広告 20代のキャリア お金の悩み

【Fラン卒の年収を大暴露】年収500万円を狙うための具体的な行動も紹介!

悩める社会人
Fラン大卒の年収って悲惨って聞いたけど本当なの?
悩める社会人
Fラン大卒でも年収500万円の達成はできるのかな?

今回は、上記悩みを解決していきます。

  • 東証プライム企業の通信業界にて6年勤務
  • 新卒一年目から約4年間 関西地区を中心に採用業務を経験
  • 転職活動をきっかけに年収700万円達成
  • 現在は年間30万人以上の読者が訪れる当ブログ運営中

なお、結論からお伝えすると、Fラン大卒の年収は必ずしも悲惨ではありません

私自身、Fラン大卒出身ですが、社会人6年目(2023年4月)にして年収600万円を達成できました。

ただし、Fラン大卒の生涯賃金を計算している中で衝撃的な結果も見えてきました…

今回は、その辺りの内容も解説しつつ、Fラン大卒が年収500万円達成するためにおすすめの行動を紹介します。

本記事では、私の社会人1年目から6年目までに年収500万円達成までの推移も紹介しています。
ぜひ、Fラン大卒の方で年収500万円達成を目指したい方は、参考にしてみてください。

Fラン卒と大卒の一般的な生涯賃金の差とは?

ミヤッチ
ではまず始めに、大卒の一般的な生涯賃金を男女別に紹介していきます。

引用元:「ユースフル労働統計 2019 労働統計加工指標集

ミヤッチ
上表の結果から、大卒男女(院卒含む)の生涯賃金は、以下の通りとなりました。

大卒の一般的な生涯賃金

  1. 男性の大卒(院卒含む)生涯賃金:2億6,920万円
  2. 女性の大卒(院卒含む)生涯賃金:2億1,670万円

なお、上記は学歴関係ない、大卒男女の生涯賃金となります。

そのため、大学別年収ランキングから偏差値40前後の大学の平均年収をもとにFラン大卒の生涯賃金を割り出してみました。

Fラン卒の生涯賃金

  1. 偏差値40前後の大学の平均年収:438万円
  2. Fラン卒の生涯賃金:1億8,396万円(438万円✖︎42年)

結果、Fラン卒と一般的な大卒の平均生涯年収では「約6,000万円」の差があることがわかりました…

なお、余談ですが、高卒の平均生涯賃金は1億9,000万円と言われています。

そのため、高卒の平均生涯賃金は1億9,000万円と比べてもFラン卒の生涯賃金1億8,396万円は低い結果となりました…

悩める社会人
いやいや…Fラン大卒の生涯賃金めちゃくちゃ悲惨じゃないか…
悩める社会人
悲惨じゃないとか言ってたのはウソだったのかよ…

と思われた方も多いと思いますが、それでもFラン大卒だから年収が悲惨になるとは思っていません。

実際、Fラン大卒の私の年収推移を見ていただいても年収500万円は確実に達成可能です。

 

Fラン大卒の私の社会人1年目から6年目までの年収を大暴露

ミヤッチ
では、さっそくFラン大卒の私の年収500万円達成までの推移を紹介します。
年次 年収 上昇額
社会人3年目 428万7,885円 -
社会人4年目 499万5,893円 +70万8,008円(前年比)
社会人5年目 603万5,000円 +103万9,107円(前年比)
社会人6年目 634万5,379円 +31万379円(前年比)

上記の通り、社会人5年目にして年収500万円を達成することができました。

なお、上表は副業収入を入れておらず、サラリーマン勤務でも十分に年収500万円達成は可能な根拠になったかなと思っています。

ミヤッチ
ちなみに、私の勤め先企業や残業時間/月の情報も合わせて載せておきますね。

勤め先情報

  1. 東証プライム企業(売上高ランキング300位台
  2. 従業員数:6,000名超
  3. 販売拠点:日本全国、シンガポール、タイ
  4. 業界:通信業界
  5. 資本金:約3,500百万円
  6. 毎月の残業時間は10時間〜30時間程度
  7. 完全週休2日制(年間休日126日「2020年実績」)

