20代のキャリア お金の悩み

【東証一部上場企業】社会人1年目の給料や年収・夏と冬のボーナスを公開!

読者の悩み

  • 世間一般の社会人1年目の年収ってどれくらいなの?
  • 大手企業の社会人1年目の手取り額やボーナス・年収はどれくらいなの?
  • ぶっちゃけ大手企業に勤めている社会人1年目の給料やボーナスって多いの?
  • 社会人1年目から周囲より年収が低いときはどうしたら良いの?

今回は、上記のような悩みを抱える方に向けて、社会人1年目の平均年収や給料を紹介します。

また、以下記載の企業に所属している、私の社会人1年目の年収や給料、夏と冬のボーナスも赤裸々に紹介していきます。

私が内定した大手企業

  • 東証一部上場企業(売上高ランキング300位台
  • 従業員数:6,000名超
  • 販売拠点:日本全国、シンガポール、タイ
  • 業界:通信業界
  • 資本金:約3,500百万円
  • 毎月の残業時間は10時間程度
  • 完全週休2日制(年間休日126日「2020年実績」)

本記事を読むことで、あなた自身の年収が、世間一般の社会人1年目の中で、どの位置なのかが分かります。

是非、「社会人1年目の平均年収を知りたい方」や「周囲より年収が低いのではないかと悩まれている方」は、最後まで読んでみてください。

世間一般の社会人1年目の手取り額と平均年収を紹介!

まず始めに、世間一般の社会人1年目がどれだけの年収や手取り額を貰っているのか紹介します。

なお、下表の数字は、doda 平均年収ランキング 最新版 (年齢別)厚生労働省のデータを参考にしています。

社会人1年目の平均年収
年齢 23歳(厚生労働省) 23歳(doda)
全体 292万円(賞与50万含む) 294万円
男性 294万円(賞与50万含む) 309万円
女性 290万円(賞与50万含む) 281万円

厚生労働省の数字については、夏季賞与0.5カ月分(平均10万円)、年末賞与2カ月分(40万円)を入れてます。

ミヤッチ
ミヤッチ
これらのデータをもとに社会人1年目の平均年収を算出すると以下の通りです。

社会人1年目の平均給料額

  • 社会人1年目(全体)の平均年収は「293万円」
  • 社会人1年目(男性)の平均年収は「301万円」
  • 社会人1年目(女性)の平均年収は「286万円」

なお、手取り額で考えた場合は、以下の社会人1年目で引かれる社会保険料と税金を考慮します。

各社会保険料と税金

  • 健康保険料 / 厚生年金保険料
  • 雇用保険料 / 所得税
    ※社会人1年目は「住民税」は、ほとんどの場合、控除なしとなります。

今回は、上記内容が給与額によって変動するため、明確な数字の算出は難しいですが、

大雑把に、大卒の給与額からマイナス3万円として、手取り額を算出すると以下となります。

社会人1年目の平均手取り額

  • 社会人1年目(全体)の平均手取り額は「20万2,500円/月」
  • 社会人1年目(男性)の平均手取り額は「20万9,000円/月」
  • 社会人1年目(女性)の平均手取り額は「19万6,000円/月」

以上の結果をまとめると、社会人1年目の平均年収「293万円」、平均手取り額「20万2,500円/月」が相場となりました。

 

私の社会人1年目の給料や年収・夏と冬のボーナスを公開!

続いて、先ほどの社会人1年目の平均年収や手取り額と比較しながら、私の手取り額や夏と冬のボーナスを紹介します。

東証一部上場企業の社会人1年目の給料や夏と冬のボーナスがどれだけ貰えるのかの参考にしてみてください。

 

私の社会人1年目の毎月の給料(手取り)を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
まず始めに、私の社会人1年目の額面や手取り額を紹介します。

執筆者の社会人1年目の給料情報
額面 手取り額
4月 211,112円 188,231円
5月 236,588円 198,231円
6月 230,110円 191,572円
7月 247,430円 208,220円
8月 222,804円 184,548円
9月 221,281円 182,990円
10月 265,272円 226,797円
11月 227,764円 189,181円
12月 227,765円 195,957円
1月 229,840円 190,991円
2月 226,843円 176,213円
3月 231,456円 180,652円

いかがですか?

