就活準備 就職活動

Fラン大学から東証一部上場企業に内定を獲得して感じたメリット5選!

ミヤッチ
ミヤッチ

皆さんこんにちは!
新卒1年目から大手企業の人事業務を3年以上担当しているミヤッチです!

ミヤッチ
ミヤッチ
今回は、以下の悩みを解説していく記事です!

読者の悩み

  • 東証一部上場企業に就職することって凄いの?
  • 東証一部上場企業に就職するとどのようなメリットがあるの?
  • Fラン大学から東証一部上場企業に就職は無理じゃないの?

なお、本記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

  • 東証一部上場企業に就職することがどれだけ凄いのか解説!
  • 東証一部上場企業に就職するメリット5選を実体験から解説!
  • Fラン大学から東証一部上場企業に就職するための行動3選を紹介!

今回は、東証一部上場企業に就職して丸4年が経ったのですが、その経験を踏まえたうえで、東証一部上場企業に就職するメリット5つを紹介していきます。

なお、企業側が東証一部上場企業となるメリットも紹介しますので、就活における一般常識として、参考にしてもらえればと思います。

また、最後には、Fラン大学から東証一部上場企業(通信業界)に内定獲得をすることができた行動も紹介するので、上場企業に内定をもらいたい方は、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

そもそも東証一部上場企業とは何かについて解説!

様々な就活サイトで「わが社は東証一部上場企業です!」という言葉を目にするかと思いますが、深く理解されている方は少ない印象です。

そもそも、東証一部上場企業とは、東京証券取引所に株式を公開している企業のことを指します。

なお、東京証券取引所は、東証一部・東証二部・マザーズ・JASDAQ(ジャスダック)の4種類の株式市場を運営しています。

東証一部上場企業 知名度の高い会社が多く、社会からの信頼性も高い。
東証二部上場企業 中堅企業が多く、東証一部上場企業より知名度が劣る。
マザーズ上場企業 ベンチャー企業が多く、東証一部・二部への上場を目指している企業が多い。
JASDAQ上場企業 新興企業が多く、今後成長していくことが期待されている企業が多い。

そして、東証一部上場するためには、以下のような上場基準の高い各項目をクリアする必要があります。

東証一部上場するための基準(一部抜粋)

  • 株主数2,200人以上
  • 時価総額250億円以上
  • 2年間の利益総額が5億円以上、もしくは、時価総額が500億円以上
  • 虚偽記載または不適正意見等がないこと

なお、総務省の調査によると、東証一部上場企業の数は、2,160社(2019年末時点)となっており、日本の企業全体の0.1%と言われています。

以上のことから、東証一部上場企業は、厳しい審査を通った、社会的信頼度の高い、有名な企業が多いと覚えてもらえれば問題なしです。

 

東証一部上場企業となる企業側のメリット3選を紹介!

ここからは、東証一部上場企業となる企業側のメリットを3つ紹介します。

厳しい審査をクリアしてまで、東証一部上場を目指す企業にどのようなメリットが存在するのか、確認してみてください。

 

資金調達が容易になる

企業側が東証一部上場するメリット1つ目は、「資金調達が容易になる」です。

東証一部上場企業となると、東京証券取引所を通じて、投資家が株を買うことができる状態になるので、容易に資金調達を円滑におこなうことができます。

また、株以外にも、金融機関から資金調達をすることもありますが、社会的信頼度も高いので、借り入れられる金額が多くなります。

以上のことから、上場することで資金調達は容易になるというメリットが挙げられます。

 

株価が上がり信用度も上がる

企業側が東証一部上場するメリット2つ目は、「株価が上がり信頼度も上がる」です。

先ほどもお伝えした通り、企業は、上場するには、厳しい審査基準をクリアする必要があります。

そして、厳しい審査基準をクリアした企業は、業績が良くて、健全な経営を行ってきた会社という認識が、周囲に広がります。

そして、その認識の元、上場して株式を公開すると、一気に株価が上がり、信頼度が急上昇します。

 

優秀な人材を集めやすくなる

企業側が東証一部上場するメリット3つ目は、「優秀な人材を集めやすくする」です。

周囲で「東証一部上場企業に就職」と聞くと、凄い印象を抱くことはないでしょうか?

実際、東証一部上場企業は、世間からの注目を集めやすく、企業の知名度やブランド力に箔がつきます。

そして、優秀な新卒の学生などは、知名度やブランド力などの魅力から、自然と集めってくる流れとなります。

 

東証一部上場企業となる企業側のデメリット3選を紹介!

