オススメ資格紹介 自己啓発

働きながら取得できる社会人1年目にオススメの資格5選

オススメ資格
ミヤッチ
ミヤッチ

皆さんこんにちは!ミヤッチです!

ゴマッチ
ゴマッチ
皆さんこんにちは!ゴマッチぷに!
ゴマッチ
ゴマッチ
今回はどんな記事になっているぷに?
ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の悩みについて解説していく記事だよ!

悩み

  • 働きながらでも取得できるオススメの資格ってありますか?
  • 社会人1年目に取得しておくべき資格ってありますか?
  • 資格の中でも低難易度で実用性のある資格はありますか?

今回はこう言った疑問に答えます。

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • 社会人1年目に取得すべきオススメ資格の基準について解説!
  • 社会人1年目から取得すべきオススメ資格5選を紹介!

なお、今回紹介する資格は、資格のTACの事前相談サービスを利用して、TAC講師3名の方に以下の質問に対する回答を参考にしています。

ミヤッチ
ミヤッチ
「社会人1年目の忙しい時期に取得しておいた方が良い資格はありますか?」

なので、私の社会人1年目の頃の経験だけでなく、資格の専門家の内容も踏まえているので信憑性の高い記事となっています。

是非、社会人1年目から何か資格を取得したいと思っている方は参考にしてみてください!

スポンサーリンク

社会人1年目に取得すべきオススメ資格の基準とは何か?

私が思う、低難易度で実用性の高い社会人1年目に取得すべきオススメ資格の基準は以下の通りです。

  • 幅広い業界で必要とされている資格
  • 社会人1年目の忙しい時期でも無理のない範囲で取得できる資格
  • 受験資格に実務経験が必要でない資格

1つ目は、どのような業界でも、社会人として一般的に必要なスキルを身に付けることが出来ることを基準としています。

2つ目は、社会人1年目の忙しい時期でも、無理のない範囲で資格取得ができ、勉強に対する成功体験を積み上げられることを基準としています。

3つ目は、受験資格に実務経験が必要な資格は、勉強時間確保の観点から社会人1年目ではオススメしないため、低難易度で実用性のある資格を基準としています。

以上が、社会人1年目に取得すべきオススメ資格をどのような基準で定めているかの根拠です。

 

社会人1年目に取得すべきオススメ資格5選

第1位 日商簿記3級 

資格概要
難易度 ⭐️⭐️⭐️⭐️(⭐️5段階中)
合格率 第54回 49.1%(2020年2月23日)
勉強時間 約1ヶ月〜約2ヶ月(70時間程)
受験日 コロナのため未定(詳しい詳細は、公式HP参照)
受験料 2,850円(税込み)
試験方式 記述式+選択式
合格ライン 100点満点中70点以上
当日の持ち物 受験票、電卓、身分証明書、筆記用具
申込み期間 ホームページ参照

 

日商簿記3級の選定理由とは?

社会人1年目に取得すべきオススメ資格の第1位は【日商簿記3級】です。

日商簿記3級は年間40万人以上の受験者数を誇る人気資格となります。

なお、この資格の選定理由は以下の通りです。

  • 転職に有利
  • 昇進や昇格要件となっている企業が多い
  • 企業の数字を経営者目線で見れる

「転職に有利」については、各企業で日商簿記3級が応募要件になっていることが多く、社会での必要性が年々上がってきているためです。

また、私の会社もそうなのですが、日商簿記3級は「管理職への昇格要件」としている会社が非常に多いです。

なぜならば、管理職は【ビジネスの採算管理】や【経営分析】の能力が求められるためです。

なので、社会人1年目から日商簿記3級を取得しておくと早いうちから即戦力として見られることも多くなります。

その他、日商簿記3級を選定した理由は、以下記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

日商簿記3級の学習期間と勉強方法について

私の独学での勉強時間は約2ヶ月だったのですが、TACの講師3名の方の回答も約1ヶ月〜2ヶ月の学習期間で取得する受験生が多いとのことでした。

勉強方法については、テスト当日は電卓も持ち込み可となっており、複雑な計算なども問われないため数字よりも専門用語を覚えることが重要になります。

勉強方法についても以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

日商簿記3級の勉強に使用していた教材は?

