Fラン就活論 面接対策

【元人事が徹底解説】圧迫面接の対策と辞退という選択肢について!

読者の悩み

  • 圧迫面接でメンタルがやられたのですが、辞退した方が良いでしょうか?
  • 面接官が圧迫面接をする理由はあるのでしょうか?
  • 圧迫面接をされた時の対処法はあるのでしょうか?

今回は、上記悩みに対して、Fラン出身の私が、「圧迫面接されたときの経験や対策」を紹介します。

  • Fラン大(偏差値47)から東証一部上場企業に総合職入社!
  • 新卒一年目から約4年間 関西地区を中心に採用業務を経験!
  • 2021年4月にAbemaTVの就活特番生出演
  • Fラン大から東証一部上場企業へ内定できたノウハウを発信中!

なお、圧迫面接は、学歴否定や人格否定などの質問を投げかけ、就活生のストレス耐性を確認すると言われています。

しかし、私は、圧迫面接をすることが正しいとは思っていません。

圧迫面接でしか学生のストレス耐性を図れない企業に、将来性や職場環境を感じれないからです。

とは言え、圧迫面接であっても、第一志望だから内定を獲得したい方もいらっしゃると思います。

今回は、そんな方に向けて、圧迫面接の対策をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

面接官が圧迫面接をする目的について元人事担当者が紹介!

圧迫面接は、面接官が応募者に対して「威圧的(挑発的)な態度」をとってくることです。

そして、圧迫面接をしてくる企業の目的は、就活生の「ストレス耐性」の確認です。

なお、圧迫面接は、英語で「stress interview(ストレスインタビュー)」と言われたりします。

企業側からすれば、ビジネスには、たくさんの理不尽な状況があるので、その環境に耐えられるか面接で試すのです。

以上のことから、やり方はどうであれ、圧迫面接をすることで、あなたのストレス耐性を試されていることは間違いないです。

 

圧迫面接された場合は辞退の選択肢を持ちましょう!

ミヤッチ
ミヤッチ
まず大前提として、圧迫面接してくる企業は、辞退することを視野に入れましょう!

冒頭でもお伝えしましたが、圧迫面接をしてくる企業に入社することは、おすすめしません。

なぜならば、圧迫面接をしてくる企業には、以下の特徴がある可能性が高いからです。

圧迫面接をしてくる企業の特徴

  • コンプライアンス体制が整っていない企業!
  • 人材を大切にしない企業!
  • 仕事でストレスが多い企業!

なお、ストレス耐性を確認するのであれば、圧迫面接以外の選択肢も面接官にはあるはずです。

ですが、人材に対して威圧定な態度でしかストレス耐性を図れない企業に対しては、辞退の選択肢を持つことが大切です。

なお、「圧迫面接は期待している人におこなう」と言った噂があります。

しかし、人事担当者として採用を4年おこないましたが、そのような話を関係者から聞いたことはありません。

ミヤッチ
ミヤッチ
以上のことから、本当にいきたい企業でなければ、圧迫面接をしてくる企業は避けましょう!

 

圧迫面接の対策は謙虚な姿勢が重要な理由を紹介!

悩める就活生
悩める就活生
本当に行きたい企業が毎年圧迫面接していると聞いてどうしても対策が知りたいです、、

ここでは、上記悩みを抱える方に向けて、圧迫面接をされた時の対処法について解説します。

ミヤッチ
ミヤッチ
結論、圧迫面接をされたときは、謙虚な姿勢を心掛けましょう!

圧迫面接では、相手が喧嘩腰に質問をしてくるので、それにつられてこちらも喧嘩腰になる人がいます。

また、圧迫面接で追い込まれ、頭が真っ白になる人もいます。

しかし、それでは圧迫面接を乗り越えることができません。

なので、圧迫面接でどう対応してよいか分からない場合は、以下のような謙虚な姿勢を持ちましょう。

(例)圧迫面接の謙虚な姿勢

  • 勉強が足りませんでした。今後気をつけます。
  • 自分の考えが狭いことに気づかされました。勉強になりました。ありがとうございます。

アルバイトでも、勘違いでお客様が怒っていたら、冷静になってくれることを期待して、まずは謝罪すると思います。

圧迫面接も、対応に困ったときは、基本はこのように謙虚な姿勢で乗り越えられます。

 

【番外編】私が就活中に受けた圧迫面接を2つ紹介!

最後に、番外編として、私が就活中に受けた圧迫面接を2つ紹介します。

圧迫面接の中には、こんなひどい企業もあるのだと思っていただければと思います。

 

人格否定型

圧迫面接(ケース①)

  • 面接官)なんか君とは上手くやっていけなさそうだよ!
  • 私)何故でしょうか?
  • 面接官)何となくかな!

上記内容は、完全な「人格否定型」にあたったときの体験談です。

しかも、就活で始めての面接でこの質問をされました。

正直、椅子を蹴り上げて帰ってやろうかと思いましたが、何とか耐えました。

今の時代、圧迫面接をする企業は少なくなってきていると言われていますが、ゼロではないので注意です。

 

学歴否定型

圧迫面接(ケース②)

  • 面接官)あなたの学歴で弊社を志望した理由を教えてください。
  • 私)御社の●●事業に興味があり応募しました。
  • 面接官)君の偏差値じゃ無理だね!

上記内容は、完全な「学歴否定型」にあたったときの体験談です。

なお、本ケースは、先ほど紹介した「学歴否定型」の質問をしてきた面接官と同一です。

正直、就活を開始していきなり学歴否定されたので、就活は無理だと感じた瞬間でもありました。

今の時代は、学歴否定を面接してくる企業は少なくなってきてますが、このような企業も存在することは確かです。

補足ですが、学歴否定をしてくる企業に対抗するには、自己分析をしっかりおこない、自分の学歴以外の魅力を伝えられるようになることが重要です。
なので、「自己分析のやり方5ステップ」の記事でも解説してますが、まず始めに「自分自身の客観的データの収集」から取り組む必要があります。
是非、自己分析をまだ始めていないという方は、適性検査を無料で提供している就活サービスを活用してみてください。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、業界最高峰の適性検査を受けたい方は「キミスカ」の利用一択かと!
ミヤッチ
ミヤッチ
元人事が体験したキミスカの適性検査」で解説していますが、一番おすすめの適性検査となっています!

 

圧迫面接の対策と辞退の選択肢についてのまとめ!

いかがでしたか?

今回は、圧迫面接をしてくる面接官の意図や対策を解説しました。

個人的には、本当に入社したい企業でないかぎり、圧迫面接をしてくる企業は辞退することをおすすめします。

圧迫面接でしか応募者のストレス耐性を図れない企業は、入社してからも職場環境に難のある可能性が高いからです。

しかし、それでも圧迫面接を乗り越えたい方は、「謙虚な姿勢」を意識してみてください。

では、本記事の内容を以下にまとめます。

本記事のまとめ

  • 圧迫面接をしてくる面接官の目的は「ストレス耐性」の確認です!
  • 圧迫面接をしてくる企業は辞退も視野に入れましょう!
  • 圧迫面接への対処法は「謙虚な姿勢」です!

是非、参考にしてみてください。

なお、圧迫面接以外の特徴や対策を知りたい方は、以下記事を参考にどうぞ!

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間3万人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-Fラン就活論, 面接対策

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.