ミヤッチ
ミヤッチ
上表をまとめると、私の社会人1年目の平均手取り額は、19万2,799円となりました。

 

私の社会人1年目の夏と冬のボーナスを紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
続いて、私の夏と冬のボーナスを紹介します。
社会人1年目のボーナス情報
額面 手取り額
6月 100,000円 82,353円
12月 397,200円 326,908円

夏は、ボーナスの査定期間(10月〜翌年3月)の関係上、満額支給されていませんが、8万2,353円振り込まれました。

夏のボーナスについては「0円だったよ!」と言った声を友人から聞くことが多く、支給されただけラッキーでした。

また、冬のボーナスについては、32万6,908円振り込まれており、大喜びをしたのを今でも覚えています。

なお、冬のボーナスは、会社の業績に左右されることも多いですが、新卒から給料の2ヶ月分貰える企業もあります。
是非、各業界や同世代の年収(ボーナス)を細かく調べてみたい方は、20代に特化した求人の多いマイナビジョブ20'sを利用してみてください。

 

私の社会人1年目の年収を紹介!

ミヤッチ
ミヤッチ
続いて、ここまでに紹介した、月収とボーナスから、私の年収を計算したので紹介します。

私の社会人1年目の年収

  • 私の社会人1年目の年収は327万5,465円

実際に年収を計算してみると、世間一般の平均年収(大卒)を35万円ほど超えることができました。

とは言え、私の企業は、「退職金がない」というデメリットもあるのですが、、

なお、今回の内容を踏まえた上で、「うわぁ、、自分の年収低っ!!」と感じた方は、次に紹介する「年収が上がらない企業(環境)の特徴3選」に自分が当てはまっていないか、確認してみてください。

 

社会人1年目で年収に不満がある方が確認すべき項目3選を紹介!

ではさっそく、年収が低いと感じた方が確認しておくべき3つのことを紹介します。

また、年収が低いと感じたときに取るべきたった一つの行動も紹介してますので、参考にしてみてください!

 

年収が低いと感じたときに確認すべき項目3選!

結論、自分の年収に少しでも不満を感じた方は、以下3つの項目に自分が当てはまっていないか確認してみてください!

年収が上がらない環境の特徴

  • 企業である程度の給料テーブルが決まっている
  • 社内の優秀な先輩社員の年収が思っているほど高くない
  • 働いている業界の平均年収が高くない

厳しい現実をお伝えすると、上記3つのうち、いずれかの項目に当てはまった場合は、あなたが、今の会社で働き続けても大幅な年収アップは見込めないかと、、

とくに、業界年収が低いのはもってのほか、給料テーブルが決まっている場合も、以下のような企業側のリスクが高いことから、年収アップは厳しいです!

  • 【企業側の人件費増】:従業員500人✖︎1人あたり1万円/月増=500万円/月の企業側の人件費増
  • 【規定の見直し】:賃金テーブル変更による人事評価制度の抜本的見直しによる稼働リスク

なお、上記現実を踏まえたうえで、私が年収アップにおすすめしたい行動は、「転職」ではなく「転職活動」です。

悩める社会人
悩める社会人
ん、、「転職」ではなく「転職活動」ってどういうこと?

と思われた方は、続けて、「転職」と「転職活動」の違いを解説してますので、このまま読み進めてみてください。

 

社会人1年目で年収が低いと感じた場合のたった一つの行動!

では、さっそく、年収アップにおすすめした「転職活動」と「転職」の違いを紹介します。

転職と転職活動の違い

  • 転職:今の会社を辞めることを前提として転職をおこなう!
  • 転職活動:今の会社を辞めることを前提としない「市場価値」を把握する活動!

