20代のキャリア お金の悩み

【東証一部上場企業】社会人5年目の手取りや年収・夏と冬のボーナスを公開!

読者の悩み

  • 世間一般の社会人5年目の年収ってどれくらいなの?
  • 大手企業の社会人5年目の年収は500万円超えられるの?
  • 社会人5年目で周囲より年収が低いときはどうしたら良いの?

今回は、上記のような悩みを抱える方に向けて、世間一般の社会人5年目の平均年収や給料を紹介します。

また、以下記載の企業に所属している、私の社会人5年目の年収や給料、夏と冬のボーナスも赤裸々に紹介していきます。

私が勤務中の企業情報(プロフィール

  • 東証一部上場企業(売上高ランキング300位台
  • 従業員数:6,000名超
  • 販売拠点:日本全国、シンガポール、タイ
  • 業界:通信業界
  • 資本金:約3,500百万円
  • 毎月の残業時間は30時間程度
  • 完全週休2日制(年間休日126日「2020年実績」)

本記事を読むことで、社会人5年目のあなたの年収が、世間一般の社会人5年目において、どの位置なのかが分かります。

また、東証一部上場企業に勤める私が、年収500万円を社会人5年目に達成できたのかも公開しています。

是非、「社会人5年目の平均年収」や「大手企業の社会人5年目の年収」を知りたい方は、最後まで読んでみてください。

社会人5年目の手取り額と平均年収を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
まず始めに、業界関係ない、社会人5年目の平均年収を紹介します!
社会人5年目の平均年収
年齢 25歳〜29歳(国税庁) 27歳
全体 351万円 376万円
男性 383万円 400万円
女性 309万円 347万円

上図の数字は、国税庁のデータdodaの公開データを参考にしています。

ミヤッチ
ミヤッチ
これらのデータをもとに社会人5年目の平均年収を算出すると以下の通りです。

社会人5年目の平均年収

  • 社会人5年目の平均年収:363.5万円(全体)
  • 社会人5年目の平均年収:391.5万円(男性)
  • 社会人5年目の平均年収:328.0万円(女性)
ミヤッチ
ミヤッチ
また、社会人5年目の平均年収から月収を割り出すと、以下の通りです。

社会人5年目の平均月収額

  • 社会人5年目(全体)の平均月収額は「30万2,917円」
  • 社会人5年目(男性)の平均月収額は「32万625円」
  • 社会人5年目(女性)の平均月収額は「27万333円」

上記数字は、単純に「年収÷12」をしているので、ボーナスを考慮してません。
なので、ボーナスを差し引くと、もう少し平均月収額は少なくなると思います。

ミヤッチ
ミヤッチ
そして、手取りの目安を8割前後で考えた場合の平均手取り額は、以下の通りとなります。

社会人5年目の平均手取り額

  • 社会人5年目(全体)の平均手取り額は「24万2,334円」
  • 社会人5年目(男性)の平均月収額は「25万6,500円」
  • 社会人5年目(女性)の平均月収額は「21万6,266円」

上記の結果、世間一般の「社会人5年目の平均年収が363.5万円」、「社会人5年目の均手取り額は24万2,334円」となりました。

なお、前回の「社会人4年目の平均年収を紹介」の記事で紹介した、「社会人4年目の平均年収(358.0万円)」「平均手取り額(23万8,666円)」と比較したところ、社会人4年目と社会人5年目で、そこまで大きな差は生まれない結果となりました。

 

私の社会人5年目の手取り額を赤裸々に公開!

続いて、先ほどの社会人5年目の平均年収や手取り額と比較しながら、私の手取り額を公開していきます。

東証一部上場企業の社会人5年目の給料がどれだけ貰えるのか参考になるかと思います。

執筆者の社会人5年目の給料情報
額面 手取り額
4月 419,596円 295,228円
5月 364,861円 288,337円
6月 384,613円 278,760円
7月 417,707円 309,494円
8月 359,872円 250,183円
9月 408,721円 294,885円
10月 382,169円 270,473円
11月 337,325円 228,544円
12月 339,611円 238,060円
1月 315,995円 208,068円
2月 350,568円 241,237円
3月 363,285円 253,346円

上表をまとめると、1年を通しての平均手取り額は、約26万円貰っている結果になりました。

なお、私の会社では、家賃補助が出るのですが、私は、毎月家賃補助超過分の5万円が毎月引かれてますので、実際は、上表の額面にプラス5万円が正しい数字となります。

今回、一応、「社会人5年目の平均手取り額は24万2,334円」を超えることができ、良い結果で終われました。
しかし、月の残業を45時間以上していたことも多々あり、残業代がなければ、平均を下回っていたかと思います!

