広告 20代のキャリア お金の悩み

【Fラン大卒の年収を大暴露】Fランから這い上がるための方法3選!

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

ご紹介する「Fラン大卒の平均年収」を読めば、Fラン大卒の平均年収が明確になりますよ。

記事後半には、「Fラン大学であっても進学すべき理由3つ」や「Fランから這い上がるための方法3つ」も紹介!

ぜひ、Fラン大学に行くか悩んでいる方やFランから這い上がりたい方は参考にしてみてください。

Fラン大卒の平均年収は483万円

ミヤッチ
ではまず始めにFラン大卒の平均年収を紹介していきますね。

Fラン卒の生涯賃金

偏差値40前後の大学の平均年収:438万円

上記のとおりでして、Fラン卒の平均年収は438万円

大学別年収ランキングに載っている偏差値40前後の大学の平均年収をもとに割り出してみました。

ミヤッチ
ちなみに、学歴別の生涯賃金が載っているデータも見つけたので載せておきますね!

引用元:「ユースフル労働統計 2022 労働統計加工指標集

学歴別の生涯賃金

  1. 中学卒:1億9,400万円(男性)/ 1億4610万円(女性)
  2. 高校卒:2億500万円(男性)/ 1億4,960万円(女性)
  3. 高専・短大卒:2億960万円(男性)/ 1億7,250万円(女性)
  4. 大学・大学院卒:2億6,190万円(男性)/ 2億1,240万円

こんな感じでして、学歴によって生涯賃金に差はあることがわかります。

ミヤッチ
ちなみに、Fラン卒の生涯賃金は438万円×42年で計算すると「1億8,396万円」!

実は、中卒の男性より生涯賃金が低いなんてことも考えられます。

ただ、今回紹介している数字は、あくまで統計上のデータ。

Fラン大学は年収低いし進学はしないほうが良いと決めつけるのは早かったりします!

 

【学生向け】Fラン大学であっても進学すべき理由3つ

ミヤッチ
タイトルにあるとおり、「Fラン大学であっても進学はすべき」ですよ!
ミヤッチ
私もFラン出身ですが、経験上3つの理由から進学をおすすめしてます。

進学すべき理由

 

①人生の選択肢が広がる

ミヤッチ
Fランであっても進学すべき理由1つ目は「人生の選択の幅が広がる」です。

というのも、意外と世の中は「大卒」を優遇する企業があったりします。

また、大学に行かないとなれない職業(例:薬剤師)もあるくらいです。

もちろん、考え方によっては、「大卒」という肩書きのために学費を払うのは高いと感じるかもですが…

私としては、少しでも人生の選択肢が広がるのであればFランであっても進学をおすすめします!

 

②進学してからの努力次第だから

ミヤッチ
Fランであっても進学すべき理由2つ目は「進学してからの努力次第だから」です。

実際、Fラン大学出身の人が公認会計士になった事例もあります。

逆に、東大出身の人が3浪して、就職活動にも失敗してしまうことも…

このように、大学の環境はたしかに違えど、結局は本人の努力次第だったりします。

根性論かもしれないですが、どこに行くかではなく「4年間をどれだけ努力できるか」ですよ。

 

③Fランという肩書きが強みになる

ミヤッチ
Fランであっても進学すべき理由3つ目は「Fランという肩書きが強みになる」です。

実際、私はFラン出身ですが、Fランという肩書きでAbemaTVに出演した経験があります。

また、就職活動でも「Fラン出身なのに資格取得頑張ったんだね!」みたいな反応が返ってきたことも!

このように、Fラン=すべて不利に働くわけではなく、うまく使えば強みになったりします。

だからこそ、Fランであっても進学はすべきというのが私の意見です。

ミヤッチ
ちなみに、お金の部分でも「年収600万円」くらいは学歴関係なく達成可能だったりします!
ミヤッチ
次の章で紹介しますが、Fラン出身の私でも社会人5年目に年収600万円達成できました。

 

Fラン大卒の私の社会人1年目から6年目までの年収推移を紹介

ミヤッチ
タイトルにもあるとおり、ここでは私の新卒1年目から6年目の年収推移を紹介!
ミヤッチ
偏差値42.5の大学出身でも年収600万円は意外と達成できたりしますよ。

執筆者の勤務会社情報

  1. 東証プライム企業(売上高ランキング300位台
  2. 業界:通信業界
  3. 従業員数:5,000名超
  4. 資本金:約3,500百万円
  5. 職群:総合職(全国転勤あり)
  6. 残業時間は10時間/月程度
  7. 完全週休2日制(土日・祝日)

 

①社会人1年目の年収は327万5,465円

ミヤッチ
タイトルにあるとおり、私の社会人1年目の年収は327万5,465円でした。

詳しくは「上場企業社員の新卒1年目の年収は?」の記事で紹介してますが…

手取り額は19万2,799円・夏冬合わせたボーナスは397,200円!

正直、手取り額は微妙でしたが、ボーナスに助けられた1年目といった感じでした。

 

②社会人2年目の年収は400万302円

ミヤッチ
続けて社会人2年目の年収は400万302円でした!

こちらも、詳しくは「社会人2年目の年収は?」の記事で紹介してますが…

手取り額は19万8,900円・夏冬合わせたボーナスは97万4,000円!

社会人1年目と手取り額はほとんど一緒でしたが、ボーナスによって年収400万円を達成できました。

 

③社会人3年目の年収は428万7,885円

ミヤッチ
続けて社会人3年目の年収は428万7,885円でした!

