広告 20代のキャリア お金の悩み

【サラリーマンの年収の上がり方は?】年収100万円アップまでの期間も紹介!

悩める社会人
自分の年収が昨年に比べて10万円しか上がらなかった…
悩める社会人
周囲の人の話を聞くと年収50万円上がったって声も聞くことがあって不安です…

今回は、上記悩みを解決していきます。

  • 東証プライム企業の通信業界にて6年勤務
  • 新卒一年目から約4年間 関西地区を中心に採用業務を経験
  • 転職活動をきっかけに年収700万円達成
  • 現在は年間30万人以上の読者が訪れる当ブログ運営中

なお、結論からお伝えすると、世間一般のサラリーマンの年収(賃金)上昇率は平均で8.3万円となっています。
※厚生労働省の「令和4年春季賃上げ要求・妥結状況」参照。

そのため、年収100万円を達成するためには、最低12年(100万円÷8.3万円)かかる計算となります。

なお、今回は、この辺りも詳しく解説しつつ、年収が低いときにおすすめの行動も紹介していきます。

ぜひ、年収の上がり方に不満を持っている方は参考にしてみてください。

追記

私自身、社会人6年目(2023年4月)にして、年収600万円を超えることができました。
今回紹介する年収が低いときのおすすめ行動を続けた結果であり、かなり再現性が高いことを実感しています。

【驚愕】サラリーマンの年収は1年で8.3万円しか上がらない…

ミヤッチ
まず初めに、世間一般のサラリーマンの平均年収上昇額について紹介します。

追記

  1.  定期昇給の賃金引き上げ率:2.20%
  2.  金額:6,898円 = 年収換算8.3万円!(6,898円✖︎12ヶ月)

上記の通り、世間一般のサラリーマンの平均年収上昇額は8.3万円となりました。
※厚生労働省の「令和4年春季賃上げ要求・妥結状況」参照。

そのため、ボーナスをのぞいていますが、年収100万円を達成するために最低12年(100万円÷8.3万円)かかる計算となります。

なお、上記数字は結構リアルでして、厚生労働省の賃金構造統計調査より下表の結果が出ています。

注意事項

上表の通り、20〜24歳の平均年収213.1万円から100万円上昇の40〜44歳の328万円まで最高で20年かかります…
実際、私も調べてみてかなり衝撃を受けたのですが、今の日本の現状とも言える結果になっています。

ミヤッチ
ちなみに、サラリーマンの大幅な年収アップに個人の成果はあまり影響しないのが現実です…
ミヤッチ
次の章でこの辺りの内容についても詳しく紹介していきますね。

 

サラリーマンの大幅な年収アップに個人の成果はあまり影響しない

ミヤッチ
続けて、サラリーマンの大幅な年収アップに個人の成果があまり影響しない理由を紹介します…

理由

  1. 賃金上昇の決定要素の6割が「企業業績」を理由に決定する
  2. 賃金上昇の決定要素の4割が「世間相場」を理由に決定する。
ミヤッチ
上記の通りでして、企業の従業員に対する賃金決定要素は「企業業績」と「世間相場」が大半です。

引用元:2021年 昇給・ベースアップ実施状況調査結果

つまり、企業が賃金を決定するうえで" 個人の成果 "はそこまで重視していないと言えます…

そのため、完全成果主義の企業でないかぎり、大幅な年収アップは見込めないのが現実となっています。
※なお、どれだけ実績を残してもボーナスに還元されない企業は転職をおすすめします…

注意事項

今回の内容を見て" 年収100万円達成に平均12年かかるはやばい… "と感じた方は、このまま読み進めてみてください!
そもそも、あなたの勤めている企業が大幅な年収アップが見込めない企業か確認することをおすすめします。

 

大幅な年収アップが期待できない企業の特徴【3選】

ミヤッチ
では、さっそく大幅な年収アップが期待できない企業の特徴3つを紹介します…

年収が上がらない企業の特徴

  • 企業内である程度の給料テーブルが決まっている
  • 社内の優秀な先輩社員の年収が思っているほど高くない
  • 働いている業界の平均年収が高くない

厳しい現実をお伝えすると、上記3つのうちいずれかに当てはまった場合は大幅な年収アップは見込めないです…

とくに、ある程度の給料テーブルが決まっている場合は、年功序列の文化が強い特徴があります。

年功序列とは…

年功序列は、何もせずとも年収が少しづつ上がるメリットはあります。
しかし、平均勤続年数が高い企業は、40代〜60代の高い給料を若手の安月給で調整しているケースが多いです。

なお、上記現実を踏まえたうえで、私が年収アップにおすすめしたい行動は、「転職」ではなく「転職活動」です。

悩める社会人
ん…「転職」ではなく「転職活動」ってどういうこと?