上記の通り、「転職活動」は、今の会社を辞めずに、自分の「市場価値」や「今後の方向性」を把握する活動となります!

なお、「転職活動」のイメージが掴みやすいよう、私が転職活動を通じて、方向性の決定までおこなった流れを載せておきます。

転職活動(例)

  • 【面談実施】:さまざまな企業と見比べ、勤め先企業が周囲より恵まれていることに気づく。
  • 【適性診断】:いくつかの転職サービス提供の適性診断や面談を通して「自分の強みや弱み」を可視化。
  • 【方向性決定】:勤め先企業で仕事を続けつつ、強み(文章作成)を活かした「ブログ運営」開始。
  • 【結果】:副業として始めたブログでAbemaTV出演を果たすことに成功。(収入:5万円/月アップ)

あくまで、上記内容は、私が転職活動をおこなった一つのモデルケースでしかありません。

ですが、費用もかからず、自分の市場価値(立ち位置)が把握でき、無料でプロのアドバイザーに「仕事の悩みも聞いてもらえる」転職活動は、取り組んでおいて損のない行動です。

転職活動の結果、「年収の高い環境に転職」や「今の環境で副業に取り組み年収アップ」など、進むべき道は人それぞれ。

まずは、自分の「市場価値」や「今後の方向性」を考える意味でも「転職活動」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

私が転職活動で利用したサービス3選

  • 第1位:「マイナビジョブ20's」:マイナビ唯一の20代に特化したキャリアアドバイスや求人紹介が好評!
  • 第2位:「リクルートエージェント」:業界最大手の転職エージェント!求人数は驚異の40万件越え!
  • 第3位:「doda」:転職者満足度No1!非公開求人数もトップクラス(10万件以上)の大手転職サイト!

とくに、20代で実績がないという理由で、年収アップを諦めている方は、「マイナビジョブ20's」がおすすめです!
累計登録者数も26万人を突破しており、大手マイナビの20代に特化した手厚いキャリア相談を受けることができます!

ココに注意

ただし、「マイナビジョブ20's」は、「1年以上の就業経験がない20代の方」の審査が通らない可能性が高いです。
なので、「1年以上の就業経験がない20代の方」は、転職業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。

 

社会人1年目の給料や年収・夏と冬のボーナスのまとめ

今回は、世間一般の平均年収や東証一部上場企業で勤務している、私の社会人1年目の年収や給料・ボーナスを紹介しました。

本記事のまとめ

  • 世間一般の社会人1年目の平均年収は、293万円
  • 大手通信業界の総合職1年目の年収は、約330万円
  • 大手通信業界の総合職1年目の夏と冬のボーナスは、合計で約41万円

是非、今回紹介した数字を参考に、あなたの年収やボーナスと比較してみてください。

また、繰り返しになりますが、「自分の年収が低いと感じた方」は、以下3つの環境に属していないか確認してみてください。

年収が上がらない環境の特徴

  • 企業である程度の給料テーブルが決まっている
  • 社内の優秀な先輩社員の年収が思っているほど高くない
  • 働いている業界の平均年収が高くない

上記3つの項目のうち、1つでも該当すれば、何年働いても大幅な給料やボーナスアップは見込めません。

なので、もしあなた自身が、上記3つの項目のいずれかに当てはまった場合は、「転職活動」をしてみてください!

私がそうでしたが、「自分の進むべき方向性が決まると、年収に対する不満もなくなる」かと!

私が転職活動で利用したサービス3選

  • 第1位:「マイナビジョブ20's」:マイナビ唯一の20代に特化したキャリアアドバイスや求人紹介が好評!
  • 第2位:「リクルートエージェント」:業界最大手の転職エージェント!求人数は驚異の40万件越え!
  • 第3位:「doda」:転職者満足度No1!非公開求人数もトップクラス(10万件以上)の大手転職サイト!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間2万5000人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-20代のキャリア, お金の悩み

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.