以下の2冊は、実際に私が受験期間中に勉強していた教材になります。

なお、私が本書籍をオススメするポイントは以下の通りです。

  • TAC出版の公式教材である!
  • 受験生の8割は本書籍を利用している!
  • テキストがカラーで分かりやすい!
  • 豊富な図解と丁寧な説明!
  • 各章に基本問題がある!

特にテキストがカラーで分かりやすく、豊富な図解や各セクションごとの丁寧な解説があるのが魅力的なポイントです。

また、各章ごとに総合問題があるので知識の定着がしやすかったです。

 

第2位 ビジネス実務法務検定3級

資格概要
難易度 ⭐️⭐️(⭐️5段階中)
合格率 第46回 70.6%(2019年12月8日)
勉強時間 約1ヶ月〜約2ヶ月(50時間程)
受験日 コロナのため未定(詳しい詳細は、公式HP参照)
受験料 4,400円(税込み)
試験方式 選択式(マークシート式)
合格ライン 100点満点中70点以上
当日の持ち物 受験票、身分証明書、筆記用具
申込み期間 ホームページ参照

 

ビジネス実務法務検定3級選定理由とは?

社会人1年目に取得すべきオススメ資格の第2位は【ビジネス実務法務検定3級】です。

聞いたことがない方も多い資格かもしれませんが、ビジネス界では"ビジ法"と略されるほど有名な資格です。

なお、この資格の選定理由は以下の通りです。

  • ビジネスにおける契約書読解は必須スキルのため
  • 日常生活でも役立つスキルのため

当たり前と思われるかもしれませんが、ほとんどの仕事は契約書を締結して取引が始まります。

その際に、契約書の内容が理解できなければ、不利な条件で取引をおこなうことになり、会社へ損害をだしてしまうケースもあります。

そのようなことが起こらないためにも、最低限の契約書を読み解くスキルは必要です。

なお、日常生活でも【クーリング・オフ】など、一般的な取引で損害を被らない有益な知識も習得できるのでビジネスマン以外の方も取得しておいて損はない資格です。

以上が社会人1年目に取得すべきオススメ資格の選定理由です。

その他、ビジネス実務法務検定3級を選定した理由は、以下記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

ビジネス実務法務検定3級の学習期間と勉強方法について

私は、独学での勉強時間は約1ヶ月だったのですが、TACの講師3名の方の回答も約1ヶ月〜2ヶ月の学習期間で取得する受験生が多いとのことでした。

勉強方法については、初めのうちは法律用語に混乱する事も多いですが、以下で紹介するテキストを最低1回読めば苦手意識もなくなると思います。

なお、試験問題のほとんどが過去問題集から出題されており、以下の公式問題集を最低2周して各回8割以上の正答率であれば合格できる難易度となっています。

勉強方法についても以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

ビジネス実務法務検定3級の勉強に使用していた教材は?

以下の2冊は、実際に私が受験期間中に勉強していた教材になります。

なお、私が本書籍をオススメするポイントは以下の通りです。

  • 東京商工会議所が出版している公式教材である!
  • 受験生の8割は本書籍を利用している!

なお、以下2冊の注意点が1つあります。

それはテキストの文字数がとにかく多いので、読むのに苦労するということです。

とは言え、ビジネス実務法務検定は法律に関する試験なので、どのテキストを選んでも文字数は多いです。

なので、全てのテキストの内容を理解しようとするのではなく、太字で書かれているところだけをさっと読み、過去問題集に早いうちからシフト(勉強を始めて2週間程度)することをオススメします。

 

第3位 MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

資格概要
難易度 ⭐️(⭐️5段階中)
合格率 各回 80%
勉強時間 約3週間(30時間程)
受験日 毎月1〜2回開催(詳しい詳細は、公式HP参照
受験料 1科目10,780円(税込み)(一般価格)
試験方式 試験会場にてパソコンで受講
合格ライン 1000点満点中700点以上(回ごとに変動あり)
当日の持ち物 受験者IDとパスワード(公式HPより登録必須)、受験票、身分証明書
申込み期間 ホームページ参照

 

MOSの選定理由とは?