と思われた方は、続けて、「転職」と「転職活動」の違いを解説してますので、このまま読み進めてみてください。

 

【実体験】大幅な年収アップをおこなうためにおすすめの行動とは?

ミヤッチ
では続けて、私が下表の通り社会人3年目から6年目で年収205万円アップした方法を紹介します。
年次 年収 上昇額
社会人3年目 428万7,885円 -
社会人4年目 499万5,893円 +70万8,008円(前年比)
社会人5年目 603万5,000円 +103万9,107円(前年比)
社会人6年目 634万5,379円 +31万379円(前年比)

上表の通り、私の場合は、今回紹介する「転職活動」を通じて、社会人6年目で年収600万円達成できました。

なお、上表は副業収入を入れておらず、サラリーマン勤務でも十分に年収600万円達成は可能な根拠になったかなと思っています。

ミヤッチ
では、前置きが長くなりましたが、年収アップにおすすめした「転職活動」と「転職」の違いを紹介します。

転職と転職活動の違い

  1. 転職:今の勤め先企業を辞めて新たな職場で働くこと。
  2. 転職活動:自分の「市場価値や今後の方向性(キャリア)」を考える活動。

上記の通り、「転職活動」は、今の会社を辞めずに、自分の「市場価値」や「今後の方向性」を考える活動となります。

私自身、2019年4月に「リクルートエージェント」へ登録し転職活動を始めました。

結果、以下のような転職活動となり、結果的に収入を月5万円アップさせることができています。

転職活動(例)

  1. 【転職サイト】:転職サイトに登録し各業界の求人を確認(推奨:リクナビNEXT
  2. 【転職エージェント】:自分に合った転職サービスを探す。
  3. 【面談】:いくつかのキャリア面談を通じて「自分の市場価値や方向性」を可視化。
  4. 【環境分析】:キャリア面談をもとに、勤め先企業が周囲より恵まれていることに気づく。
  5. 【方向性決定】:勤め先企業を続けつつキャリア面談の内容をもとに自分に合った副業の模索・決定。
  6. 【行動】:転職をせずに強み(文章作成能力)を活かした「ブログ運営」を本格始動。
  7. 【結果】:ブログ経由でAbemaTV出演を果たすことに成功。(収入:5万円/月アップ

私の場合は、転職活動を通じて副業の道に進みましたが、上記はあくまで一例です。

上記内容は、いきなり次月から年収100万円アップといった裏技ではないですが…

今後の長いキャリア人生において、上記のような「転職活動」に取り組むのはかなりおすすめです。

ミヤッチ
なお、私が転職活動で利用したサービスの中でトップ3は以下の通りです。

おすすめサービス

  1. リクルートエージェント」:転職成功実績No1 / 日本最大級の転職サイトであり一番おすすめ
  2. アサイン」:長期的なキャリア支援が特徴 / ハイクラス転職向けなのでスキルや実績は必要
  3. マイナビジョブ20's」:累計登録者37万人突破 / 20代に特化した転職支援が強み(求人は少なめ)

上記の通り、基本は大手を中心に相談をすれば問題なしです。

とくに、最大手のリクルートエージェントは、担当者の育成マニュアルも揃っておりサービス品質は安定しています。

また、転職支援実績が豊富なので、給料アップを理由とした支援実績も豊富。

そのため、給料アップを目指した転職の場合、リクルートエージェン一択と言えます。

リクルートエージェント公式サイト「https://www.r-agent.com/

 

【サラリーマンの年収の上がり方は?】年収100万円アップまでの期間のまとめ

ミヤッチ
今回は、サラリーマンの年収の上がり方について紹介しました。
ミヤッチ
結論、世間一般のサラリーマンの賃金(年収)上昇率は平均で8.3万円となっています。

なお、上記の結果を踏まえると、年収100万円を達成するために最低12年(100万円÷8.3万円)かかる計算となります。

この辺りは、勤め先企業の業界や業績によって変動するとは思いますが、民間企業のリアルと言えます。

そのため、年収の上がり方に少しでも不満のある方は、転職活動をおこなってみてください。

正直、行動するまでのハードルは高く感じるかもしれませんが、意外と行動してみると" やって良かった! "となるはずです。

ぜひ、未来の自分への投資と思って挑戦してみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

年間30万人の「就活生」と「20代社会人」が訪問 ▶︎ アルバイト以外の実績がないFラン大学生が就活奮闘▶︎ 2017年に東証プライム企業に新卒入社▶︎ 人事部で新卒採用を4年経験▶︎ 2023年12月16日【ABEMA(アベマTV)】生出演!▶︎ 当ブログでは、学歴関係なく就活で成功するための【就活情報】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を発信しています!

-20代のキャリア, お金の悩み