ここまで、東証一部上場企業となるメリット3つを紹介しましたが、デメリットも少なからずあります。

今回は、東証一部上場企業とは何かを理解するためにも、デメリットも大きく3つに分けて紹介します。

 

業績悪化による買収の可能性

企業側が東証一部上場するデメリット1つ目は、「業績悪化による買収の可能性」です。

何度かお伝えしている通り、上場するということは、株式を公開することになります。

そして、公開した株式は、自由に株式を取引されるため、他企業に買収されるリスクも高まります。

他企業に買収されてしまうと、経営権を失うことにもなるので、業績悪化による買収リスクは、考えておく必要があります。

 

株主に指示されることで自由度がなくなる

企業側が東証一部上場するデメリット2つ目は、「株主に指示されることで自由度がなくなる」です。

企業が上場をすると、経営者の方針だけで経営を進めることが困難になり、株主の意向に沿った経営方針をする必要があります。

そして、多くの株主は、株を所有することで利益を得ることが目的です。

そのため、つい目先の利益を追うことを優先しがちになり、経営者の考える経営をする自由度が奪わるデメリットがあります。

 

経理処理が複雑となる

企業側が東証一部上場するデメリット3つ目は、「経理処理が複雑となる」です。

企業は、上場することで、「会計の透明性・公正性」が求められるので、3ヶ月ごとに決算短信を書かなければなりません。

また、年に1度の有価証券報告書を作成する義務もあります。

そして、決算期になると、有価証券報告書などの作成を間違うことができないプレッシャーと闘いながらおこなう必要がでてきます。

非上場企業では、有価証券報告書や決算短信などの資料作成義務がないので、上場することによるデメリットかと思います。

 

私が東証一部上場企業に就職して感じたメリット5選!

ここからは、本記事の本題である、私が丸4年間、東証一部上場企業で働いてみて感じたメリット5つを紹介します。

メリットを挙げるとキリがないので、最も多くの恩恵を受けている5つに絞って紹介していきます。

 

社会的信頼度が圧倒的に高い

私が東証一部上場企業に就職して感じたメリット1つ目は「社会的信頼度が圧倒的に高い」です。

私は、入社してから東証一部上場企業は、社会的信頼度が高いのだと感じる場面が、3つありました。

社会的信頼度高い根拠

  • 同期(24歳)が渋谷駅近くのマンションを購入していた。
  • クレジットカードや車のローンで審査に落ちない。
  • 会社の名前だでけアポイントが取れる。

特に、初めて商談をおこなうために、企業に対してアポイントをおこなうと、すぐに取り入ってくれるのは、大きなメリットと感じました。

社員数の少ない中小企業などでは、自らアポイントを取ることが困難だと言うことを、周囲の友人から聞くことがあります。

もちろん、企業名を売りにしてアポイントを取ることは、自分の力にならないといった意見もあるかもしれませんが、私はそうでないと思っています。

やはり、効率よく学びを得るには、土俵に立つことが一番重要であり、商談での経験は、自分を成長させる大きな起爆剤となります。

以上のことから、東証一部上場企業に就職すると「社会的信頼度が圧倒的に高い」という大きなメリットがあります。

 

教育体制が整っている

私が東証一部上場企業に就職して感じたメリット2つ目は「教育体制が整っている」です。

私は、現在の会社で入社をしてから半年の間、「社会人としてのビジネスマナー」から「ロジカルシンキング研修」まで、様々な外部や自社の研修を毎日のように受けました。

そして、これだけの充実した研修を受けることができるのは、以下の理由が大きいと思っています。

教育体制が整っている理由

  • 外部へ研修を委託する資金力がある。
  • 会社の研修部門の人数が多い。

なお、私の周囲は、研修期間は、最初の1カ月だけで、その後は、訳も分からないまま、毎日のように実務作業を21時過ぎまでやっていたという方が多かったです。

現場で得られる経験も多いですが、最初のうちは、じっくり社会人としての基礎を身につけられたのは、東証一部上場企業に就職して良かったポイントでした。

 

福利厚生が充実している

私が東証一部上場企業に就職して感じたメリット3つ目は「福利厚生が充実している」です。

一応紹介すると、私の会社では、以下の福利厚生があります。

私の会社の福利厚生

  • 勤務時間中の1時間500円でマッサージ利用!
  • 家賃補助として家賃の8割は会社が負担!
  • 単身赴任者に1カ月に1回の帰任交通費支給!