正直、東証プライム企業にて勤務はしていますが、めちゃくちゃ有名な企業ではありません。

とは言え、東証プライム企業なだけあり、ボーナス支給額が大きく、年収500万円達成に大きく貢献しています。

なお、ここまで読んで、" 特別なスキルがあるんじゃないの… "や" 運が良かったんだね… "と思われた方も多いと思います…

ですが、私自身、アルバイト漬けの大学時代を過ごしており、特別なスキルがあるわけではありません。

しかし、今回紹介する内容を実践すれば、私と同じかそれ以上の年収を稼ぐ可能性は高いです。

そのため、ぜひ、Fラン大卒関係なく年収500万円達成を目指したい方は、このまま読み進めてみてください。

 

Fラン卒でも年収500万円を達成するための具体的な行動を紹介

ミヤッチ
では、さっそくFラン関係なく年収500万円を達成するためにおすすめの行動を紹介していきます。
ミヤッチ
なお、今回紹介する行動は以下3つに分けて紹介していきます。

おすすめ行動

※ぜひ、自分の状況に合わせた年収500万円達成までにおすすめの行動を確認し実践してみてください。

 

①【学生時代編】専門分野の資格取得

ミヤッチ
大学1年生から2年生の方は「専門分野の資格取得」をおすすめします。

実際、専門分野の資格取得は長い時間を勉強に費やす必要があり、時間に余裕があるときに取得するのがおすすめです。

なお、専門分野の資格取得の中でも" IT関連の資格取得 "は需要が急上昇中。

転職エージェント「Geekly」調べでは、下表の通り資格手当を支給する企業も多くなっています。

国家資格の年収ランキング【IT系】 資格手当額【年間】
ITストラテジスト 30万円
ITサービスマネージャー 18万円
プロジェクトマネージャー 18万円
システム監査技術者 18万円
エンベデッドシステムスペシャリスト 18万円
ネットワークスペシャリスト 18万円
システムアーキテクト 18万円
データベーススペシャリスト 18万円
応用情報技術者 15万円
基本情報技術者 9万円

例えば、ITストラテジを取得すれば年間30万円(生涯賃金:1,260万円)アップさせることができます。

もちろん、年間30万円以上の手当を出している企業もあるので、それ以上の年収アップも期待できます。

そのため、大学1年生から2年生の方は、専門分野の資格に挑戦してみることをおすすめします。

ポイント

なお、ITストラテジーは合格率15%と決して簡単な資格ではないので「ITパスポート」から挑戦するのも一つの手です。
実際、私もITパスポート取得はおこなっており、ITの基礎スキルを取得する上でもかなりおすすめの資格となっています。

ミヤッチ
ITパスポート合格までの勉強時間などは以下記事を参考にしてみてください。

 

②【就活編】大手企業の内定を目指す

ミヤッチ
就活生の方は「大手企業の内定を目指すこと」をおすすめします。
ミヤッチ
と言うのも、「ユースフル労働統計2022」にて下図のような統計結果が出ています。

上図の通り、1,000人以上の規模の企業と10人〜99人規模の企業の生涯賃金には大きな差が生まれます…

もちろん、企業規模が小さくても年収の高い企業はありますが、確率的には企業規模の大きい企業を選ぶのが得策と言えます。

ポイント

なお、学歴関係なく大手企業の内定獲得を目指すには効率的な就活をおこなう必要があります。
その辺りの内容については、" Fランから大手企業へ内定獲得する方法11選 "で紹介してますので確認してみてください。

 

③【社会人編】積極的に転職活動をおこなう

ミヤッチ
社会人の方は「転職活動」をおこなうことをおすすめします。
ミヤッチ
なお、ここでお伝えしたいのは「転職」ではなく「転職活動」となります。
悩める社会人
ん…「転職」ではなく「転職活動」ってどういうこと?

