20代のキャリア お金の悩み

【東証一部上場企業】社会人5年目の手取りや年収・夏と冬のボーナスを公開!

悩める社会人
悩める社会人
社会人5年目サラリーマンの年収や手取り額が知りたいな、、

今回は、上記悩みを抱える方に向けて、世間一般の社会人5年目の平均年収や給料を紹介します。

また、今回は、私の勤めている会社での社会人5年目の年収や夏と冬のボーナスも紹介していきます。

執筆者の勤務会社情報

  • 東証一部上場企業(売上高ランキング300位台
  • 業界:通信業界
  • 従業員数:6,000名超
  • 資本金:約3,500百万円
  • 残業時間は30時間/月程度
  • 完全週休2日制(土日・祝日)

正直、周囲の社会人5年目の年収や手取り額って非常に気になりますよね?

是非、そんなモヤモヤを解消していってください!

ポイント

記事後半では、年収や手取り額が周囲と比べて低いと感じたときにすべき行動を載せています。
社会人5年目の年収や手取り額に少しでも不満のある方は、実践してみてください。

社会人5年目の手取り額と平均年収を紹介!

では、さっそく、社会人5年目の平均年収を国税庁のデータdodaの公開データを参考に紹介していきます。

社会人5年目の平均年収
年齢 25歳〜29歳(国税庁) 27歳(doda)
全体 351万円 376万円
男性 383万円 400万円
女性 309万円 347万円

上表の通り、社会人5年目の全体で見た平均年収は「363万5,000円(351万円+376万円÷2)」となりました。

そして、社会人5年目(全体)の平均月収額は「30万2,917円(363.5万円÷12ヶ月)」となりました。

注意書き

社会人5年目(全体)の平均月収額「30万2,917円」は、ボーナスを加味した数字となっています。
そのため、ボーナスが夏冬合わせて60万円の場合は、「25万2,916円」が平均月収額となります。

続いて、社会人5年目(全体)の手取り額を計算すると「24万2,334円(30万2,917円の8割前後)」となりました。

以上、社会人5年目(全体)の平均年収・月収・手取り額をまとめると以下の通りです!

社会人5年目の平均収入

  • 社会人5年目(全体)の平均年収:363万5,000円
  • 社会人5年目(全体)の平均月収:「30万2,917円
  • 社会人5年目(全体)の平均手取り:「24万2,334円

なお、私の周囲の友人へ聞くかぎりでは、社会人5年目で「24万2,334円」は、少ないと言ってました。

この辺りは、働く業界や規模によって変わってくるので、あくまで参考値として見ておくのが良いかと思います!

 

私の社会人5年目の手取り額を赤裸々に公開!

では、少し恥ずかしいですが、私の平均年収や手取り額についても紹介していきます!

執筆者の社会人5年目の給料情報
額面 手取り額
4月 419,596円 295,228円
5月 364,861円 288,337円
6月 384,613円 278,760円
7月 417,707円 309,494円
8月 359,872円 250,183円
9月 408,721円 294,885円
10月 382,169円 270,473円
11月 337,325円 228,544円
12月 339,611円 238,060円
1月 315,995円 208,068円
2月 350,568円 241,237円
3月 363,285円 253,346円

上表をまとめると、私の社会人5年目の平均手取り額は「26万3,051円」もらっていました。

正直、東証一部上場企業に入社したときは、もう少し夢があると思っていましたが、、

世間一般の社会人5年目(全体)の平均手取り額「24万2,334円」と比較すれば、大きな差はない結果となりました。

とは言え、続けて紹介するボーナスは、非常に良い結果となったので、年収で考えると大きく上回る結果となっています。

 

私の社会人5年目の夏と冬のボーナスを赤裸々に公開!

では、さっそく、私の社会人5年目の夏と冬のボーナス額を紹介します。

ボーナス情報
額面 手取り額
6月 750,600円 591,489円
12月 840,200円 680,242円

上表の通り、私のボーナスは、コロナ禍にもかかわらず、社会人4年目と同水準の額面で80万円以上もらうことができました。

注意書き

ただし、私の企業のボーナスが高い理由は、「前払い退職金」が含まれているからです。
そのため、前払い退職金を除くと、もう少し支給額は少なくなります!

 

東証一部上場企業の社会人5年目の年収を公開!

ここまで紹介してきた月収額やボーナスを計算したところ、私の社会人5年目の年収は「603万5,000円」となりました。

なお、「603万5,000円」に対して、最終的に自分の手元に入ってきた収入は、「442万8,346」でした。

社会人5年目の平均収入

  • 社会人5年目の年収:603万5,000円
  • 社会人5年目の手残り:442万8,346

こうして、自分の社会人5年目の年収を振り返ってみると、年収が600万円を超えられていたことにびっくりしました。

是非、今回の内容をもとに、あなたの年収と比較してみてください!

ポイント

なお、今回の内容を見て、「うわぁ、、自分の年収低っ!!」と感じた方は、このまま読み進めてみてください!
私が年収600万円以上になるまでの5年間で、年収アップに一番効果があった行動を紹介しています!