上記以外にも、様々な福利厚生が揃っており、周囲と比べて、福利厚生から得られる恩恵は非常に大きいと思っています。

なお、上場企業が福利厚生をこれだけ充実させられる要因は、多大な資金力があるためです。

山手線内で、駅より徒歩5分で1DKの家に3万円ほどで暮らせる恩恵は、私が、今の会社に就職して良かった一番のポイントです。

 

倒産リスクが低い

私が東証一部上場企業に就職して感じたメリット4つ目は「倒産リスクが低い」です。

先ほどもお伝えした通り、企業が証一部上場するには、厳しい審査基準をクリアする必要があります。

そして、厳しい審査基準を突破した企業は、規模が大きく・決算書などの情報開示をしっかりできるところであるとお墨付きをもらった企業です。

今のご時世、倒産リスクはどこの企業も一緒と言われていますが、数百人ほどの中小企業よりは、圧倒的に倒産リスクは低いです。

 

有給休暇を取得しやすい

私が東証一部上場企業に就職して感じたメリット5つ目は「有給休暇を取得しやすい」です。

社会人1年目のころは、気軽に有給休暇を取得するのは困難と考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、2019年4月から施行された「年次有給休暇の取得義務」により、有給休暇10日以上の保有者に対しては、有給休暇5日以上の取得が義務とされています。

そして、東証一部上場企業では、政府からの義務をしっかり守ることも必須のため、有給休暇を取れる環境が必然的にあります。

逆に、社員数の少ない中小企業では、人で不足から、有給休暇を取得しているにもかかわらず、みなし勤務をさせる企業もまだまだ多いです。

以上のことから、中小企業よりも、東証一部上場企業に就職する方が、有給休暇の取得はしやすいと感じます。

なお、「新入社員の分際で有給休暇を取得しても良いの?」と言った疑問をお持ちの方は、以下記事を併せて読んでみて下さい。

ミヤッチ
ミヤッチ
新入社員であろうと、有給休暇の取得は、あなたの権利です。

 

Fラン大学から東証一部上場企業に内定獲得する為の行動3選を紹介!

ここまでの内容を読んでみて、東証一部上場企業の内定を掴みたいと思った方もいるのではないでしょうか?

ここでは、そんな方たちに向けて、「Fラン大学から東証一部上場企業に内定獲得するための行動」を3つ紹介します。

Fラン大学から上場企業に内定獲得するためにとった行動3選

  • 書店やネットの就活に関するあらゆる情報をひたすら集めた!
  • OBや企業の人事担当者の方へ積極的に訪問をした!
  • 無料で活用できるツールを全て活用した!

ネットの情報に関しては、大学3年生の夏ころから、ネットで「就活を始める時期」や「就活開始前にやっておくべきこと」などの情報収集を始めました。

また、就職課へ行って、OBへのアポイントを取って話を聞いてみたり、企業のホームページからメールや電話を使って、様々な企業にアポイントを取っていました。

そして、何より効果があったのが、無料で就活のプロに相談できる「就活エージェント」や企業からオファーをもらえる「逆求人型サービス」を早いうちから取り入れたことです。

就活を始めるにも、何から始めるべきか情報を整理して、行動に移すことは非常に困難です。

なので、効率的に就活を進めるためにも、早い段階(大学3年生の冬まで)で、無料で相談やオファーがもらえる、就活サービスには、必須で加入をしておきましょう。

なお、私が使用していた「就活サービス」は、以下記事で詳しく解説しているので、参考にどうぞ!

 

東証一部上場企業に内定を獲得して感じたメリット5選のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、東証一部上場企業に内定を獲得して感じたメリット5つを紹介しました。

東証一部上場企業に内定を獲得して感じたメリット5つ

  • 社会的信頼度が圧倒的に高い
  • 教育体制が整っている
  • 福利厚生が充実している
  • 倒産リスクが低い
  • 有給休暇を取得しやすい

とは言え、東証一部上場企業の数は、2,160社(2019年末時点)となっており、日本の企業全体の0.1%と言われています。

そして、知名度が高いからこそ、他の就活生にも人気が高く、一筋縄では内定獲得することはできません。

だからこそ、早いうちから就活サービスを活用しつつ、情報収集と行動を繰り返しおこない、PDCAを回しながら効率よく対策をしていくことをオススメします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
miyacchi

ミヤッチ

ポジティブが取り柄の成り上がりサラリーマンことミヤッチです。 学生時代に借金200万円→Fラン大卒→何とか上場企業に新卒入社→新卒1年目から人事担当経験→2021年3月1日【ABEMA就活特番】生出演!当ブログでは学生時代の就活経験と人事担当者の経験を掛け合わせた【就活に関する情報】とビジネスマンとして成長するために実践してきた【自己啓発】の2つのテーマを発信中!

-就活準備, 就職活動

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.