20代のキャリア お金の悩み

【会社を辞める前に閲覧必須】給料が低いと感じた時の対処法4選を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
皆さんこんにちは!大手通信業界で勤務中のミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の疑問を解説していく記事です!

読者の悩み

  • 会社の給料が周囲と比べて低いときは辞めるべきかな?
  • 会社の給料が低いときの対処法はありますか?
  • 会社の給料を上げるためには転職は必須なのでしょうか?

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • 給料が低いと感じた時の対処法4選を紹介!
  • 会社を辞めない前提で転職活動をオススメする理由を紹介!
  • 私が利用していたオススメの転職エージェント3選を紹介!

まず、会社の給料が周囲と比べて低いと感じても、スキルがない以上、すぐに会社を辞める選択はオススメしません。

なぜなら、コロナの影響もあり、転職活動をすることで確実に就職できる保証がないからです。

だからこそ、すぐに辞める思考ではなく、自分の働いている会社を保険とする思考で本記事を読んでみてください。

補足情報

紹介する全ての対処法は、私が社会人1年目の冬に、給料が低いと感じて実践してきた内容となっており、結果、給料は過去3年間増加しています。

※私の社会人1年目から社会人3年目までの年収は以下に載せておきます。

スポンサーリンク

【会社を辞める前に閲覧必須】給料が低いと感じた時の対処法4選!

ミヤッチ
ミヤッチ
では、早速、私が給料が低いと感じた時の以下対処法4つを紹介していきます。

給料が低いと感じた時の対処法4選!

  • 資格勉強でスキルアップをする!
  • 初期投資の少ない副業を始める!
  • 人事へ残業の多い部署へ異動願いを出す!
  • 辞めない前提で転職活動をおこなう!
ミヤッチ
ミヤッチ
私の経験上は、赤字マーカ部分が特に効果があります。

 

「資格勉強でスキルアップをする」

私が給料が低いと感じたときにおこなった対処法1つ目は「資格勉強でスキルアップ」です。

正直、何のスキルもないにも関わらず「給料が低い」と嘆いても、給料が上がることはありませんでした。

なので、まずは、以下条件のいずれかを満たしている資格取得を目指すことをオススメします。

条件

  • 自分のいる会社や業界に関係のある資格!
  • 所属する会社の昇格要件となっている資格!
  • 国家資格のような専門スキルを要する資格!

私の場合は「自分のいる会社や業界に関係のある資格」かつ「昇格要件となっている資格」を満たす資格を取得しました。

結果、社会人1年目から社会人3年目までの間に年収を170万円ほど上げることができました。

なお、上記3つの条件を満たす資格がないという方は、以下記事で紹介している、社会人に必須のオススメ資格5つを参考に挑戦してみてください。

どの企業で働いても重宝される最低限必要な資格を実体験をもとに紹介しています。

 

「初期投資の少ない副業を始める」

私が給料が低いと感じたときの対処法2つ目は「初期投資の少ない副業を始める」です。

コロナの影響もあり、副業を始めたいという方も多いと思いますが、副業は、給料を上げるうえで最も即効性のある対処法と言えます。

例えば、給料を月に50万円上げるとなれば、以下のどちらのほうが即効性があるでしょうか?

  • 年収50万円を上げるには、年に10万円ずつ給料があると考えた場合、5年以上働く必要あり。
  • 年収50万円を上げるには、月に4万円の副業収入を得る必要あり。

恐らく、全ての方が後者と答えるはずです。

なお、副業と言っても様々なものがありますが、必ず初期投資の低い副業にすることをオススメします。

初期投資が大きいほどリターンも大きいですが、それを回収するだけの計画がないと博打と一緒です。

以上のことから、まずは、初期投資の低い副業に挑戦してみてください。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、私のオススメの初期投資の低い副業は「ブログ」一択です。

ミヤッチ
ミヤッチ
なぜ、ブログが副業でオススメなのかについては、以下記事を参考にしてみてください。

 

