Fラン就活論 就活準備

【元人事が解説】就活で中小企業を先に受けるべきメリット4選を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ

皆さんこんにちは!
新卒1年目から大手企業の人事業務を3年以上担当していたミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の悩みを解説していく記事です!

読者の悩み

  • 大手企業を狙うにも受かるか心配です、、
  • 大手企業を受ける前に中小企業を受けるのはありなのでしょうか?
  • 中小企業を腕試しとして受けるメリットはあるのでしょうか?

結論、就活において、大手企業が本名だとしても中小企業は受けるべきです。

なぜならば、「ESや面接対策」「内定獲得することによる精神的余裕」が生まれるからです。

また、大企業を狙っていたが、中小企業を受けているうちに、優良企業と出会ってそこに決めたと言った就活生も多いです。

是非、大手企業を本命としているが、中小企業も受けるべきか悩んでいる方は、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

就活で中小企業を先に受けるべきメリット4選を紹介!

冒頭の通り、大手企業を本命として受けようと考えている方は、志望業界の中小企業を先に受けることをオススメします。

なぜならば、私自身が志望業界の中小企業を先に受けて、以下4つのメリットを実感できたからです。

志望業界の中小企業を先に受けるメリット4選

  • エントリーシートや面接の実践対策となる!
  • 面接への免疫力がつく!
  • 内定を獲得できると精神的な余裕が得られる!
  • 理想的な優良企業に出会える可能性がある!

上記内容については、1つずつ詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

 

エントリーシートや面接の実践対策となる!

就活で、志望業界の中小企業を先に受けるべきメリット1つ目は「エントリーシートや面接の実践対策となる」です。

基本的に、同じ業界の企業では、同じような質問がよく出る傾向にあります。

そのため、本命の大手企業を受ける前に、同じ業界の中小企業を受けると、その業界特有の質問対策をすることができます。

また、エントリーシートも、その業界に特化した内容にブラッシュアップされていくので、本命の大手企業に受かる確率が大きく跳ね上がります。

こちらが、中小企業を先に受けるべきメリット1つ目です。

 

面接への免疫力がつく!

就活で、志望業界の中小企業を先に受けるべきメリット2つ目は「面接への免疫力がつく」です。

【2023年卒】就活はいつから本気で始めるべきか人事担当者が解説」の記事でも解説している通り、基本的に、大手企業の選考開始は、大学4年生の6月が多いです。

そのため、大手企業だけを受けると考えた場合は、初めての面接が大学4年生の6月に経験することになります。

しかし、中小企業であれば、大学3年生の2月くらいに、選考を開始するところも多く、早いうちから、面接への免疫力をつけることができます。

なお、私の経験上は、模擬面接30回より本番の面接1回の方が、面接への免疫力は高まりました。

 

内定を獲得できると精神的な余裕が得られる!

就活で、志望業界の中小企業を先に受けるべきメリット3つ目は「内定を獲得できると精神的な余裕が得られる」です。

よく、本命以外の企業で内定を獲得しても全く意味ないと言う就活生がいますが、個人的には、そんなことはないと思っています。

なぜならば、早いうちから内定を獲得すると、以下の恩恵を受けた経験をしたからです。

内定を獲得する恩恵

  • 心に余裕が生まれる
  • 他企業から優秀な人材としてみられる

特に、本命企業で選考が進んでいくと「他社の選考状況」について聞かれることもあります。

そこで内定を●社持っていると伝えると「内定を●社も持っている優秀な人なんだ」と思わせることができるので有利に働くことが多いです。

なお、「他社の選考状況」を聞かれたときの答え方は、以下の記事で解説しているので、本記事と合わせて確認してみてください。

 

理想的な優良企業に出会える可能性がある!

就活で、志望業界の中小企業を先に受けるべきメリット4つ目は「理想的な優良企業に出会える可能性がある」です。

よく、就活生と面談をしていると、以下のような話をしていただくことが多いです。

就活生の声(某電機メーカー内定)

業界研究のため、中小企業を受けることが多かったのですが、あまり聞いたことのない中小企業が、実は、パソコン・電源・SDカードなど「コネクタ」の国内最大手企業だった。
そして、海外進出もしており、世界でも「コネクタ」において知名度の高い優良企業だったので、入社を決めました。

他にも、「初めて名前を聞く企業だったのに、実は●●で世界No1だった」と言う声をたくさん聞きます。

実際、私の受けていた企業の中で言えば、半導体関連装置製造業者の「レザーテック株式会社などは、隠れ優良企業だと思います。

平均年収も1,000万円を超えており、福利厚生も充実していました。

なお、隠れ優良企業については、以下記事で各業界で合計100社まとめてますので、参考にどうぞ!

 

私が優良な中小企業を見つけるためにおこなっていた方法3選を紹介!