こちらも、詳しくは「社会人3年目の年収は?」の記事で紹介してますが…

手取り額は18万7,200円・夏冬合わせたボーナスは137万2,000円!

手取り額が減ってしまうというハプニングはありましたが、ボーナスに救われる結果となりました。

 

④社会人4年目の年収は499万5,893円

ミヤッチ
続けて社会人4年目の年収は499万5,893円でした!

こちらも、詳しくは「社会人4年目の年収は?」の記事で紹介してますが…

手取り額は23万3,292円・夏冬合わせたボーナスは147万9,850円でした!

ちなみに、社会人4年目は役職が1つ上がったので、手取りが一気に上昇。

ボーナスはあまり上がらなかったですが、年収500万円目前まで迫ることができた年でした。

 

⑤社会人5年目の年収603万5,000円

ミヤッチ
続けて社会人5年目の年収は603万5,000円

ついに、社会人5年目にして年収600万円を超えることができました。

ちなみに、こちらも「社会人5年目の年収は?」の記事で詳しく紹介してますが…

手取り額は26万3,051円・夏冬合わせたボーナスは159万800円!

役職がさらに2つ上がり、基本給・ボーナスともに一気に上昇しました。

 

⑥社会人6年目の年収は634万5,379円

ミヤッチ
続けて社会人6年目の年収は634万5,379円

社会人5年目だけでなく、6年目も年収600万円を達成することができました。

ちなみに、こちらも「社会人6年目の年収は?」の記事で詳しく紹介してますが…

手取り額は27万6,228円・夏冬合わせたボーナスは163万8,600円!

役職が上がったわけではないですが、残業や会社の業績の影響で微増となりました。

 

Fランから這い上がるための行動【3選】

ミヤッチ
前章で紹介しましたが、ぶっちゃけ年収600万円くらいであれば誰でも達成できます。
ミヤッチ
もちろん、それなりに努力は必要ですが、以下3つを意識すればFランから這い上がるのも十分可能ですよ!

這い上がる方法

 

①就職活動を早めに始める

ミヤッチ
Fランから這い上がる方法1つ目は「就職活動を早めに始める」です。

ちなみに、Fランから這い上がるのに一番大切なのが「就職活動」!

就職活動は人生でもっともコスパの良い投資だったりします。

実際、20年・30年と時間をかけて数百万円から数千万円の利益を目指すのが投資!

ですが、就活は長くても3年間本気になるだけで、生涯賃金に数千万から1億円以上の差を生むことができる活動!

しかも、金銭的な初期費用はなく、この瞬間のあなたの「時間」だけを投下すればOK!

そんな就職活動を早めに始めることこそ、Fランから這い上がる1番の方法だったりします。

ミヤッチ
ちなみに、大学1年・2年生の方は「インターンシップの参加」一択!
ミヤッチ
インターンシップの参加は、以下記事で紹介している「ユアターン」が私のおすすめです。

 

②資格・副業にチャレンジする

ミヤッチ
Fランから這い上がる方法2つ目は「資格・副業にチャレンジする」です。

正直、私は大学4年間で取得した資格は「簿記3級だけ」でしたが…

4年あれば、さまざまな資格や副業に挑戦可能!

もちろん、本人の努力次第ですが、私がサラリーマンをしながらブログを4年やっている経験上…

4年間を一つのことに費やせばそれなりに成果を出すことは可能だったりしますよ。

 

③アルバイトは控えめにする

ミヤッチ
Fランから這い上がる方法3つ目は「アルバイトは控えめにする」です。

ぶっちゃけ、私はアルバイトで月18万円稼ぐような学生時代を送っていた人間…

あまり説得力はないかもですが、大学生活をアルバイトに費やすのはもったいなかったりします。

もちろん、アルバイトをまったくしないわけではなく、あくまで控えめにするのがポイント!

4年間をアルバイト以外の資格や副業・就職活動に全振りしたほうが生涯賃金は上がったりします。

ここは、アルバイトばかりだった私の後悔でもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【Fラン大卒の年収を大暴露】Fランから這い上がるための方法3選のまとめ

ミヤッチ
今回は、Fラン大卒の平均年収を中心に紹介しました。
ミヤッチ
繰り返しになりますが、Fラン大卒の平均年収は438万円です。

ただ、今回紹介している数字は、あくまで統計上のデータ。

Fラン大学は年収低いし進学はしないほうが良いと決めつけるのは早かったりします!

ミヤッチ
実際、「Fラン大卒の私の年収」パートで紹介したとおり、年収600万円は十分達成可能!

アルバイト三昧の私でも「就職活動」を人より少し努力した結果、年収600万円達成できました。

なので、Fランに進学すべきか悩んでいる方は、「進学するのがおすすめ」というのが本音!

Fラン在学中でこれから頑張っていきたい方は、「就職活動や資格・副業を頑張ってほしい」が本音です。

学歴関係なくても這い上がることは十分可能なのは、私が当ブログで証明し続けるので一緒に頑張っていきましょう。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

年間30万人の「就活生」と「20代社会人」が訪問 ▶︎ アルバイト以外の実績がないFラン大学生が就活奮闘▶︎ 2017年に東証プライム企業に新卒入社▶︎ 人事部で新卒採用を4年経験▶︎ 2023年12月16日【ABEMA(アベマTV)】生出演!▶︎ 当ブログでは、学歴関係なく就活で成功するための【就活情報】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を発信しています!

-20代のキャリア, お金の悩み