と思われた方も多いと思いますので、簡単に「転職」と「転職活動」の違いについて紹介しますね!

転職と転職活動の違い

  • 転職:今の勤め先企業を辞めて新たな職場で働くこと。
  • 転職活動:自分の「市場価値や今後の方向性(キャリア)」を考える活動。

上記の通り、「転職活動」は、今の会社を辞めずに、自分の「市場価値」や「今後の方向性」を考える活動となります。

私自身、2019年4月に「リクルートエージェント」へ登録し転職活動を始めました。

結果、以下のような転職活動となり、結果的に収入を月5万円アップさせることができています。

転職活動(例)

  • 【転職サイト】:転職サイトに登録し各業界の求人を確認(推奨:リクナビNEXT
  • 【転職エージェント】:自分に合った転職サービスを探す。
  • 【面談】:いくつかのキャリア面談を通じて「自分の市場価値や方向性」を可視化。
  • 【環境分析】:キャリア面談をもとに、勤め先企業が周囲より恵まれていることに気づく。
  • 【方向性決定】:勤め先企業を続けつつキャリア面談の内容をもとに自分に合った副業の模索・決定。
  • 【行動】:転職をせずに強み(文章作成能力)を活かした「ブログ運営」を本格始動。
  • 【結果】:ブログ経由でAbemaTV出演を果たすことに成功。(収入:5万円/月アップ

私の場合は、転職活動を通じて副業の道に進みましたが、上記はあくまで一例です。

上記内容は、いきなり次月から年収100万円アップといった裏技ではないですが…

今後の長いキャリア人生において、上記のような「転職活動」に取り組むのはかなりおすすめです。

ミヤッチ
なお、私が転職活動で利用したサービスの中でトップ3は以下の通りです。

おすすめサービス

  1. リクルートエージェント」:転職成功実績No1 / 日本最大級の転職サイトであり一番おすすめ
  2. アサイン」:長期的なキャリア支援が特徴 / ハイクラス転職向けなのでスキルや実績は必要
  3. マイナビジョブ20's」:累計登録者37万人突破 / 20代に特化した転職支援が強み(求人は少なめ)

上記の通り、基本は大手を中心に相談をすれば問題なしです。

とくに、最大手のリクルートエージェントは、担当者の育成マニュアルも揃っておりサービス品質は安定しています。

また、転職支援実績が豊富なので、給料アップを理由とした支援実績も豊富。

そのため、給料アップを目指した転職の場合、リクルートエージェン一択と言えます。

リクルートエージェント公式サイト「https://www.r-agent.com/

 

【Fラン卒の年収を大暴露】年収500万円を狙うための具体的な行動のまとめ

今回は、Fラン大卒の年収は悲惨なのかについて紹介しました。

結論、Fラン大卒の年収は必ずしも悲惨ではありません

もちろん、Fラン卒と一般的な大卒の平均生涯年収では「約6,000万円」の差があるのも事実です…

とは言え、私のような特別なスキルがない人間でも社会人6年目(2023年4月)にして年収600万円を達成できました。

それも、今回紹介した以下の内容を実践したからこそだと思っています。

おすすめ行動

上記行動は、私自身も実践してきた内容であり、かなり理にかなった行動になっていると思っています。

そのため、ぜひ学歴関係なく高年収を目指したい方は、自分の状況に合った行動を実践してみてください。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

年間30万人の「就活生」と「20代社会人」が訪問 ▶︎ アルバイト以外の実績がないFラン大学生が就活奮闘▶︎ 2017年に東証プライム企業に新卒入社▶︎ 人事部で新卒採用を4年経験▶︎ 2023年12月16日【ABEMA(アベマTV)】生出演!▶︎ 当ブログでは、学歴関係なく就活で成功するための【就活情報】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を発信しています!

-20代のキャリア, お金の悩み