 

私の社会人5年目の夏と冬のボーナスを赤裸々に公開!

ミヤッチ
ミヤッチ
続いて、私の社会人5年目の夏と冬のボーナスを紹介します。
ボーナス情報
額面 手取り額
6月 750,600円 591,489円
12月 840,200円 680,242円

上表の通り、私のボーナスは、コロナ禍にもかかわらず、社会人4年目と同水準の額面で80万円以上貰うことができました。

なお、ボーナスが高い理由は、「退職金がないこと」に加え「業績が伸びている」ことが要因です。

なので、一般企業のように退職金がないことを考慮すると、すこし複雑な気持ちになる金額となっています。

とは言え、コロナの影響で、大手企業(自動車業界・飲食業界が中心)に勤めている、周囲の友人は、10万円~20万円ほど下がったという意見もあったので、そこまで悲観的になることもない結果となりました。

 

東証一部上場企業の社会人5年目の年収を公開!

では、ここまで紹介してきた、毎月の手取り額と夏と冬のボーナスをもとに、私の社会人5年目の年収を紹介します。

私の社会人5年目の年収

  • 社会人5年目の年収:「6,035,123円(額面)
  • 社会人5年目の年収:「4,428,346円(手取り額)

上記の通り、私の年収(6,035,123円)は、社会人5年目の平均年収(約3,560,000円)を超えることができました。

なお、年収と手取り額に大きな差が出ているのは、毎月の家賃補助超過分の5万円が差し引かれているためです。

なので、毎月の給料から引かれている、家賃補助超過5万円がなければ、手取りでも5,000,000円達成していたと思います。

以上のことから、東証一部上場企業(通信業界)の社会人5年目は、年収5,000,000円は達成できる結果となりました!

なお、今回の内容を踏まえた上で、「うわぁ、、自分の年収低っ!!」と感じた方は、次に紹介する「年収が上がらない企業(環境)の特徴3選」に自分が当てはまっていないか、確認してみてください。

 

社会人5年目で年収に不満がある方が確認すべき項目3選を紹介!

ではさっそく、年収が低いと感じた方が確認しておくべき3つのことを紹介します。

また、年収が低いと感じたときに取るべき行動も紹介してますので、参考にしてみてください!

 

年収が低いと感じたときに確認すべき項目3選!

結論、自分の年収に少しでも不満を感じた方は、以下3つの項目に自分が当てはまっていないか確認してみてください!

年収が上がらない環境の特徴

  • 企業である程度の給料テーブルが決まっている
  • 社内の優秀な先輩社員の年収が思っているほど高くない
  • 働いている業界の平均年収が高くない

厳しい現実をお伝えすると、上記3つのうち、いずれかの項目に当てはまった場合は、あなたが、今の会社で働き続けても大幅な年収アップは見込めないかと、、

とくに、業界年収が低いのはもってのほか、給料テーブルが決まっている場合も、以下のような企業側のリスクが高いことから、年収アップは厳しいです!

  • 【企業側の人件費増】:従業員500人✖︎1人あたり1万円/月増=500万円/月の企業側の人件費増
  • 【規定の見直し】:賃金テーブル変更による人事評価制度の抜本的見直しによる稼働リスク

なお、上記現実を踏まえたうえで、私が年収アップにおすすめしたい行動は、「転職」ではなく「転職活動」です。

悩める社会人
悩める社会人
ん、、「転職」ではなく「転職活動」ってどういうこと?

と思われた方は、続けて、「転職」と「転職活動」の違いを解説してますので、このまま読み進めてみてください。

 

社会人5年目で年収が低いと感じた場合のたった一つの行動!

