Fラン就活論 お悩み相談

【逆転就活】Fラン大学生だからこそ就活で有利に働いたこと3選を紹介!

読者の悩み

  • Fラン大学生は就活が悲惨な結果に終わると聞いたけど本当?
  • Fラン大学生だから就活で有利に働くことってないですよね?
  • Fラン大学生が就活を有利に進めるにはどうしたら良いでしょうか?

今回は、上記悩みに対して、Fラン出身の私が感じた、「Fランだからこそ就活で有利に働いたこと」を紹介します。

  • Fラン大(偏差値47)から東証一部上場企業に総合職入社!
  • 新卒一年目から約4年間 関西地区を中心に採用業務を経験!
  • 2021年4月にAbemaTVの就活特番生出演
  • Fラン大から東証一部上場企業へ内定できたノウハウを発信中!

4年間、人事担当者として、学生と面談する中で「Fラン大学生は、就活で不利ですよね、、」といった質問を多く受けました。

このような質問に対して、いつも答えているのが、「Fラン大学生は、就活で不利に働くことは多い」です。

とは言え、私が、Fラン大学生でありながら、就活をしていて有利に感じると思ったことも少なからずありました。

今回は、そこを深堀しながら、Fラン大学生の就活の力になれる情報発信をしていきます。

本記事の内容

  • Fラン大学生は就活に不利と言われている理由を解説!
  • Fラン大学生だった私が就活で有利だと感じたこと3選を紹介!
  • Fラン大学生が就活を有利に進める方法4選を紹介!

スポンサーリンク

Fラン大学生が就活で不利と言われている理由を解説!

まず始めに、Fラン大学生が就活で不利と言われている理由を解説します。

Fラン大学生が就活で不利だと言われている理由

  • 企業によっては学歴フィルターがある!
  • 就活に積極的な学生が周囲にいない!
  • SPIなどの学力試験で落ちる!
  • 大学のキャリアセンターからの求人が少ない!

私が、他大学の就活生と比べて不利と感じた理由は、大きく分けて上記4つでした。

特に、就活に積極的な学生が少なく、情報交換をする相手が簡単に見つからないのが、不利と感じる一番の要因でした。

また、SPIなどの学力試験も、優秀な学生と点数で比較されると厳しい結果が多かったです。

なお、上記内容は、以下記事で詳しく解説しているので、もう少し詳しく知りたい方は、参考にどうぞ。
Fラン大学生が就活で失敗する原因5つとFランからでも大手企業に内定獲得するための行動も紹介しています。

 

【実体験】Fラン大学生が就活で有利と感じたこと3選を紹介!

では、本記事のメインテーマである、私が「Fラン大学生が就活で有利と感じたこと」3つを紹介します。

考え方によっては、Fラン大学を強みに変えることができるので、参考にしてみてください。

 

「実績が高く評価されやすい」

Fラン大学で有利と感じたこと1つ目は「実績が高く評価されやすい」です。

例えば、以下のパターンだと、どちらが努力してきたと感じるでしょうか?

具体例

  • 東大生がTOEIC900点の実績を持っている!
  • Fラン大生がTOEIC900点の実績を持っている!

恐らく、多くの方が、Fラン大学生がTOEICで900点の実績を持っている方に注目するはずです。

就活では、過程を評価する面接官も多く、周囲に流されず、勉強をおこなった姿勢を評価します。

以上のことから、高学歴以上に、Fラン大学生であれば実績が高く評価されやすいです。

 

「筆記試験の点数が高いと注目される」

Fラン大学で有利と感じたこと2つ目は「筆記試験の点数が高いと注目される」です。

こちらも、実績が高く評価されると似ているのですが、以下のパターンだと、どちらがインパクトあるでしょうか?

具体例

  • 東大生の筆記試験スコアが800点!
  • Fラン大学生の筆記試験スコアが800点!

筆記試験のスコアは一緒ですが、東大卒のスコアが高いのは、当たり前と感じる方も多いのではないでしょうか?

逆に、Fラン大学生が、筆記試験で高スコアを出すと、筆記試験で相当努力した印象が伝わらないでしょうか?