「人事へ残業の多い部署へ異動願いを出す」

私が給料が低いと感じたときの対処法3つ目は「人事へ残業の多い部署へ異動願いを出す」です。

正直、実践した私が言うのも何ですが、お金に本当に困っていない場合は、オススメしません。

しかし、残業代がしっかりと支払われる企業なのであれば、最も簡単に給料を上げる方法でもあります。

ただし、この方法を実践するのであれば、異動希望を出す部署への根回しをしっかりとおこなってから実践しましょう。

また、会社全体の従業員数が少ない場合は、悪目立ちしてしまうので、そのリスクもあることを理解しておく必要があります。

 

「辞めない前提で転職活動をおこなう」

私が給料が低いと感じたときの対処法4つ目は「辞めない前提で転職活動をおこなう」です。

なお、私の過去の経験上、転職活動をオススメする人は、以下の何かに当てはまる方です。

ポイント

  • 社内の先輩社員の年収が思ってるほど高くない
  • 会社である程度の給料テーブルが決まっている
  • 働いている業界の平均年収が高くない

上記3つのうち、何かに当てはまった方は「資格勉強によるスキルアップ」などで給料を上げることは厳しいので、転職活動を視野に入れるべきです。

しかし、本記事でのポイントは、転職活動を辞めない前提でおこなうことです。

転職活動を辞めない前提でおこなう理由

  • 職を失ってしまうリスクを回避するため!
  • 冷静な視点で自分の市場価値を把握するため!

たまに、企業を辞めてから転職活動を始める人がいますが、辞めてから職を失ってしまうリスクが非常に高いので、絶対にしないことをオススメします。

また、辞める前提で転職活動をおこなうと、自分の市場価値を理解しないまま、違う会社に就職して、結果、給料が上がらないリスクもあるので注意です。

私の考えは、転職を絶対にするというよりは、自分自身の社会的な立ち位置や市場価値を把握することが大切だと思っています。

なので、まずは、次に紹介する転職エージェントに自分の現状を打ち明け、市場価値を把握することから始めてみてください。

 

第二新卒の間に利用すべき転職エージェント3選を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
最後に、私が実際に利用した、転職エージェント3選を紹介します。
ミヤッチ
ミヤッチ
正直なところ、求人数と紹介企業の質の高さから、以下有名サービスいずれかの利用がオススメです。

オススメの転職エージェント2選

  • リクナビNEXT」:毎週2.6万人以上が新規登録している大手転職サイト
  • マイナビジョブ20's」:マイナビ唯一の20代専門転職サービス(キャリアカウンセリング無料)
  • doda」:非公開求人数トップクラス(10万件以上)の大手転職サイト

昨今、さまざまな転職サービスが出てきていますが、実績と求人数の観点から、有名転職サービスの利用一択かと思います。

なお、特に「マイナビジョブ20's」は、20代のキャリア実績に不安がある方を対象としたカウンセリングを得意としています。

また、マイナビグループだからこそ提供できる求人情報は、質・量ともにトップクラスなので、様々な業界や企業の年収を比較しながら転職を進めたい方は、利用価値が高いと感じます。

もちろん、カウンセリング含めた、全てのサービス利用が無料なので、まずは初回カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

【会社を辞める前に閲覧必須】給料が低いと感じた時の対処法4選のまとめ!

いかがでしたか?

今回は【辞める前に閲覧必須】給料が低いと感じた時の対処法を、私の実体験をもとに4つ紹介しました。

周囲と比べて給料が低いと、辞めるべきかなと言った考えは誰しもが頭を過ぎると思います。

しかし、まずは、すぐに会社を辞める思考ではなく、自分の働いている会社を保険とする思考で、あなたに合った、以下の対処法を実践してみてください。

給料が低いと感じた時の対処法4選!

  • 資格勉強でスキルアップする!
  • 初期投資の少ない副業を始める!
  • 人事へ残業の多い部署へ異動願いを出す!
  • 辞めない前提で転職活動をおこなう!

本記事が少しでも、あなたの悩みを打開するきっかけとなれば幸いです。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

Fラン大学時代に借金200万円▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、主にFラン大学から東証一部上場企業入社までの経験と4年間の人事経験を掛け合わせた「就活ノウハウ」と20代の社会人生活で役立った「20代のキャリア」発信中!

-20代のキャリア, お金の悩み

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.