認するイメージです。

ミヤッチ
なお、私は、上記方法に加えて「Unistyle(ユニスタイル)」というサイトも活用していました。

Unistyle(ユニスタイル)は、先輩の選考通過したESが7万件以上見放題のサービス!
また、ESだけでなく" 内定者が面接でされた質問 "などのリアルな選考情報も確認できます。

リアルな選考情報の中には、学歴フィルターに関係のある口コミが見つかることも…

そのため、内定者のリアルな情報を集めるうえでは、「Unistyle(ユニスタイル)」を活用するのもおすすめです。

ユニスタイル公式サイト「https://unistyleinc.com/

 

②リクルーターがついていないか確認

ミヤッチ
学歴フィルター導入企業を見極める方法2つ目は「リクルーターがついていないか確認」です。
ミヤッチ
なお、リクルーター制度について簡単に紹介しますね。

リクルーター制度とは?

リクルーターとは、社員が新卒者の採用活動に関わる制度!
人事部が規制で動けないときの活動・優秀な人材の確保を目的として導入されます。

なお、リクルーターを付ける場合は、企業側にリクルーター分のコストが発生します。

そのため、学歴フィルターを用いてリクルーターをつけるか判断するケースも少なくありません…

 

③選考倍率の高い企業か確認

ミヤッチ
学歴フィルター導入企業を見極める方法3つ目は「選考倍率の高い企業か確認」です。

繰り返しになりますが、選考倍率の高い企業は、学歴フィルターを用いて学生をふるいにかけます。

もちろん、すべての企業が学歴フィルターを導入しているわけではないですが…

選考倍率の高い企業は、学歴フィルターの可能性があることを考えておきましょう。

ミヤッチ
なお、選考倍率の高い企業でも以下の特徴がある場合は、学歴フィルターのないケースが多いです。

学歴フィルターのないケース

  1. 直近3年以内に偏差値50未満の大学で内定が出ている
  2. 選考内容が面接重視となっている

とくに、選考内容が面接重視の場合は、一人ひとりの学生の人柄や能力を見ている企業が多い傾向にあります。

そのため、上記に当てはまる企業は、学歴フィルターを導入していないケースも多いので狙ってみるのも一つの手です。

閃く就活生
なるほど!確かに面接重視であれば人柄を見て採用判断してくれている可能性は高いですね!
ミヤッチ
面接重視の企業なのかはもちろん、直近3年以内の採用大学もぜひチェックしてみてね!

 

学歴フィルターがないと言われているおすすめ大手企業【10社】

ミヤッチ
では続けて、学歴フィルターがないと言われている大手企業10社を紹介!

大手企業10社

  1. 【メーカー】株式会社伊藤園
  2. 【メーカー】カゴメ株式会社
  3. 【メーカー】アサヒビール株式会社
  4. 【メーカー】株式会社キーエンス
  5. 【メーカー】本田技研工業株式会社
  6. 【メーカー】パナソニック株式会社
  7. 【メーカー】TOTO株式会社
  8. 【IT】レバレジーズ株式会社
  9. 【金融】あおぞら銀行
  10. 【不動産】一条工務店

上記の通り、高年収で有名な「株式会社キーエンス」や「パナソニック」は学歴フィルターがないことで有名。

また、人気急上昇中のベンチャー企業「レバレジーズ株式会社」は、学歴フィルターがないことを公式サイトで明言しています。

正直、採用倍率は高い企業ばかりですが、学歴だけで諦める必要はまったくない10社!

ぜひ、学歴に自信がないけど大手企業を狙ってみたいと考えている方は、挑戦してみてください。

閃く就活生
知名度のある大手企業でも中堅大学からの採用実績があることに驚きました。
ミヤッチ
意外と大手企業の採用実績に中堅大学が載っていることは多いよ!
ミヤッチ
ただし、高い競争率を勝ち抜くには次の章で紹介する就活対策は必須だよ!

 

Fラン大学生が学歴関係なく就職活動で勝ち組になるための戦略【3選】

勝ち組の定義

今回の就職活動における勝ち組の定義は、大手含めた優良企業への就職として解説!
優良企業の定義は人それぞれですが、残業25時間以内・年間休日120日以上・スキルアップ可能などの企業とします。

ミヤッチ
では最後に、Fラン大学生が就職活動で勝ち組になるための戦略3つを紹介します。
ミヤッチ
最短ルートで満足のいく就職活動にするための対策としているので参考にしてみてください。

勝ち組になるための戦略【3選】

  1. 大手就活エージェントの支援を受ける
  2. 企業研究のスキルを身につける
  3. ニッチな分野で業界No1の企業を受ける

 

①大手就活エージェントの支援を受ける

ミヤッチ
Fラン大学生の勝ち組戦略1つ目は「大手就活エージェントの支援を受ける」です。
ミヤッチ
なお、就活エージェントとは、以下の就職支援を無料でおこなってくれるサービスを指します。

支援内容

  1. キャリア相談(業界・企業研究含む)
  2. あなたに合った求人紹介
  3. エントリーシート・履歴書の添削
  4. 面接対策(模擬面接)
  5. 自己分析サポート・面接後のフィードバック