では、さっそく、年収アップにおすすめした「転職活動」と「転職」の違いを紹介します。

転職と転職活動の違い

  • 転職:今の会社を辞めることを前提として転職をおこなう!
  • 転職活動:今の会社を辞めることを前提としない「市場価値」を把握する活動!

上記の通り、「転職活動」は、今の会社を辞めずに、自分の「市場価値」や「今後の方向性」を把握する活動となります!

なお、「転職活動」のイメージが掴みやすいよう、私が転職活動を通じて、方向性の決定までおこなった流れを載せておきます。

転職活動(例)

  • 【面談実施】:さまざまな企業と見比べ、勤め先企業が周囲より恵まれていることに気づく。
  • 【適性診断】:いくつかの転職サービス提供の適性診断や面談を通して「自分の強みや弱み」を可視化。
  • 【方向性決定】:勤め先企業で仕事を続けつつ、強み(文章作成)を活かした「ブログ運営」開始。
  • 【結果】:副業として始めたブログでAbemaTV出演を果たすことに成功。(収入:5万円/月アップ)

あくまで、上記内容は、私が転職活動をおこなった一つのモデルケースでしかありません。

ですが、費用もかからず、自分の市場価値(立ち位置)が把握でき、無料でプロのアドバイザーに「仕事の悩みも聞いてもらえる」転職活動は、取り組んでおいて損のない行動です。

転職活動の結果、「年収の高い環境に転職」や「今の環境で副業に取り組み年収アップ」など、進むべき道は人それぞれ。

まずは、自分の「市場価値」や「今後の方向性」を考える意味でも「転職活動」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

私が転職活動で利用したサービス3選

  • 第1位:「マイナビジョブ20's」:マイナビ唯一の20代に特化したキャリアアドバイスや求人紹介が好評!
  • 第2位:「リクルートエージェント」:業界最大手の転職エージェント!求人数は驚異の40万件越え!
  • 第3位:「doda」:転職者満足度No1!非公開求人数もトップクラス(10万件以上)の大手転職サイト!

とくに、20代で実績がないという理由で、年収アップを諦めている方は、「マイナビジョブ20's」がおすすめです!
累計登録者数も26万人を突破しており、大手マイナビの20代に特化した手厚いキャリア相談を受けることができます!

ココに注意

ただし、「マイナビジョブ20's」は、「関東・関西・東海以外の求人」は、少ない傾向にあります。
なので、とにかく多くの求人を確認してみたい方は、リクルートエージェント」の活用をおすすめします。

 

社会人5年目の手取りや年収・夏と冬のボーナスのまとめ!

今回は、大手通信業界の総合職として勤務している、私の社会人5年目の年収や給料・ボーナスを紹介しました。

社会人5年目の平均年収

  • 世間一般の社会人5年目の平均年収は、364万円
  • 大手通信業界の総合職4年目の年収は、約600万円
  • 大手通信業界の総合職4年目の平均手取り額ベースの年収は、約450万円

結果、東証一部上場企業(通信業界)の社会人5年目は、年収5,000,000円は達成できることができました。

是非、今回紹介した数字を参考に、あなたの年収やボーナスと比較してみてください。

また、繰り返しになりますが、「自分の年収が低いと感じた方」は、以下3つの環境に属していないか確認してみてください。

年収が上がらない環境の特徴

  • 企業である程度の給料テーブルが決まっている
  • 社内の優秀な先輩社員の年収が思っているほど高くない
  • 働いている業界の平均年収が高くない

上記3つの項目のうち、1つでも該当すれば、何年働いても大幅な給料やボーナスアップは見込めません。

なので、もしあなた自身が、上記3つの項目のいずれかに当てはまった場合は、「転職活動」をしてみてください!

私がそうでしたが、「自分の進むべき方向性が決まると、年収に対する不満もなくなる」かと!

私が転職活動で利用したサービス3選

  • 第1位:「マイナビジョブ20's」:マイナビ唯一の20代に特化したキャリアアドバイスや求人紹介が好評!
  • 第2位:「リクルートエージェント」:業界最大手の転職エージェント!求人数は驚異の40万件越え!
  • 第3位:「doda」:転職者満足度No1!非公開求人数もトップクラス(10万件以上)の大手転職サイト!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間2万5000人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-20代のキャリア, お金の悩み

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.