社会人1年目に取得すべきオススメ資格の第3位は【MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)】です。

MOSは、Microsoft Office製品の操作スキルを証明できる国際資格となっており、累計受験者数は400万人を超える人気資格です。

試験科目は、Officeバージョン毎にWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookがあります。

今回オススメするのは、Word(2016)とEXCEL(2016)のスペシャリストです。

なお、この資格の選定理由は以下の通りです。

  • パソコンスキルはどこの企業でも必要なため
  • 現在の企業で使用されているオフィスソフトが2016のため

本当はWordとEXCELのエキスパートをオススメしたいのですが、社会人1年目であれば、ある程度の基本的機能を使いこなせるスキルが身に付くスペシャリストでも十分です。

本資格には、私自身も社会人1年目でEXCELで売上の実績表を作成したり、Wordで会議資料や報告書を作成してくれとお願いされたときに非常に助けてくれました。

以上が社会人1年目に取得すべきオススメ資格の選定理由です。

 

MOSの学習時間と勉強方法について

私の独学での勉強時間は約2週間と短い期間で取得しました。

パソコンを日常的に触れていない方は、多く見積もって1ヶ月半〜2ヶ月と考えても良いと思います。

勉強方法については、学生時代に使用する文書作成や表作成、グラフの作成・編集などの基本的な機能のみが出題範囲なので、以下の問題集を2〜3回繰り返し解けば問題なく合格できるでしょう。

 

MOSの勉強に使用していた教材は?

以下の2冊は、実際に私が受験期間中に勉強していた教材になります。

なお、私が本書籍をオススメするポイントは以下の通りです。

  • 本番環境と同じ勉強ができる!
  • 読者からの信頼性が非常に高い!
  • 豊富な図解と丁寧な解説!

本書籍は読者からの書籍の信頼性も非常に高く、テキストを最後まで読み進めながら、本書籍に収録されている模擬試験を90点以上取れれば問題なく合格できるでしょう。

 

第4位 ビジネス文書検定2級

資格概要
難易度 ⭐️⭐️(⭐️5段階中)
合格率 第66回 63.6%(2019年12月1日)
勉強時間 約1ヶ月(40時間程度)
受験日 コロナのため未定(詳しい詳細は、公式HP参照
受験料 4,100円(税込み)
試験方式 選択式(マークシート式)、記述式
合格ライン 表記技能、表現技能、実務技能の各得点が60%以上
当日の持ち物 受験票、身分証明書、筆記用具
申込み期間 ホームページ参照

 

ビジネス文書検定2級の選定理由とは?

社会人1年目に取得すべきオススメ資格の第4位は【ビジネス文書検定2級】です。

ビジネス文書検定2級は、実務技能検定協会が主催する民間の検定資格であり、文部科学省が後援している資格でもあります。

なお、この資格の選定理由は以下の通りです。

  • ビジネスマナー全般のスキルが身につく!
  • 昇進や昇格要件となっている企業が多い!

この資格の特徴は、以下のようなビジネスマナー全般のスキルを身に付けることができることです。

ポイント

  • 社内・社外向けメールの書き方
  • 社外に向けたお礼状や挨拶状の書き方
  • 正しい敬語の使い方
  • 報告書の作成方法

なお、私自身も入社1年目のビジネスマナー研修で似た内容を学んではいましたが、この資格を取得するまでは上司から真っ赤に添削された資料がよく返ってきていました。

しかし、資格の勉強を初めて少し経った頃から、添削の数も減り、資料のクオリティーも上がったと感じることが多くなりました。

以上が社会人1年目に取得すべきオススメ資格の選定理由です。

 

ビジネス文書検定2級の学習時間と勉強方法について

私の独学での勉強時間は約1ヶ月間であり、過去問題集(3級と2級)をひたすら解き続けて合格しました。

試験では、基本的に過去問題集から出題されるので以下の過去問題集を3周すれば合格ラインに到達できるでしょう。

また、過去問題集から学んだ知識を仕事でアウトプットすることも心掛けると合格率が上がります。

 

ビジネス文書検定2級の勉強に使用していた教材は?

以下の2冊は、実際に私が受験期間中に勉強していた教材になります。

なお、私が本書籍をオススメするポイントは以下の通りです。

  • 受験生の8割は本書籍を利用している!
  • 各章に基本問題がある!
  • テキストがカラーで分かりやすい!