このように、学歴が低いと思われながら、高スコアを獲得すると、努力したのだと思ってもらえる可能性が高いです。

以上のことから、Fラン大学生でありながら、筆記試験の点数が高いと、注目されやすいです。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、筆記試験対策はどうすれば良いか悩まれている方は、以下記事を参考にどうぞ!

 

「早い時期から就活に集中できる」

Fラン大学で有利と感じたこと3つ目は「早い時期から就活に集中できる」です。

大学のレベルが高いと、試験前の勉強量は、学歴に比例して多くなります。

また、勉強量に加えて、試験内容も難しく、簡単に単位をもらうことが難しい傾向にあります。

しかし、Fラン大学生であれば、試験前の勉強量が、高学歴の方より少なく、就活に集中することも可能です。

ミヤッチ
ミヤッチ
なお、以下記事の通り、就活の開始時期は、「大学3年生の4月」には、始めるようにしましょう。

 

Fラン大学生が就活を有利に進める方法4選を紹介!

最後に、Fラン大学生だった私が、就活を有利に進めた方法4つを紹介します。

Fラン大学生が就活を有利に進める方法

  • 周囲の目を気にしない!
  • SNSを活用して他大学の学生と情報共有をする
  • 様々な就活ツールを利用する
  • 社会人として役立つ資格を取得する

私の経験上、上記内容の中でも、「様々な就活ツール」を活用することは、Fラン大学生が就活を有利に進めるには必須かと!

昨今、「本当にこのサービスが無料で良いの?」と言った、就活サービスがたくさん出てきています。

にもかかわらず、「マイナビ」や「リクナビ」しかサービスを知らず、非効率に就活をおこなう学生が多いのが現状です。

なお、以下の学生だと、どちらが就活を有利に進められるでしょうか?

具体例

  • 就活アドバイザーが専属で付いており、自ずから企業を探さずともスカウトがくる環境。
  • 就活の相談は、大学の就職課一本で、常に「マイナビ」と「リクナビ」で企業にエントリー。

恐らく、100人中99人の学生が、前者を選ぶはずです。

なお、「無い内定の学生の特徴3選」の記事でも解説してますが、いつまでも就活が終わらない学生の特徴に「一人で就活をすることにこだわり続けている」があります。

しかし、大手企業(有名企業400社)への就職率は早稲田大学で34.7%(20年卒)、上智大学で31.0%(20年卒)、中央大学で21.4%(20年卒)しかありません。
だからこそ、就活サービスを効率よく活用しながら、就活を進めていくことは、内定獲得を目指すには、必須と言えます。

 

Fラン大学生だからこそ就活で有利に働いたこと3選のまとめ!

いかがでしたか?

今回は、Fラン大学だからこそ就活で有利に働いたこと3選を紹介しました。

Fラン大学生だからこそ就活で有利に働いたこと

  • 高学歴の学生に比べ、実績が高く評価されやすい!
  • 筆記試験の点数が高いと注目されやすい!
  • 早いうちから就活に集中できる!

学歴が高いことで、当たり前と思われることが、Fラン大学生だと評価されやすいことは、非常に多いです。

努力をしなければならないことに変わりはないですが、努力に対する評価を得やすい環境は、大きなメリットです。

是非、本記事を参考に、Fラン大学生の特権を活かして、就活をおこなってみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミヤッチ

月間3万人の「就活生」と「20代社会人」が訪れる「Fラン大卒の成り上がりブログ」を運営!▶︎ Fラン大出身▶︎ 就活奮闘▶︎ 東証一部上場企業に新卒入社▶︎ 新卒1年目から4年間人事担当経験▶︎ 2021年3月1日ブログ経由で【ABEMA就活特番】生出演!▶︎ 当ブログでは、Fラン大学生でも就活で成功できる【Fラン就活論】と内定後の社会人生活で役立つ【20代のキャリア】を中心に発信中!

-Fラン就活論, お悩み相談

Copyright© Fラン大卒の成り上がりブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.