" 就活エージェントはゴミなのか? "の記事で詳しく解説していますが…

正直、就活エージェントは、支援をしてくれるアドバイザーとの相性に左右されるという欠点はあります。

しかし、プロ視点の自己分析や業界研究・ES対策・面接対策など、あなたと相性の良いアドバイザーを味方にできれば鬼に金棒

就活を何から始めるべきか悩む必要がないのはもちろん、他の学生よりも精度の高い就活対策が可能です。

そのため、学歴関係なく、就職活動で勝ち組を目指すのであれば、間違いなく利用しておきたいサービスとなります。

ミヤッチ
なお、就活エージェントは大手を中心にいくつか登録しておけばOKです!
ミヤッチ
やはり、マニュアルがしっかり整備されている大手運営のサービス品質が1番安定しています。

おすすめの大手就活エージェント

  1. ミーツカンパニー就活サポート」:内定獲得が最短1週間 / 株式会社DYMが提供!
  2. LHH就活エージェント」:23年度のオリコン顧客満足度第2位 / 人材業界大手のアデコグループが提供!
  3. キャリアチケット」:毎年1万人以上の就活生が利用 / CMが話題のレバレジーズ株式会社が提供!

とくに、内定スピードや求人数・サポート品質など、総合力では「ミーツカンパニー就活サポート」がNo1!

大手企業含めた豊富な求人を取り揃えており、利用者満足度は91%と高い実績を誇ります。

もちろん、大手運営のサービスとは言え、アドバイザーとの相性や各社の保有求人に違いはあるので…

上記3サービスの初回面談を受けて「自分に合っているな」と感じるアドバイザーに協力してもらうようにしましょう!

手間はかかりますが、質の高い就職支援を受けるうえで他社比較は必須の作業です。

ミヤッチ
なお、大手就活エージェント以外も詳しく知りたい方は、以下記事を参考にしてみてください。

 

②企業研究のスキルを身につける

ミヤッチ
Fラン大学生の勝ち組戦略2つ目は「企業研究のスキルを身につける」です。

冒頭で就活エージェントの利用をおすすめしましたが、就活エージェント経由の求人紹介をすべて信用するのはリスクがあります。

と言うのも、就活エージェントは、紹介求人に学生が入社することで収益を得るビジネスモデル!

紹介企業に入社させることだけを考えるゴミのような担当者も存在するからです。

そのため、就活エージェント経由の求人がどのような企業か調べるスキルは身につけておきましょう。

ミヤッチ
なお、企業研究のやり方については、以下記事にまとめているので合わせてチェックしてみてください。

 

③ニッチな分野で業界No1の企業を受ける

ミヤッチ
Fラン大学生の勝ち組戦略3つ目は「ニッチな分野で業界No1の企業を受ける」です。

大手企業も魅力があるのは間違いないですが、ニッチな分野で業界No1の企業も労働条件の良い優良企業が多く狙い目。

もちろん、ニッチな分野で業界No1の企業は、企業研究の上手い優秀な学生が多いのも特徴。

倍率は低いですが、優秀な学生に負けない対策を就活エージェント協力のもとおこなっておくのは必須です。

閃く就活生
なるほど!就活エージェントの利用と企業研究の力は必須って感じですね!
ミヤッチ
そうだね!もちろん知名度の高い大手企業を狙う場合は、さらに多くの就活対策が必要だよ!
ミヤッチ
もし、知名度の高い大手企業を狙いたい方は、以下記事も合わせてチェックしてみてね!

 

企業が学歴フィルターを使うのは当たり前の理由3つのまとめ

ミヤッチ
今回は、企業が学歴フィルターを使うのは当たり前の理由3つを中心に紹介しました。

学歴フィルターが当たり前の理由

  1. 採用にかけるコストを削減するため
  2. 努力できる人物と評価できるため
  3. 有能な学生を探す手間が省けるため

上記の通り、企業側が学歴フィルターを導入するのは当たり前となっています。

もちろん、学歴フィルターを導入せずにすべての学生を評価しようとする企業も存在しますが…

大手企業含めた、応募者の多い人気企業は、採用コストの面でも学歴フィルターで学生の合否を決定するケースが多いです。

とは言え、" Fラン大学生が勝ち組になるための戦略【3選】"で紹介した通り、就活を諦める必要はありません。

しっかりと対策をおこなえば、優秀な学生と対等以上に渡り合うことは十分可能!

ぜひ、学歴に自信がないけど自分の納得のいく企業に内定したいという方は参考にしてみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

年間30万人の「就活生」と「20代社会人」が訪問 ▶︎ アルバイト以外の実績がないFラン大学生が就活奮闘▶︎ 2017年に東証プライム企業に新卒入社▶︎ 人事部で新卒採用を4年経験▶︎ 2023年12月16日【ABEMA(アベマTV)】生出演!▶︎ 当ブログでは、学歴関係なく就活で成功するための【就活情報】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を発信しています!

-Fラン向け, 就職活動