3級の商材もオススメしている理由は、先ほどお伝えした通り、3級の範囲が2級で出題される問題の土台となる知識なので、3級の商材も購入していました。

しかし、最初は2級の過去問題集だけを購入して、内容が余裕と思われた方は2級の問題集のみを学習しても良いと思います。

 

第5位 ビジネス会計検定試験3級

資格概要
難易度 ⭐️⭐️(⭐️5段階中)
合格率 第26回 62.5%(2020年3月8日)
勉強時間 約1ヶ月〜約2ヶ月(60時間程度)
受験日 コロナのため未定(詳しい詳細は、公式HP参照
受験料 4,400円(税込み)
試験方式 選択式(マークシート式)
合格ライン 100点満点中70点以上
当日の持ち物 受験票、身分証明書、筆記用具、電卓
申込み期間 ホームページ参照

 

ビジネス会計検定3級の選定理由とは?

社会人1年目に取得すべきオススメ資格の第5位は【ビジネス会計検定3級】です。

なお、この資格の選定理由は以下の通りです。

  • 決算書などを読み分析する力が身につく!
  • 昇進や昇格要件となっている企業が多い!

この資格の特徴は、以下のような財務諸表を理解するための基礎的な力を身に付けることができることです。

ポイント

  • 会計用語
  • 財務諸表の構造・読み方・分析

なお、簿記3級では、各財務指標の作成やそれらを作成する上で覚えておくべき用語などを中心に勉強します。

しかし、この資格では、簿記3級の知識で作成した各財務指標から、企業が「儲かっている」か「儲かっていない」が分かるようになる資格です。

社会にでるとビジネスパーソンの共通言語とも言われている「会計用語」は日常で多く使われます。

例えば、店舗運営をするにあたり、各従業員には売上だけではなく固定費や変動費なども考え、営業利益では幾らの儲けがあるのかや特別発生した費用などを除いた最終利益はいくらになるのかなどを常に上司は求めてきます。

また、日商簿記と同じように管理職への昇格要件としている企業が非常に多いです。

以上が社会人1年目に取得すべきオススメ資格の選定理由です。

 

ビジネス会計検定3級の学習時間と勉強方法について

難易度については、各回全体の受験生に対して約6割前後が合格している資格です。

私の独学での勉強時間は2ヶ月間でした。

最初の3週間で公式テキストを2周し、残りの期間はひたすら過去問題集を解いていました。

本試験では、基本的に過去問題集と似た問題が出題されるので、以下で紹介している過去問題集で各回80点以上取れれば問題なく合格ラインに到達できるでしょう。

 

ビジネス会計検定3級の勉強に使用していた教材は?

以下の2冊は、実際に私が受験期間中に勉強していた教材になります。

なお、私が本書籍をオススメするポイントは以下の通りです。

  • 大阪商工会議所出版の公式教材である!
  • 豊富な図解と丁寧な説明!
  • 各章に基本問題がある!

本書籍は大阪商工会議所が出版する公式テキストと問題集です。

なので読者からの書籍の信頼性も非常に高いのが特徴です。

また、図解も多く重要な項目は太字になっているので分かりやすいため、会計用語が苦手な方でも取っ掛かりを掴みやすい構成となっています。

 

社会人1年目に取得すべきオススメ資格のまとめ

ゴマッチ
ゴマッチ
本記事で少し気になったことがあるぷに!

ゴマッチ
ゴマッチ
何の資格を勉強したら良いかは分かったけど忙しい社会人が勉強時間を確保するにはどうしたら良いぷに?

ミヤッチ
ミヤッチ
良い質問だね!そこについては以下の記事を参考にしてみて!

ミヤッチ
ミヤッチ
社会人の1日の勉強時間が平均たったの6分というデータが出てるよ(驚)

では、本記事が少し長くなったので今日紹介した資格を以下に記載します。

本記事で紹介した資格一覧

  • 第1位「日商簿記3級」
  • 第2位「ビジネス実務法務検定3級」
  • 第3位「MOS(WORD,EXCEL2016)」
  • 第4位「ビジネス文書検定2級」
  • 第5位「ビジネス会計検定3級」

是非、挑戦してみてください。

では、最後にゴマッチからの名言で締めたいと思います。

ゴマッチ
ゴマッチ
"必要なことはただ一つ、できると信じることだ"。ぷに

ゴマッチ
ゴマッチ
最後まで読んでくれてありがとうぷに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
miyacchi

ミヤッチ

ポジティブだけが取り柄の成り上がりサラリーマン! 学生時代に借金200万円→Fラン大卒→何とか上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験!当ブログでは学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【就活に関する情報】とビジネスマンとして成長するために実践してきた【自己啓発】の2つのテーマを発信しています!

-オススメ資格紹介, 自己啓発

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.