 

社会人5年目で年収に不満がある方が確認すべき項目3選を紹介!

では、まず始めに、年収が低いと感じた方が確認しておくべき3つのことを紹介していきます。

まずは、あなたの勤めている企業が、今後年収アップに期待できるか把握していきましょう!

 

年収が低いと感じたときに確認すべき項目3選!

結論、自分の年収が低いと感じた方は、以下3つの項目を確認してみてください。

年収が上がらない企業の特徴

  • 企業である程度の給料テーブルが決まっている
  • 社内の優秀な先輩社員の年収が思っているほど高くない
  • 働いている業界の平均年収が高くない

厳しい現実ですが、上記3つのうち、いずれかに当てはまった場合は、大幅な年収アップは見込めないかと、、

とくに、ある程度の給料テーブルが決まっている場合は、年功序列の文化が強い特徴があります。

ポイント

年功序列は、何もせずとも年収が少しづつ上がるメリットはあります。
しかし、平均勤続年数が高い企業は、若手が安月給で40代〜60代の給料を調整しているケースが多いです。

なお、上記現実を踏まえたうえで、私が年収アップにおすすめしたい行動は、「転職」ではなく「転職活動」です。

悩める社会人
悩める社会人
ん、、「転職」ではなく「転職活動」ってどういうこと?

と思われた方は、続けて、「転職」と「転職活動」の違いを解説してますので、このまま読み進めてみてください。

 

社会人5年目で年収が低いと感じた場合のたった一つの行動!

では、さっそく、年収アップにおすすめした「転職活動」と「転職」の違いを紹介します。

転職と転職活動の違い

  • 転職:今の会社を辞めることを前提として転職!
  • 転職活動:今の会社を辞めずに「市場価値や今後の方向性(キャリア)」を考える活動!

上記の通り、「転職活動」は、今の会社を辞めずに、自分の「市場価値」や「今後の方向性」を考える活動となります!

ミヤッチ
ミヤッチ
参考までに、私が転職活動を通じて、方向性の決定までおこなった流れを載せておきますね。

転職活動(例)

  • 【面談】:いくつかのキャリア面談を通じて「自分の市場価値や方向性」を可視化。
  • 【環境分析】:キャリア面談をもとに、勤め先企業が周囲より恵まれていることに気づく。
  • 【方向性決定】:転職をせずに、強み(文章作成能力)を活かした「ブログ運営」を開始。
  • 【結果】:ブログ経由でAbemaTV出演を果たすことに成功。(収入:5万円/月アップ

あくまで、上記内容は、私が転職活動をおこない得た、一つの結果(モデルケース)でしかありません。

ですが、20代のうちから、転職活動を通じて、キャリアの棚卸しをおこなうのは、かなりおすすめです。

是非、年収に少しでも不満のある方は、金銭的リスクもないので、挑戦してみてください!

"20代の転職活動おすすめランキング

  • 第1位:「マイナビジョブ20's」:マイナビ唯一の20代に特化したキャリアアドバイスが好評!
  • 第2位:「リクルートエージェント」:業界最大手の転職エージェント!求人数は驚異の40万件越え!
  • 第3位:「doda」:転職者満足度No1!非公開求人数もトップクラス(10万件以上)の大手転職サイト!

ポイント

なお、20代の転職に特化したキャリア相談を受けたい方は、「マイナビジョブ20's」がおすすめです!
累計登録者数も29万人を突破しており、大手マイナビの20代に特化した手厚いキャリア相談を受けられます!

 

社会人5年目の手取りや年収・夏と冬のボーナスのまとめ!

今回は、世間一般の社会人5年目の年収や手取り額、私の社会人5年目の年収や給料・ボーナスを紹介しました。

社会人5年目の平均収入

  • 社会人5年目(全体)の平均年収:363万5,000円
  • 社会人5年目(全体)の平均手取り:「24万2,334円
  • 私の社会人5年目の年収:603万5,000円
  • 私の社会人5年目の平均手取り:「26万3,051円

私自身、社会人5年目にして、ようやく年収600万円を超えることができました。

とは言え、最近は、転職活動を再開しており、自分の強みを活かした「Webマーケティング」への転職も視野に入れています。

是非、あなたも、「転職」ではなく「転職活動」を通じて、キャリアの棚卸しをおこなってみてはいかがでしょうか?

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

私が転職活動で利用したサービス3選

  • 第1位:「マイナビジョブ20's」:マイナビ唯一の20代に特化したキャリアアドバイスや求人紹介が好評!
  • 第2位:「リクルートエージェント」:業界最大手の転職エージェント!求人数は驚異の40万件越え!
  • 第3位:「doda」:転職者満足度No1!非公開求人数もトップクラス(10万件以上)の大手転職サイト!

>>【20代から転職活動をすべき理由】おすすめ転職エージェント4選も紹介!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間3万人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-20代のキャリア, お金の悩み

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.