ここでは、私が優良な中小企業を見つけるためにおこなっていた以下3つの方法を紹介します。

優良な中小企業を見つける方法4選

  • 就活四季報で「志望企業」の情報を集める!
  • 逆求人型サービスを活用する!
  • 就活エージェントを活用する!

上記3つは、実際に私が就活中におこなっていた方法であり、さきほど紹介した「レザーテック株式会社は、就活エージェントから教えていただいた企業です。

 

就職四季報で「志望企業」の情報を集める!

優良な中小企業を見つける方法1つ目は「就職四季報で優良企業の情報を集める」です。

就職四季報は、全業界の優良企業をリストアップし、選考情報や待遇、ビジネス環境を解説している、 いわば会社辞典です。

ただし、就職四季報は、大企業に偏っている傾向があるので、以下サイトも活用していました。

上記サイトに「グットカンパニー大賞」という、全国の中小企業の中から経済的・社会的に優れた成果を上げている企業を選ぶ、中小企業のための賞があります。

私の場合は、こちらのサイトから、自分の志望業界の優良企業を探して、その企業を就活エージェントに伝えて相談に乗ってもらっていました。

 

逆求人型サービスを活用する!

優良な中小企業を見つける方法2つ目は「逆求人型サービスを活用する」です。

逆求人型サービスを初めて聞いたことがある方も多いと思うので、簡単に解説すると以下の通りです。

逆求人型サービス

学生がプロフィールや選考の状況を開示することで、 企業から特別選考のスカウトをもらうことができるサービスです。

ミヤッチ
ミヤッチ
もう少し分かりやすく説明すると下図の通りです。

そして、マイナビやリクナビのように、学生から企業へ応募するのではなく、企業側から学生へオファーがくることで、自分では知り得なかった企業と出会うチャンスが上がります。

以上が、優良な中小企業を見つける方法2つ目です。

なお、私がオススメする逆求人型サービスは、いずれも完全無料の以下4つのサービスです。

まずは、自分に合った逆求人サービスと出会うため、複数の逆求人サービスを活用してみると良いかと!

上場企業の元人事がオススメする逆求人サービス4選!

  • OfferBox:逆求人サービスの中で最も人気かつスカウト企業数も業界トップとなっています。
  • dodaキャンパス:逆求人サービスの中で最も画面が分かりやすく、企業スカウト獲得率が一番高い印象でした。
  • キミスカ:適性検査においてキミスカの右に出るサービスはないほど高精度です。
  • mikketa(みっけた):唯一「性格検査」と「能力検査」が同時に受けられるサービスとなっています。

【関連記事】:完全無料のオススメの逆求人サイト4選を紹介!

 

就活エージェントを活用する!

優良な中小企業を見つける方法3つ目は「就活エージェントを活用する」です。

「就活エージェント」は、就活のプロによるバックアップが無料で受けられるサービスとなっています。

そして、就活アドバイザーが、様々な企業の情報を提供してもらえるので、サービスを利用していない就活生と違い、出会える企業の数が広がります。

また、プロの就活アドバイザーが「自己分析」や「面接練習」などをおこなってくれるので、利用して損はないと言えます。

逆求人サービスと同じく、まずは、自分に合った就活エージェントと出会うため、複数の就活エージェントを利用してみると良いでしょう。

上場企業の元人事がオススメする転職エージェント4選!

また、他のオススメ就活サービスについて知りたい方は、以下記事を参考にしてみてください。

Fラン大学から東証一部上場企業に内定獲得するために私が利用したサービスや3年間の人事担当者の経験をもとに、本当にオススメできるサービスのみを紹介しています。

 

就活で中小企業を先に受けるべきメリット4選のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、以下の疑問について解説してきました。

読者の悩み

  • 大手企業を狙うにも受かるか心配です、、
  • 大手企業を受ける前に中小企業を受けるのはありなのでしょうか?
  • 中小企業を腕試しとして受けるメリットはあるのでしょうか?

冒頭でもお伝えした通り、就活生の大半は、大企業や人気企業ばかり受け、志望業界の中小企業を受ける発想を持っていません。

しかし、就活で本命の大企業を受ける前に中小企業を受けると、以下のようなメリットがあります。

志望業界の中小企業を先に受けるメリット4選

  • エントリーシートや面接の実践対策となる!
  • 面接への免疫力がつく!
  • 内定を獲得できると精神的な余裕が得られる!
  • 理想的な優良企業に出会える可能性がある!

是非、これらのメリットを理解した上で、今回紹介した、志望業界の優良中小企業を見つける方法を試してみてください。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

Fラン大学時代に借金200万円▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、主にFラン大学から東証一部上場企業入社までの経験と4年間の人事経験を掛け合わせた「就活ノウハウ」と20代の社会人生活で役立った「20代のキャリア」発信中!

-Fラン就活論, 就活準備

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.